アパレルの仕入れならイチオクがおすすめ!個人でも仕入れは可能?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
5568_thumbnail_itioku

これからネットショップの開業を考えている方、リアル店舗で新しい仕入れサイトを見つけたい方、アパレル系ショップ運営であれば、「イチオクネット」は登録必須の仕入れサイトになります。今回はイチオクの仕入れに関する疑問や、評判、個人的な感想などをまとめます。

スポンサードリンク

目次

1,イチオク(ICHIOKU)とは?
2,イチオクは個人でも使える?
3,イチオクネットの上手な使い方
4,その他オススメの仕入先は?
5,まとめ

 

1,イチオク(ICHIOKU)とは?

イチオクとは個人、法人の小売業者と、卸業者を結びつける「BtoB」型の仕入れサイトです。最初に「小売業者」として使用するか、「卸業者」として使用するか決めて、イチオク上で会員登録を行う必要があります。

主にレディースファッションを中心に販売されており、その他にもレディースの雑貨や靴など小物はもちろん、最近ではメンズファッションや、コスプレ用品、ドレス用品なども仕入れることができます。

登録はこちらから可能です。無料で登録できて、登録が完了すれば1点から好きな商品を卸販売価格で仕入れることが可能になります。


アパレル仕入れならイチオクネット!



 

オリジナル商品が作れる

イチオクでは韓国・中国での仕入れがメインとなっており、さらに別注でオリジナル商品の作成なども行っております。

他の仕入れサイト、例えばネッシーやスーパーデリバリーでオリジナル商品を作ろうと思うと、各仕入れ業者によって対応が違うし、ロットが大きいことがほとんどです。例えばTシャツを一型作ろうとしても、300枚~などが普通です。

しかしイチオクは、ほとんどのお店を「株式会社イチオク」が独自で運用しており、50枚~程度でオリジナル商品を作ってくれます。

私のネットショップも規模が小さいため、オリジナル商品を作る時はほとんど、イチオクで作ってもらっています。

ちなみにオリジナル商品ではレディースはもちろん、メンズやキッズなど何でも対応してくれます。

 

個性的なアイテムが多い

イチオクネットはファッションジャンルや雑貨などしか取り扱っていませんが、その分個性的なアイテムも多くお客さんの目に留まるような商品も多いです。

オーソドックスなアパレル商品はもちろんですが、ダンス系衣装、コスプレ、韓国系、ドレス用品などといった特徴的な商品ですね。売り切れていても気に入った商品があれば、「30枚程度仕入れるんで、もう一度生産してください!」などとお願いすると、割と話に応じてくれます。

他の仕入れサイトの業者に比べ、接しやすく柔軟に対応してくれるのも特徴の1つです。

 

イチオクネットの評判は?

楽天などに、一部仕入れ価格に近い金額で出品されている事があります。そういった面では悪い評判を書いている方もいますが、それ以上に扱っている仕入れ商品が多いので、安売りされていないものを見つけことが大切だと思います。

最初は少量の仕入れから始めて、ある程度になったら50点程のオリジナル商品をメインに販売していけば、ネットショップ同士の価格競争に巻き込まれる事もないです。

商品はかなり安いものも多く、人によっては低評価をつけますが、個人的には販売しやすくオススメの仕入れサイトです。

 

2,イチオクは個人でも使える?

法人の方や個人でも開業届け済みであれば、仕入れサイトの利用は心配ないかと思います。しかし問題なのは個人で開業届けを出す前の方ですよね。

こちらについても私が以前登録した時は、開業届けは必要なし、ショップ名は予定している店舗名でOKとのことでした。おそらく現在も見た限りでは変わっていないと思います。

特に必要な書類もなく、ネット上で必要な情報(名前や電話番号、住所など)を記載して登録。その後審査があって無事通過すれば、仕入れることができるようになります。

住所は事務所などがなければ、自宅でOKです。ホームページの記載欄もありますが、必須項目ではないので持っていない方は空欄で大丈夫です。

 

どんな商品か見てみよう

基本的にネットショップ、リアル店舗問わず、無料で使える仕入れサイトはすべて登録しておくべきです。そこにしか入店していない店舗もたくさんありますからね。

イチオクも無料で登録できるので、是非自分のお店、自分が作りたいお店に合った商品がないか、探してみましょう。

【関連記事】・ネットショップの仕入れサイトや卸サイトを大公開!アパレル、雑貨etc・・

 

スポンサードリンク

3,イチオクネットの上手な使い方

仕入れサイトはそのサイトによって特徴が違ってきます。イチオクは他の仕入れサイトと比べても、違いがあるので理解しておきましょう。

 

商品は少数のものが多い

イチオク上の商品は基本的に、数量が少数のものが多いです。定期的に新作が入ってきて、他の仕入れサイトに比べても商品が常に新鮮だと言えます。

これはバイヤーが中国や韓国に定期的に仕入れに行くことで、実現されています。私もよく便乗していたことがあります。

「スキニーパンツでダメージがかなりハードなものを探して来て欲しい!」
「ニットでかなりビッグサイズで、ボーダー柄のものを探して来て欲しい!」

こういったお願いも多々していました。数ヶ月に一回は出張に行かれるバイヤーが多いので、相談すると似ている商品を探してくれたりしますよ。

もちろんメンズ、レディース、キッズ、アパレル系であれば何でも対応してくれます。

 

やっぱりオリジナル商品

イチオクでオススメなのはやっぱり、オリジナル商品の製作ですね。お店によっては、30点程度でオリジナル商品を作ってくれる事もあり、そこに自分で作ったブランドのタグを付ければ、オリジナルブランドの完成ですからね。

やはりアパレルでショップ運営するなら、オリジナルブランドは持ちたいですよね。

ちなみにお店によって対応は多少違ってきますが、イチオク系列のお店であれば大抵、別注を少数から行ってくれます。

オリジナル商品の製作については、コチラの記事でも説明しているので宜しかったら参考にしてくださいね。

【関連記事】・ネットショップでアパレルブランドの立ち上げ方!オリジナルブランドを作る方法

 

4,その他オススメの仕入先は?

 

ファッション雑貨の仕入れ専門店!海外通販の【Cmall】

ファッション雑貨の仕入れ専門店!海外通販の【Cmall】

登録はコチラから
ファッション雑貨の仕入れ専門店!海外通販の【Cmall】

「Cmall」アクセサリーやスマホ関連のアイテム、雑貨などを取り扱う卸サイトです。メーカーからの直送になるので、驚きの安さで仕入れることが可能です。
さらに日本では取り扱われていない商品も多数あるのも魅力的ですね。登録費などの費用もすべて無料で、気軽に使うことが出来ます。

NETSEA(ネッシー)

NETSEA(ネッシー)
NETSEA(ネッシー)

登録はコチラから
ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)

ネット上での仕入れであれば、「ネッシー」は外せませんね。イチオクに比べて、取り扱うジャンルが多岐に渡っており、「仕入れられない商品はない」と言える程商品数が多いです。

ネットショップ、リアルショップ限らず、市場調査のためにも登録しておきましょう。登録は無料です。

 

5,まとめ

以上です。今回は仕入れサイト「イチオクネット」についての、使い方や仕入れ方法などをまとめてみました。イチオクは個人の開業前であっても使えるので、ネットショップをこれから始めようと思っている方にはオススメ。

もちろんリアルショップの方も、これからネットショップを拡大していく方にもオススメです。特にオリジナル商品を作る場合は、小ロットから作ってくれるのでとっても助かります。

アパレル、雑貨、小物などのショップを運営しているのであれば、是非イチオクの商品を取り扱ってみてください。


アパレル仕入れならイチオクネット!



 

ネットショップ出店なら楽天がオススメ!

楽天はECモールの中でも最大級の規模です。ネットショップを出店するなら、楽天は一番オススメです。資料請求は無料なので、一度料金や体制を確認してみましょう。

⇒【楽天市場】出店案内はこちら


 

ネットショッピングの仕入先はネッシーがオススメ!

ネットショッピングを運営するなら、「ネッシー」での仕入れをオススメします。
業界最大手で、ジャンルを問わず様々な商品を仕入れることが可能です。
費用は一切掛からず、開業前でも使えるのが嬉しいですね。無料会員登録すれば、商品の仕入れ価格が見れるようになります。

ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)


 

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





「Wowma!ワウマ」に無料出店しよう!

ワウマは現在急成長しているショッピングモールの1つ。初期費用や月額手数料が無料なので、ネットショップを運営しているのであれば出店するべきです。

【※今なら出店無料】

KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*