会社で社長に嫌われる社員の10個の特徴と対処法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

社会ではたくさんの出会いがあり色んな人との人間関係があります。その中でも特に「社長」との人間関係は大切にすべきです。

スポンサードリンク

社長に嫌われる原因は様々ですが、理不尽な事であったり、ちょっとした不注意がきっかけとなる事が多いです。これらは最初から注意しておけば未然に防ぐ事が可能。

今回は社長に嫌われる社員の特徴や、その対処法などについてご紹介します。是非社長に嫌われないためにも、社会人の方は参考にしてくださいね!

 

 

社長に嫌われる社員の特徴10個

さっそく「社長に嫌われる社員の特徴10個」を見ていきましょう。

社長といえど人間ですので、社員に対して「好き」「嫌い」は当然存在します。これは一般社員が他の社員に対して「好き」「嫌い」の感情を抱くのと同じこと。

理由の大半は「合わない」「苦手」といった不条理な事がほとんどですが、そう社長が感じるには何かしらの原因があります。

それでは一体、会社ではどのような人間が社長に嫌われてしまうのでしょうか・・・?

【社長に嫌われる社員の特徴】
●反抗的
●話が合わない
●ルールを守らない
●仕事に対して不真面目
●見た目の問題
●会社に貢献してくれない
●いい訳ばかりする
●礼儀が無い
●気に障る事を言ってしまった
●愚痴や文句が多い

 

社長に嫌われる社員の特徴1:反抗的

反抗的な社員は社長からすれば目障りな存在です。仕事でのちょっとしたミスを注意しただけでも、反抗的に言い返してくるような社員ですね。

反抗的な社員は必ずと言っていいほど、社長には嫌われます。社長には会社のトップとしての「プライド」があるので、それを尊重するのが基本です。

もちろん意見を言うのは良いですが、上司や社長など目上の人と接する時は、言葉を選んで反抗的に受け取られないよう心がけてください。

 

社長に嫌われる社員の特徴2:話が合わない

社会に出ると「話が合う人」「話が合わない人」が当然います。性格や育った環境、年齢。性別なども影響しますが、社長とソリが合う人であれば当然気に入られます。

反対に「社長と話が合わない」「社長の考え方についていけない」こんな人は、社長自信も同じように感じており距離を取られる可能性が高いです。

上手く接していけば距離を取られても、「社長から嫌われる」ということはないので、距離感を保ちつつ上手く付き合っていきましょう。

話が合わないからと言って、社員から距離を取りすぎると、社長との関係性にヒビが入ってしまうので注意して下さい。

 

社長に嫌われる社員の特徴3:ルールを守らない

社長は仕事に対して真面目なので、仕事の方針やルールを働いている誰よりも尊重しています。当然会社のルールを守る社員は可愛く感じるし、会社のルールを守らない社員には怒りをもちます。

「服装が乱れている」「時間通り出社しない」「休憩時間を守らない」「仕事でやるべき事をやらない」

上記のような社員は、社長から嫌われるのでNG。仕事に対しては真面目でルールを守る模範社員が、社長から好かれます。

 

社長に嫌われる社員の特徴4:仕事に対して不真面目

これも社長には嫌われる行動なのでNG。社長に好かれるためには、目の前にある仕事に全力で取り組む姿勢が大切です。

やる気がなかったり、適当に仕事をしていると、社長に見抜かれてしまいます。

これは仕事だけでなく、先ほども申しましたが「時間厳守」「ルールを守る」こういったことも徹底して行なう必要があります。

 

社長に嫌われる社員の特徴5:見た目の問題

人間は思っているよりも「見た目」を気にします。中年の男性であれば「若く綺麗な女性」には弱いですよね。反対にイケメンで女性からモテる社員の場合は、男社長に嫌われやすいかもしれません。

他にも「清潔感」なども、社長に嫌われないためには重要です。

 

社長に嫌われる社員の特徴6:会社に貢献してくれない


「仕事が終らないときは残業する」
「職場が汚れていたので掃除や整理整頓を行なう」

このような小さなことも社長は意外と見ています。会社に貢献している社員を見ると、社長からするとやはり可愛く見えるものです。反対に会社に無関心で自分の事しか考えていないような社員であれば、社長から嫌われる可能性が高いです。

 

社長に嫌われる社員の特徴7:いい訳ばかりする

仕事でミスを出した時にいい訳ばかりする社員は嫌われます。

ミスを受け入れずに誰かのせいにしたり、隠すような人は社員としての信用に欠けます。

 

社長に嫌われる社員の特徴8:礼儀が無い

挨拶や敬語など社会で礼儀を持つ事は非常に大切です。これは社長に対してだけでなく、自分の上司や取引先に対しても同じです。

取引先に対して横柄な態度を社員がとっていたら、社長からすれば気持ちが良いものではありません。

 

社長に嫌われる社員の特徴9:気に障る事を言ってしまった

ある時社長が突然冷たくなったのであれば、何か気に障ることを言ったり、そのような行動を取ってしまった可能性が高いです。

【例】
「言われた仕事をやらなかった」
「会社の備品を私物化しているのがバレた」
「社長への陰口を言っているのがバレた」
「社長を無視した」

何か社長が怒りそうな事を、やってしまっていないか考えてみましょう。思い当たる事があれば、すぐに謝罪するか行動を見つめなおすべきです。

 

社長に嫌われる社員の特徴10:愚痴や文句が多い

愚痴や文句が多い社員も、社長に嫌われやすいので注意して下さい。

「仕事が多くて疲れました・・・」
「こんな仕事できません。」
「○○さんが苦手です。」
「休みがもっと欲しいです。」
「残業はしたくありません。」

社会で働いていれば誰もが感じることですが、これを社長に直接ぶつけてはダメです。社長からすれば「不満ばかり言う社員」として扱われてしまい、社長からの評価を落とすだけです。

 

社長に嫌われることで生じるデメリット

続いては、社長に嫌われることで生じるデメリットについて見ていきましょう。

 

デメリット1:昇進・昇給にも響く可能性がある

社長から嫌われてしまうと、「昇進」「昇給」にも響く可能性が高いので注意しましょう。中小企業の会社なんて、社長の一言で何でも変わります。

社長が気に入らない社員がいれば、もちろん仕事で評価されるのは難しいため、将来的に「昇進」「昇給」が見込めません。

これは非常に大きなリスクです。

社長にモラルがあり好き嫌いなく正当に評価してくれるのならば別ですが、社長といえど人間です。やはり好き嫌いは多少なりとも仕事の評価に影響するでしょう。

 

デメリット2:職場に居辛くなる

社長に嫌われてしまうと、職場に居辛くなります。社長から冷たくされたり無視されるのはもちろんですが、場合によっては他の社員からも冷たくされる恐れがあります。

社長は会社の中で一番権力があります。もちろん他の社員は社長の味方をするし、社長から嫌われている社員と、わざわざリスクを冒してまで仲良くしようとは思わないはずです。

結果的に孤立してしまい職場にいれなくなります。

 

デメリット3:この先ずっと今の状態が続く

社員から嫌われているのであれば、その社員がいなくなれば問題は解決します。

しかし社長は基本的には定年まで働くため、関係性を改善しない限り半永久的に今の状態が続くことになります。

「一生職場で孤立したまま」「一生今の会社で昇進・昇給できない」最悪このような事態に陥ります。

 

スポンサードリンク

対策や対処法について

正直社長から嫌われてしまった場合、最善の解決策というのは「転職」以外ありません。できることがあるならば、以下のような事ですね。

【対策や対処法】
・理由が分かっていればすぐに謝罪する
・行動を改める
・社長には反抗しない
・外部の相談窓口に相談する

 

対処法1:理由が分かっていればすぐに謝罪する

まず嫌われた理由が明白に分かっているのであれば、直接社長に「謝罪」するのがベストです。

失礼な事を言ったのなら、「昨日は失礼な事を言ってしまい申し訳ありませんでした。」
仕事が適当だったなら、「最近は行動が軽率で申し訳ありませんでした。今後は行動を改めたいと思います。」

しっかり謝罪して行動を見つめなおせれば、社長の怒りも収まるはずです。

 

対処法2:行動を改める

嫌われた原因が分からない場合は、今回ご紹介した「嫌われる理由」を参考にして行動や言動を改めてみましょう。

服装や時間にルーズであればすぐに直す。仕事に対して不真面目なのであれば、明日から真面目に仕事に取り組む。

 

対処法3:社長には反抗しない

社会で上手くやっていくには、社長には反抗しない事が鉄則です。「長いものには巻かれろ」という事技がありますが本当にその通りです。

給料を貰って働いている以上、会社では刃向かっては良い相手と悪い相手を見極めなければいけません。社長は絶対に刃向かってはダメな相手です。

 

対処法4:外部の相談窓口に相談する

社長から嫌われてしまった場合、社内の人間に相談しても改善は見込めません。まだ可能性があるとすれば、外部の労働相談所に相談する事。

外部で相談するとなると、「労働基準監督署」「弁護士」「厚生労働省」「NPO法人」「法テラス」「法務省」などが挙げられます。

外部の相談窓口を使うと、具体的な解決策を考えたり、法的な処置を取る場合もあるので注意しましょう。

会社や社長と対立する事になるので、問題はかなり大事になります。それなりに長期戦になるし、精神的にも疲弊することは頭に入れておきましょう。

個人的にはこんな面倒な事をするくらいなら、さっさと居心地の良い会社に転職して方が賢いと思いますが・・・

 

転職エージェントでリスクヘッジを行なう

現在の職場で「社長と合わない」「社長に無視されている」このような状態が続いているのであれば、一度転職エージェントに無料登録してみる事をお勧めします。

転職エージェントとは、ネットを使って無料で転職活動が行えるサービス。

今は大丈夫でも「本当に仕事が嫌になった時」「社長に反発して仕事を辞めなくてはいけなくなった時」このような場合でも、転職エージェントへの無料登録をしておけば、いつでも仕事探しができるようになります。

さらに転職エージェントでは、専任のアドバイザーが転職の相談に乗ってくれます。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

社長に嫌われる社員の特徴のまとめ

以上です。今回は社長に嫌われる社員の特徴や対処法についてご紹介しました。

会社で社長に嫌われるのは些細な事が原因です。本人は意外と気付かないかもしれませんが、ちょっとした事で関係性に傷がつき手におえなくなってしまいます。

こうなると会社での昇進や昇給にも影響するし、何より会社に居辛くなってしまいます。

できればあらかじめ「社長に嫌われる人の特徴」を把握しておき、社長と接する時に気をつけるのが一番です。そうすれば社長に嫌われる事はほとんど無くなりますよ。

会社のトップである社長との関係が悪くなると、会社にはいれなくなります。もし嫌われたと感じているならば、早め早めに対処しておきましょう。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*