トップセラーでの仕入れ方法。個人仕入れで稼げる?使い方や評判は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
gf01a201502021200

ネットショップで大切なのは、いい仕入先を確保すること。ネット上には様々な仕入れサイトが存在しますが、「トップセラー」の評判や口コミはどうなのでしょうか?今回はトップセラーの使い方や、仕入れ方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

目次

1,トップセラーとは?
2,トップセラーの使い方
3,トップセラーの口コミや評判、個人での登録について
4,その他オススメの仕入先は?
5,まとめ

 

1,トップセラーとは?

トップセラー(Top Seller)は、株式会社もしもが運営する在庫を持たずに販売出来る仕入れサイトです。普通に仕入れを行う「ネッシー」や「イチオク」とは少し違い、在庫を持たずに販売できるというのがリスクがなく最大のメリット。

ちなみにトップセラー内の販売できる商品数は、25万点以上という驚異的な数になっています。

フード・ドリンク・スイーツ・ファッション・AV・家電・美容・ダイエット・健康・生活用品・インテリア・雑貨・スポーツといった幅広いジャンルの商品が用意されており、ほとんどのネットショップの商品が網羅されています。

 

どういう人が使うのがオススメ?


「レディースアパレルのネットショップを持っているけど、商品数が少なすぎる。」
「ネットショップオープンに向けて、商品数を増やしたい!」
「もっと仕入れたいけどお金がない。」

このように自分のショップを持ち、長い目でネットショップを育てていきたい人にトップセラーはオススメです。反対に副業やお小遣い稼ぎとして楽して短期間で稼ぎたい人であれば、ドロップシッピングの方がいいかもしれません。

 

トップセラーとドロップシッピングの違い

「ドロップシッピングについて」

トップセラーとドロップシッピングの違いはいくつかあります。まずドロップシッピングは完全委託になります。商品の撮影から出荷はもちろん、お客さんとのやり取りなどもすべてドロップシッピングサイトに任せる形になります。

ドロップシッピングで商品を販売する場合は、ネットショップもドロップシッピングサイト上で一発で作る事が可能です。

ドロップシッピングは簡単に作れて運営できる反面、固定客がつかなく長い目で見たときにお店が育ちません。

 
「トップセラーについて」

トップセラーでは商品の撮影や出荷は委託しますが、クレーム対応やメールや電話のやり取りは自分たちで行うことになります。その分お客さんへメルマガを送ったりもできるし、リピーターを育成する事も可能です。

さらにトップセラーの強みとしては、「モール」への出店ができること。ドロップシッピングサイトの場合は、「楽天」「ヤフー」「ワウマ」といったモール出店はできません。

モール出店はネットショップで売上を上げるには必須で、特にネットショップ初心者にとっては力強いサポートが期待できます。

 

2,トップセラーの使い方

トップセラーを使いたいと思った場合は、まず登録を行いましょう。「お試しプラン」というのも存在して、商品5点まででしたら無料で使う事ができます。

登録してみたいと「どんな商品があるのか?」「商品はいくらくらいなのか?」といった詳しい情報を知る事ができないので、まずはお試しプランでどのような商品が用意されているのか確認してみましょう。

・トップセラー

 

自分のネットショップを作る

トップセラーの商品を販売しようと思ったら、自分のネットショップを持っている必要があります。オススメとしては「楽天」「ヤフー」「ワウマ」などのショッピングモールを使うことですね。他にも独自ドメインを取る方法などもありますので、順に見ていきましょう。

 
「楽天」

言わずと知れた日本最大のショッピングモール。集客力はモールの中でも飛びぬけて強く、大抵のネットショップが売上を楽天に依存している状態となっています。

確かに出店すれば売れやすいですが、それなりに費用も掛かります。一度無料の資料請求を行っておくと、料金やプランの詳細が分かるのでオススメです。

⇒【楽天市場】出店案内はこちら


楽天でトップセラーの商品を販売する場合は、副業としてはNGとなっています。

 
「ワウマ」

現在勢いのあるショッピングモールといえば、KDDIが運営する「ワウマ」です。ワウマはDENAからKDDIに運営会社が変わり、現在集客力を高めたり、ポイントのばら撒きなど様々なイベントを行っています。

ネットショップで売上を上げるには、ショッピングモールの成長を狙うのがベストです。成熟したショッピングモールでは売上を上げるのが難しいですが、現在進行形で急成長しているモールであれば、お客さんの流入も増えているので先行者利益を掴みやすいです。

【※今なら出店無料】
KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)

 
「ヤフー」

ヤフーも出店無料化を行っており、無駄なコストをかけずに済みます。ただし無料化のせいで現在はショップ数が楽天の数倍にも膨れ上がってしまい、売り上げは上げづらい状況になっています。

私のネットショップも、ヤフーでは日に日に低迷しており売上が去年の半分以下まで落ちています。競合が増えるとそれだけ厳しくなっていきます。

ヤフーショッピング出店はコチラから

 
「BASE」

独自ドメインを取得してネットショップを運営するのであれば、BASEがオススメ。BASEは無料で運営できるネットショップとして人気が高く、現在副業として始める人も急増しています。独自ドメインは取れますが、その分集客は自分で行う必要があるのでお客さんを集めるのは大変です。

無料ネットショップ開業「BASE」

 

商品をアップして商品を売ろう

ネットショップの準備とトップセラーの登録が終ったら、あとは出品して商品を売るだけです。売れた商品はトップセラー側が出荷してくれるので楽です。

お客さんとのメールのやり取りや、お客さんへの出荷報告などはお店側で運営する必要があります。

 

自社製品と混ぜて販売するのがオススメ!

トップセラーの上手な使い方としては、自社製品と混ぜてトップセラーの商品を販売することです。ネットショップの商品数が一気に増えますので、ボリュームが増え売上促進にも効果的です。

既にネットショップをお持ちの方であれば、ある程度集客力もあるので、トップセラーの商品を増やして一気に売上アップするケースも少なくありません。

 

スポンサードリンク

3,トップセラーの口コミや評判、個人での登録について

トップセラーはメリットも多いですが、デメリットも存在します。ここではネット上の口コミや評判、気になる個人での登録などについてご紹介します。

 

トップセラーは個人でも使える?

これからネットショップを始めようと考えている人であれば、トップセラーが個人でも使えるのかは気になる所ですね。まずトップセラーでは登録する際に、「屋号・会社名」などを記入する場所があります。しかし入力必須項目ではないので、空欄でもOKとなっています。

ネットショップのURLの記入欄もありますが、「なし」を選択する事も可能です。開業届けなどの書類も特別必要なく、誰でも登録すればすぐに使えるようですね。

トップセラーは個人事業主はもちろんですが、開業前の個人や副業でも使う事はできそうです。

 

他のお店と商品が被ってしまう

トップセラーは商品画像なども準備されているため、他のお店と商品が被ることが多いです。これがショップ運営者からの評価を下げています。トップセラーのみの商品を扱ってしまうと、他のショップと商品が”丸被り”なんて恐れもありますからね・・

他の仕入れ商品と混ぜるのであれば分かりづらいですが、お店の商品をすべてトップセラーの商品にするのはあまりオススメしません。

 

意外と大変

トップセラーは商品に関する作業はないものの、実は意外と時間が取られます。それはやはりお客さん対応を自分たちでする必要があるから。

クレームや商品の質問などの問い合わせは普通のネットショップのようにあるし、商品数が多ければその分問い合わせも増えます。「楽だと思って始めたけど、意外と作業が多くて大変!」といった口コミは度々見かけます。

 

仕入先の一つとして使うのがベスト

トップセラーの商品は使っているお店も多いし、それだけでネットショップを作っても売れないことが多いです。できれば「ネッシー」や「イチオク」を使って、ちゃんと仕入れて写真撮影をした商品を取り入れながら、トップセラーの商品も混ぜていきましょう。そうするこでお店のオリジナリティーも出せるようになります。

 

4,その他オススメの仕入先は?

トップセラーと一緒に使っていただきたい仕入れサイトが、ネッシーです。ネッシーは数ある仕入れサイトの中でも、無料で個人でも使えて、さらに商品数が多くほとんどのジャンルの商品が揃っています。トップセラーを使わないにしても、ネッシーの商品だけでもネットショップ初心者であれば十分です。

NETSEA(ネッシー)

NETSEA(ネッシー)
NETSEA(ネッシー)

登録はコチラから
ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)

登録は無料で審査もありません。簡単に必要事項をネット上で書き込むだけでOKです。

 

5,まとめ

以上です。今回は、トップセラーでの仕入れ方についてご紹介しました。ネットショップを運営するなら、仕入れサイトはたくさん知っておいた方が有利です。

トップセラーの正しい活用方法としましては、ネッシーなどの商品である程度基盤を作ってから、補助として商品数拡大のために使いましょう。

商品数が増えればそれだけお客さん流入の入り口も増え、ショップの集客力も強くなります。お店が停滞していたり、商品数を増やしたい人であれば使ってみるのもいいと思います。

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





「Wowma!ワウマ」に無料出店しよう!

ワウマは現在急成長しているショッピングモールの1つ。初期費用や月額手数料が無料なので、ネットショップを運営しているのであれば出店するべきです。

【※今なら出店無料】

KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*