仕事が続かない人の特徴や心理、原因は?仕事を続けるための改善策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
lgf01a201409040200

世の中には色々な人が存在します。学校を出て就職をしてから定年まで働く人もいるし、すぐに仕事を辞めてしまう人もいます。そういった人はなぜ仕事が続かないのでしょうか?今回は仕事が続かない人の特徴や原因、改善方法などをご紹介します。

スポンサードリンク


目次

1,仕事が続かない原因や特徴
2,改善策や対処法は?
3,自分の市場価値を知ろう
4,まとめ


 

1,仕事が続かない原因や特徴


「仕事をすぐに辞めてしまう」
「転職ばかりしている」
「仕事が続かない」

こういった背景には何かかしらの原因があることがほとんどです。それでは仕事が続かない原因についてみていきましょう。

実家で暮らしている

仕事が続かない原因の1つに、「実家暮らし」というのがあります。一人暮らしをしている人に比べて、転職者は圧倒的に実家暮らしの人が多いです。

実家に住んでいれば、収入がなくなっても生きていくことはできます。「住む場所」「食事」これらの最低限のものは収入がなくても手に入るので、1人暮らしをしている人とは”危機感”が違います。

1人暮らしをしていれば、収入がなくなると「住む場所」も「ご飯を食べること」も出来なくなります。仕事を辞めたらどれだけのリスクになるか考えれば、簡単に仕事を辞めたり転職を考えられないですよね。

仕事にやりがいを見出せていない

お金のためだけに仕事をやっていると続かないことが多いです。仕事を続けるには、仕事自体にやりがいを持つことが大切。仕事で成果を出したり、部下を育てたり、上司と仲良くなるなど、仕事の環境に自分からのめりこむと仕事が続くようになります。

時間通り働いて、「あと1時間で帰れる・・」こんなことばかり考えていれば、どこかで仕事が嫌になってしまいます。仕事での目標を持つなどして、時間を大切に精一杯使いましょう。

転職体質になっている

普通の人間であれば仕事を辞めて、1から新しい仕事を探すのは面倒だと感じるはずです。しかし転職ばかりしている人は、転職するということに慣れてしまっており、面倒だと思う感情が薄れています。

ですので会社でいやな事があれば、「この会社は辞めて、また新しいところを探せばいい・・・」このように判断してしまいます。

こういったことを繰り返していると、いつまでたっても安定した職業につけないし出世する事も難しくなります。年配になれば就職も困難になり、大変な思いをすることになるでしょう。

プライドが高い

仕事が続かない人の特徴で多いのが、プライドが高すぎるということ。大事なプライドもありますが、大抵はどうでもいい捨てるべきプライドです。


「年下にバカにされた。」
「若い奴に仕事を指示されるのがムカつく。」

こんな小さなプライドを持っていると、いつまでたっても出世することはできないし、コキ使われるだけです。若い人であっても、自分より仕事において先輩であれば使われるのは当然です。

仕事が続かない人は、こういった捨てるべきプライドを捨てれない人が多いです。

コミュニケーション能力が欠如している

コミュニケーション能力がないと、社会で仕事をしていくのは厳しいです。上司や同僚、取引先など会社ではたくさんの人とコミュニケーションをとる必要があります。

仕事内容によっては黙々と仕事をして、人との接触が少ないものもあります。極力人との付き合いを減らしたいのであれば、職種を考えることも大切ですね。

自分のミスを認めない

仕事では自分のミスを認めない人が存在します。部下や同僚にミスを責任転嫁して、自分は上手く言い逃れようとします。こういった人も仕事が続かない人の特徴と言えます。

自分のミスを認めないと、周りからは嫌われて孤立していきます。最初は敵は1人だったとしても、繰り返していくうちに見方はいなくなり結局誰も側にいなくなってしまいます。

会社での自分の居場所がなくなり、転職する事を考えるようになります。

向上心が高い

仕事に対する向上心が高い人も、仕事が続かないことが多いです。向上心が強いと、今の仕事場や仕事仲間に満足できず、さらにいい職場を探します。


「もっとお金が欲しい!」
「もっと凄い人と仕事がしたい!」
「もっと評価されたい!」

このような考えで頭が一杯になり、常に今よりいい職場のことを考えてしまいます。こういった理由での転職は、悪いことではないのでガンガンチャンレンジすべきです。

結果として自分の力はつくし、さらに素晴らしい仕事にめぐり合えるかもしれません。

すぐにさぼる

仕事で転職が多い人の特徴は、「サボり癖がある人」です。最初は月に1回の遅刻だったのが⇒月に3回の遅刻⇒月に1回の欠勤、となっていき、段々エスカレートしていきます。

こういった人は元々サボり癖があり、どのような会社で就職しても繰り返します。一度休み出すと癖になり、何度も休み最後には会社に行きづらくなり辞めてしまいます。

楽な仕事にばかり就いている

楽な仕事、例えば流れ作業のような誰にでも出来る仕事ですね。仕事が続かない人は基本的に「楽な仕事」を求めています。仕事にやりがいを求めるのでなく、「いかに楽でお金がいいか?」このようなことしか考えていません。

そうなると自然と責任のある大変な仕事ではなく、楽で誰にでもできる仕事に就くことになります。簡単な仕事は働いていても、楽かもしれませんが達成感もないし楽しくはありません。

毎回単調な仕事の繰り返しで、どこかで「辞める」ということを考えるようになります。

大変な仕事はそれだけプレッシャーも掛かりますが、周囲と争ったり給料が上がったりと、やりがいもあります。こういった仕事に就けば、目標もできて仕事が続かないということが無くなります。

将来のことを考えていない

将来結婚して子供を生んで・・・このように将来のことを考えていれば、定職につくし転職を繰り返すことはしないはずです。

将来の事を考えずとりあえずその場しのぎで仕事に付いてしまうと、仕事が続かない原因となってしまいます。早い段階で長く続けられる仕事が見つかれば、それだけ出世できるし給料もたくさん貰えるようになります。

 

2,改善策や対処法は?

仲のいい友人を見つける

仕事をすぐに辞めてしまうのであれば、それは仕事場が退屈だと感じていることが多いです。そういった時は積極的に仲のいい友人を作るのも対処法となります。

1人でも気心の知れた友人がいると、愚痴や弱音を吐けるし、仕事場にいることが嫌になりません。

誰もはけ口がいないと、イライラや不満が溜まっていき「辞める」という結論にたどり着いてしまいます。気が合いそうな人に積極的に声を掛けて、話の合う友人を探してみましょう。

本当にやりたい職業をやってみる

仕事が続かない人は、”金銭面”や”仕事の楽さ”などを考えて仕事を見つけていることが多いです。そうでなく、自分が「やってみたい」「やりたい」と感じる仕事を探してみるのもいいですね。

自分がやりたいと思った職業であれば、少しくらい辛くても頑張れるし、長続きもします。逆にそういった職業が頭の片隅にあると、他の仕事が続かなくなります。


「バーテンダーがやりたい!けれどお金の面も心配だし、自分にできるかわらかないから無難に事務職に就こう・・・」

こういう考えで別の仕事につくと、「バーテンダー」に対する憧れが消えず、何の仕事も中途半端になります。そういった状況の時は、一度やりたい仕事をやってみて下さい。

やってみて自分に合わなければ、次に事務職などについた場合でも、「バーテンダーは自分に合わないし、やっぱり事務職が一番向いている!」このように思えて、仕事が続くようになります。

バーテンダーが天職になれば、それはそれで幸せなことですしね。

起業してみる

人との付き合いやコミュニケーションをとることが苦手であれば、起業も視野に入れてみてもいいかもしれません。フリーランスのような形で働けば、人間関係はほとんどないのでストレスが掛かりません。

ただしすべて収入は自分の手に掛かっているので、お金のストレスなどは大きいです。収入が減れば焦るし自分で解決していくしかありません。

会社員であれば人間関係のストレスはあるかもしれませんが、給料は毎月必ずもらえるので金銭面でのストレスはあまりないですよね。

感謝をしてみる

仕事場の上司や同僚、部下などに感謝の念を持つと仕事場に愛着が沸いて長続きします。感謝することは探せば必ず見つかります。

例えば残った仕事を片付けてくれてたり、ボーナスをくれたりと。「給料が少ない!」と怒りばかりぶつけるのでなく、「毎月給料を貰えてありがたい」と感謝してみるのも悪くないです。

仕事上の立場について考えてみる

転職をするとその仕事場ではまた1からのスタートになります。自分より若い人もたくさんいる中で、「一番下」という存在になるわけです。

20代であればいいですが、30代、40代になっていつまでも一番下の存在ではかっこいいとは言えませんよね。

1つの仕事場で長く働いて、出世して役職をもらい給料が上がるのが理想的です。そうなれば部下からも尊敬されるようになるし、社会的にも高い立場を得ることができます。

大変な仕事を試してみる

毎回”楽さ”ばかり仕事で求めているのであれば、一度大変そうな仕事についてみてもいいかもしれません。退屈な仕事は楽かもしれないけど、やりがいは何も感じることができません。

大変な仕事は疲れるけど、モチベーションも上がるし仕事にのめりこめる可能性を秘めています。さらに大変な仕事であれば給料は高いので、やりがいや得られるものは大きいです。

楽な仕事ばかり求めて毎回仕事が続かないのであれば、責任のある大変な仕事にチャレンジしてみましょう。

 

スポンサードリンク

3,自分の市場価値を知ろう

転職を繰り返さないためには、心から楽しいと思えたり、やりがいのある自分にあった仕事を見つけることが大切です。

そういった仕事に巡りあうことができれば、自然と仕事を頑張るようになるし、新しい就職先を探そうとも思わなくなります。

しかし客観的に自分にあった仕事を見つけるのって大変です。

 

MIDASで仕事の面接オファーを受け取る

MIIDAS(ミーダス)で無料登録を行えば、自分の適正に合った「仕事の面接オファー」を受け取ることができます。

自分の適性を入力するだけで、自分に合った就職先を探してくれるので助かります。さらに自分の市場価値やおおよその年収も知ることができます。5分で出来る無料診断なので、試してみるだけでも楽しいですよ。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!


 

リクナビネクストに登録する

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


 

リクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】


 

4,まとめ

以上です。今回は仕事が続かない人の特徴や心理、原因などと、それらの改善策についてご紹介しました。仕事で転職ばかり繰り返している人は、仕事場ではなくその人に問題があることがほとんどです。

「何故仕事が続かないのか?」

このことをしっかり考えて自己分析することで、改善に繋がっていきます。仕事が合わずに転職するのもいいですが、自分に合った仕事を手放してしまうのももったいないですよ。

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*