韓国・中国の商品の仕入れ方法。ネットショップ仕入れサイトのおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
abfe44677362e03f773e72bfb8385b19_t

現在日本で販売されている商品は、「韓国製」「中国製」のものが非常に多いです。ファッション、子供服、雑貨などであれば、韓国・中国の商品は安いので、利益を出しやすいです。今回は韓国や中国の商品を、仕入れる方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

目次

1,韓国・中国の仕入れサイトを使う
2,直接行って買い付ける
3,日本の仕入れサイトを使う
4,仕入れサイトのメーカーにお願いする
5,現地のバイヤーに買い付けてもらう
6,仕入れでの注意点
7,まとめ

 

1,韓国・中国の仕入れサイトやECサイトを使う

韓国や中国のサイトは、日本からでも買い付けることは可能です。業者が使うような「仕入れサイト」もあれば、一般の人たちが使う「ECサイト」も存在します。

どちらで購入しても、日本で買い付けるよりは安いです。代表的で人気のあるものをいくつか載せておきます。

アリババ
タオバオ
GMarket(ジーマーケット)
COUPANG(クーパン)

「アリババ」は、中国でも最大規模を誇る仕入れサイトです。1点から購入できる場所もあり、商品数はかなり多いです。ただし中国のサイトなので「不良品」には注意しましょう。

一般的な購入方法としては、「仲介業者」を中国で雇うことですね。買い付け代行業者が間に入れば、不良品が出てもその場で弾いてくれます。

仲介業者がいないと、日本まで不良品がそのまま届いてしまうので面倒です。

「タオバオ」は中国の一般消費者が使うECサイト。「Gmarket」や「COUPANG」は韓国のECサイトです。サイトを通して購入してもいいですが、中国語や韓国語ができるのであれば、直接電話で問い合わせてみるのもありです。

 

2,直接行って買い付ける

次にオススメの仕入れ方法は、直接自分で現地に行き購入するやり方。私が知っているアパレル業者では、直接買い付けている人は意外と多かったです。

ただし「値段交渉」をしたり、「商品の説明」を聞く必要があるので、言葉が分からなければ「仲介業者」は必須です。

【韓国で仕入れられる場所】
・南大門市場(雑貨、食材)
・東大門市場(アパレル)

【中国で仕入れられる場所】
・深圳(電化製品)
・広州(アパレル)
・義烏(どんな商品でも)

場所によっては扱っている商品ジャンルも違うので、行くならあらかじめ調べておきましょう。中国の義烏の「福田市場」という場所は、世界でも一番大きな卸売市場です。ジャンルに関係なくどんな商品でもありますので、社会勉強にもなります。

 

ぼったくられることも

日本人は商売が下手でお金を持っていると思われやすいので、ぼったくられることも多々あります。高い単価を提示されたり、ロット数をあげて話を進められます。

「高い」と感じたらひるまずに、ガンガン値段交渉をしていきましょう。

 

バイヤーらしい服装で

直接仕入れをしにいくときは、バイヤーらしいファッションで行くのがいいでしょう。変にオシャレしすぎていると、「観光客」に見られ相手にしてもらえません。

それよりも、仕入れたものをいれられるような”大きなバッグ”を持ったり、スニーカーなどの動きやすいファッションで立ち振る舞った方が、バイヤーらしさが出ます。

 

仲介業者の探し方

中国・韓国で仕入れを行うのであれば、現地の「購入代行会社」との契約が必須です。少し日常会話が喋れるくらいでは、ビジネスには役に立ちません。

これは英語でも同じですが、ビジネス会話は日常会話とは難しさが全然違います。言葉に余裕がないなら、ビジネスに集中するためにも必ず現地の「購入代行会社」を雇いましょう。

このような日本語のサイトでも探す事はできます。

トレードチャイナ

 

現地での仕入れは上級者向き

現地に行って直接買い付けるのは、今回紹介する仕入れ方法の中でも難易度が高いです。「飛行機代」「代行料金」「荷物を日本に送る料金」など、海外の買い付けでは費用がたくさん発生します。

それらを加味して利益を出すには、それなりの「数量」を仕入れて裁かなければいけません。下手すれば赤字&在庫が残るなんて最悪のパターンもあり得ます。

特にネットショップや事業を始めたばかりですと、海外に買い付けに行きたくなりますよね。しかしこれは辞めておいた方が無難です。行くならば「社会見学」として、旅行がてら下見に行くのがオススメ。

売上が伸びてお店が成長してからでも、直接買い付けは遅くありません。

 

スポンサードリンク

3,日本の仕入れサイトを使う

日本での仕入れサイトを使って、中国・韓国製品を仕入れるのはとっても簡単です。日本の仕入れサイトには海外の事業者が直接販売している場合もあるので、かなり安く商品を仕入れることができます。

無料で登録できるサイトが多く、「仕入れサイト」が間に入るので、不良品の「返品」や「交換」にもすぐに対応してくれます。

 

NETSEA(ネッシー)

NETSEA(ネッシー)
NETSEA(ネッシー)

【登録はコチラから】
ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)

ネッシーでは、「アパレル」や「雑貨」「家電」「美容」など、様々な商品を仕入れることができます。法人、個人事業主どちらでも利用でき、個人の場合、開業前であっても仕入れることが可能です。

とにかく商品数が多いのが魅力的で、探している商品は大抵見つかります。私も最初はずっとネッシーで仕入れて、ネットショップで販売していました。

仕入れサイトとしては個人的には一番オススメです。

 

イチオクネットWeb現金問屋街

【登録はコチラから】
アパレル仕入れならイチオクネット!

韓国のアパレル製品を多く取り扱うのが、「イチオクネット」です。登録は無料で1点から仕入れる事が可能。

イチオクではバイヤーが直接「韓国」「中国」に買い付けに行くので、安く購入する事ができます。アパレル以外でも「靴」「カバン」「アクセサリー」「小物」といった商品は何でも揃っています。

【関連記事】
⇒ネットショップでアパレルブランドの立ち上げ方!オリジナルブランドを作る方法

 

もっとたくさんの仕入先を知りたい場合は、下の記事もチェックしてくださいね。

【関連記事】
・ネットショップの仕入れサイトや卸サイトを大公開!アパレル、雑貨etc・・
・アパレル商品のオススメ仕入れサイト!ネットショップで服を売る!

 

4,仕入れサイトのメーカーにお願いする

こちらも私がアパレルで使っていた仕入れ方なのですが、仕入れサイトのメーカーと直接仲良くなり、メーカー側に買い付けを依頼することもできます。

先ほどご紹介した、「ネッシー」や「イチオク」に出店しているメーカーに電話してお願いしてみましょう。

※サイトによっては、直接メーカーに連絡を取る事を禁止している場合もあるので、調べてからにしましょう。


「メンズの迷彩柄のニットを韓国で探して欲しい」
「1,000円以下で仕入れられる、レザー素材の手袋を中国で探して欲しい」

実際イチオクネットでは、ほとんどのお店が韓国でアパレルの仕入れを行っているため、何度も商品を探してもらいました。ただしメーカー側も暇でないので、ちゃんと購入してくれるお客さんでないと、探してくれないかもしれませんね。

私の場合はすでに別注商品を作ってもらっていたので、それなりに付き合いもあり信用されていました。何度か仕入れを重ねて、電話で担当者と仲良くなれれば「OK」してもらえるかもしれません。

この場合も日本のメーカーが間に入り、「不良品の交換」にはきちんと応じてくれるので安心です。

 

5,現地のバイヤーに買い付けてもらう

現地のバイヤーに買い付けの仕事を任せる方法もあります。ただしこれは相手との信頼関係がなければ難しいです。

プライベートで交流のある「中国人」や「韓国人」にお願いしてもいいし、知り合いの知り合いなどで探すのもいいですね。

「SNS」で直接見つけることもできますが、どんな人か分からないので、いざという時に逃げられたり対応してもらえない可能性があります。

「不良品が出て現地のバイヤーに連絡を取った所、音信普通になった・・・」

韓国や中国ではこういったことは普通に起きます。信頼している人かちゃんとした企業を通して、バイヤーを探すのが得策でしょう。

 

6,仕入れでの注意点

 

最小限の仕入れを心がける

中国や韓国の仕入れは、「仕入れる数量」が多ければ多いほど、価格も安くなる傾向があります。1点では単価1500円のものが、100点仕入れることで単価1000円になったりします。

ネットショップの初心者は、「単価を安くしなければ!」と考えて、とにかくたくさん仕入れようとする方がいらっしゃいます。

これは絶対NG。私も過去に何度も同じような失敗をしています。卸業者はとにかく数を積ませようと、価格や数量の交渉をしてきます。

既に実績があり資金にも余裕があるのであれば、納得いく数量や単価で仕入れてもいいでしょう。しかしまだ大した実績も無いうちにこれをやってしまうと、資金はすぐに底をつき廃業に追い込まれる可能性もあります。

廃業まではいかなくても、他の商品を仕入れられなくなったり、商品が売れ残ることは多々あります。

 

費用はかけずに仕入れる

小売事業は利益を出すのが非常に難しい商売です。「5,000円で仕入れた商品を10,000円で売ったから5,000円の利益だ!」なんて甘い世界ではありません。

規模が小さいうちはいいですが、大きくなってくると「人件費」「モール費用」「配送費」と様々なお金が飛んでいきます。海外で無理な仕入れを行えば、すぐに資金繰りは悪化して回らなくなります。

無料の仕入れサイトでも十分仕入れられるので、そういった費用のかからない方法を選択しましょう。

 

不良品は思っている以上に多い

日本での感覚ですと、「商品」は不良品がないのが当たり前ですよね?1つでも不良品が見つかれば、卸会社に苦情の電話を入れるし、すぐに返金・交換の対応をするのは当たり前です。

しかし中国や韓国では、日本で当たり前と感じている事が通用しません。

「300点仕入れてすべて不良で連絡したけど返信がない」

このような事例もあります。しかし、ちゃんとした日本の仲介業者がいれば、そちらに文句を言うことができます。日本のメーカーが間に入っていれば、「不良品が返品できない」という事態はまずないので、安心して仕入れられます。

 

検品はしっかりする

海外仕入れで気をつけてほしいのは、しばらく経ってから不良品に気付くことです。

見た目が普通ですと、安心してしまいそのまま販売します。そこでお客さんからクレームがきて初めて不良品に気付く。

私も以前メンズのコートを50点程仕入れ、その後に不良品が発覚しました。脇の下を引っ張るとすぐに破れるんですよね・・

これは仕入れサイトを通して購入していたので、すぐに返品に対応してもらえましたが危なかったです。

仕入れサイト上には「返品期間30日以内」など記載されているので、これが過ぎるとおそらく返品してもらえません。日本の会社であればそんなことはないのですが。

海外の商品が到着したら、ある程度検品を行いましょう。

 

7,まとめ

以上です。今回は韓国・中国の商品の仕入れ方法をご紹介しました。ネットショップの仕入れは、「韓国製」や「中国製」でないと利益が出にくい状況です。

日本製やヨーロッパ製、アメリカ製などはどうしても単価が高く、ネットでは売れにくいです。上手く韓国や中国の仕入れルートを見つけることで、安く販売できネットショップでも成功を収められます。

しかし安いなりに危険も多く、仕入れは慎重に行わなければいけません。一番いいのは仕入れサイトを使うことですね。

そうすれば日本の会社が間に入ってくれるので、返品や交換を行ってくれます。

 

ネットショップ出店なら楽天がオススメ!

楽天はECモールの中でも最大級の規模を誇ります。ネットショップを出店するなら、楽天は一番オススメです。現在出店しているネットショップでも、ほとんどのお店が収益を楽天の売上に依存している状態となっています。

資料請求は無料なので、一度料金体制やプランを確認してみましょう。

・【楽天市場】出店案内はこちら

 

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





「Wowma!ワウマ」に無料出店しよう!

ワウマは現在急成長しているショッピングモールの1つ。初期費用や月額手数料が無料なので、ネットショップを運営しているのであれば出店するべきです。

【※今なら出店無料】

KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*