BASE(ベイス)でハンドメイド製品を上手く売るコツとは?ハンドメイドショップの事例もご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「BASE」は無料でネットショップを開設できるサービスです。BASEでは様々な商品が販売されていますが、実は「ハンドメイド製品」との相性が非常に良いです。

スポンサードリンク

BASEを使えばハンドメイドのネットショップを手軽にオープンする事ができます。基本的な機能であれば無料で使えるため、始めてネットショップを開く方でもハードルが低くオススメです。

特に「手芸」のようなハンドメイド製品だと、趣味の延長で「ネットショップを作ってみよう!」「作った商品を実際に販売してみたい!」と考える方が多いです

この場合、ほとんどの人は「出来るだけ費用をかけたくない」と考えています。

普通のネットショップ構築サービスや楽天などのモール出店だと、どうしても初期費用や月額費が掛かるため、趣味の延長で始めるのはハードルが高く感じますよね。

しかしBASEであれば、無料で始められるので非常に助かります。

今回はBASEでハンドメイド製品を上手く売るコツについてお話したいと思います。

 

BASEを使ってハンドメイドを販売しよう!


【公式サイトはこちら】
無料ネットショップ開業【BASE】

BASEとは「月額費用0円」「初期費用0円」で始められる、ネットショップの構築サービスです。

3年連続ネットショップ開設実績No,1を誇っており、2020年2月には開設ショップが90万を突破しました。

ネットショップに必要な「決済機能」「解析ツール」「デザインテーマ」などが揃っているため、誰でも簡単にネットショップをオープンさせることが出来ます。

これまでネットショップを開業するためには、HTMLやデザインの知識、それなりの費用が必要でしたが、BASEを使えば初心者でもネットショップを開けます!

【BASEの特徴】
●無料でネットショップが開ける
●決済方法が揃っている
●契約が簡単
●スマホページにも対応している
●ハンドメイド製品に強い
●ブログやメルマガ機能が搭載されている

 

特徴1:無料でネットショップが開ける

BASEでは基本的には、「月額費用0円」「初期費用0円」で開業する事が可能です。ただし、購入が成立した際の「決済手数料&サービス利用料」売上入金時の「振込手数料・事務手数料」など一部費用も発生します。

売上に応じて費用が数パーセント発生する程度なので、そこまで大きな負担になる事はありません。

 

特徴2:決済方法が揃っている

ネットショップで大切なのは「決済方法」です。

個人でお店をされている方だと、「クレジットカードのみ」「銀行振込みのみ」など、決済方法が充実しておらず、これが理由でお客様が離脱する事が非常に多いです。

BASEでは下記の決済方法が最初から導入できます。

【BASEで使える決済方法】
・クレジットカード決済
・コンビニ(Pay-easy)決済
・銀行振込決済(BASE口座)
・後払い決済

ネットショップに必要な決済方法は一通り揃っているので、決済方法が理由でお客様の離脱を防ぐ事ができます。

 

特徴3:契約が簡単

BASEは他のネットショップ構築サービスに比べて、驚くほど簡単に出店できます。

ネットショップで開業しする場合、通常であれば「開業届け」「出店申し込み」など面倒な書類提出が必要です。他にも住所や名前、屋号などを提出する必要があります。

さらにその後に出店審査などが行われ、数日経ってからようやく「ネットショップオープン」となります。

しかしBASEであれば、ネット上で簡単に申し込めて30分で出店が出来ます。

記入する事は以下の3つのみ。


・ショップURL
・メールアドレス
・パスワード

どうですか?めちゃくちゃ簡単ですよね。これだけ簡単にネットショップがオープンできるのも、BASEならではの特徴と言えます。

 

特徴4:スマホページにも対応している

現在はたくさんのユーザーが「スマホ」を使って買い物をします。私が運営しているネットショップも8割程度はスマホのお客さんです。

となるとスマホのページ作りが出来ないサイトは、かなり売上的に厳しくなります。BASEは無料でありながらも、スマホページに対応しているので心強いですね。

 

特徴5:自社サイトの割に集客が強い

BASEは自社サイトの割に集客が強いです。一般的に楽天などのモールを使わない場合、自分で全て集客を行うため、ここで挫折する方が多いです。しかしBASEには自社サイトでは珍しい、集客の支援ツールが揃えられています。

【BASEの集客機能】
・ショッピングアプリBASEへの掲載
・渋谷BASEやマルイへのポップアップ出店
・広告出稿支援
・ブログサービス
・SNSとの連携機能

まずBASEでネットショップを作れば、ショッピングアプリBASEに商品が掲載されます。BASEのアプリは600万以上のダウンロード数を誇っており、大きな集客ツールとなっています。

さらには渋谷BASEやマルイへのポップアップ出店、フェイスブックやヤフー、インスタへの500円から広告が出稿できるサービスなど様々な機能が揃っています。

無料で使えるブログや、SNSとの連携機能も備わっているため、スマホユーザーへのアプローチも効率よく行えます。

 

特徴6:ブログやメルマガ機能が搭載されている

ネットショップを運営する場合、「ブログ」「メルマガ」は必須のツールとなります。普通これらのサービスは、ネットショップ構築サービスには付いていない事が多く、他のサービスを契約して利用するお店がほとんどです。

BASEでは誰でも「ブログ機能」「メルマガ機能」を使う事が可能です。

 

BASEであればハンドメイド製品を受注販売できる!

BASEでは様々な商品が販売されていますが、特にハンドメイド製品との相性が良いです。

まずBASEには「予約販売App」と呼ばれるアプリが搭載されています。どのような機能かと申しますと、入荷前の商品を先行販売し、予約注文を受ける事ができる機能です。ようするに、受注生産の商品の販売に対応することが可能と言う事です。

ハンドメイド製品の場合「商品を作る⇒ネット上で販売する」というのが一般的ですが、これでは商品の在庫が売れ残る可能性が出てしまいます。

しかし「予約販売App」を利用すれば、「ネットで販売する⇒商品を作る」というサイクルができますので、無駄な在庫を抱える必要がなくなります。

これにより、「材料費」「労力」「時間」を最小限に留めてネットショップを運営できるようになります。

 

スポンサードリンク

ただし1点物には向かない

予約販売する場合は、あらかじめ商品画像や商品説明文が必要になります。つまり、ハンドメイドで同じ商品を何個も作って販売する場合には効率的です。

しかし完全に1点物のハンドメイド製品を販売する場合は、画像や商品説明文を用意する事ができないため、予約販売で販売する事ができません。

1点物ではなく同じ製品を何点も販売する場合には、「予約販売App」を使用して下さい。

 

BASEで上手く売るコツは集客力にあり

BASEでハンドメイド商品を販売する時、魅力的な商品を作る事はもちろん大切ですが、それと同じくらい「集客」が重要になってきます。

BASEを使うと独自ドメインを取り商品を販売することになります。楽天などのモールとは違い、基本的には自分で集客を行う必要があるため、これを怠ると、そもそもお客様に商品を見てもらう機会がなくなります。

とは言っても先ほど申し上げたとおり、BASEは他のサービスに比べて集客ツールが整っているので、比較的人を集めやすいです。

BASEで商品を販売する場合、下記の集客ツールの利用がオススメです。

【オススメの集客方法】
・BASEのアプリへの掲載
・ブログ
・SNS

BASEで商品を上手く売るには、無料で使える集客は片っ端から利用していきましょう。BASEアプリへの掲載以外にも、ブログを運用してグーグル検索からの流入を得たり、SNSでお客様を集める作業も必須です。

広告などコストが掛かる施策は、ある程度商品が売れるようになってからでOKです。

まずは無料の集客ツールを使い、コストをかけずに集客してください。

【公式サイトはこちら】
無料ネットショップ開業【BASE】

 

実はBASEを使って商品を作成する事もできる

実はBASEでは「製造支援サービス」と連携を行っており、誰でも簡単にBASEを使い商品を作る事ができます。この製造支援サービスを利用する場合でも、受注販売ができるので、在庫を抱えずにネットショップを運営できます。

【製造支援サービスで作れる商品】
・Tシャツ
・スマホケース
・マグカップ
・アクセサリー
・タオル
・ポーチ

上記のようなグッズにオリジナルでプリントしたり、デザインをして販売する事ができます。自分がデザインした商品を販売したい方、オリジナル商品を作ってみたい方には是非オススメです。

ハンドメイド製品とこれらの商品を同じネットショップ上で販売する事も可能です。

 

BASEを利用しているハンドメイドショップの事例

続いては、BASEを利用してネットショップを作っている「事例」をご紹介します。どのようなお店作りができるのか、イメージしやすくなるかと思います。

 

BASEのネットショップ事例1:vebetさん(個人ショップ)


・vebet公式サイト

vebetさんは、女性向けの「イヤリング」「ブレスレット」などのアクセサリーを販売するお店です。シンプルなアクセサリーを販売しており、とってもオシャレでカッコいいページになっています。

モデルにも外国人の方が出ているため、無料で作成したネットショップには見えません。

 

BASEのネットショップ事例2:小西製作所さん(法人ショップ)


・小西製作所公式サイト

こちらはウェディングアイテムを販売するショップを手がける、小西製作所さんのショップです。「ペアTシャツ」「引き出物用のバッグ」「ギフトシール」「メッセージカード」「ウェディングツリー」などを販売しています。

どの商品も個性がありユニークで手作り感満載です!ハンドメイド製品を販売する場合は、他のお店では購入できないようなデザインを作るのがオススメです。

 

BASEのネットショップ事例3:net store アンナとラパンさん(個人)


・net store アンナとラパン公式サイト

アンナとラパンさんでは、小物に刺繍など手芸を施し商品を販売しています。オリジナルハンドメイドのブローチやハサミ、トートバッグなどが販売されています。

シンプルなページ構成で非常に見やすいです。

 

BASEのネットショップ事例4:天然石ドゥルージーさん(法人)


・天然石ドゥルージー公式サイト

天然石ドゥルージーさんは、綺麗な天然石やパワーストーンなどを販売している会社です。綺麗な石の画像を掲載しており、インパクトがあるページとなっています。こちら法人運営のお店ショップとなります。

 

BASEのネットショップ事例5:岐阜県伝統文化品美濃焼タイル専門店さん(個人)


・岐阜県伝統文化品美濃焼タイル専門店公式サイト

岐阜県伝統文化品美濃焼タイル専門店さんは、日本の伝統工芸「美濃焼」を取り入れたアクセサリやスマホケースなどを販売しています。

渋谷ヒカリエ、阪神梅田本店、イギリス HYPER JAPAN Winterなどのイベントにも、ポップアップ出店されていたみたいです。

 

まとめ

以上です。今回は、BASEでハンドメイド製品を上手く売るコツについてお話しました。

BASEを使えば無料でネットショップをオープンできます。「趣味の延長で商品を販売してみたい!」「人に無料で配っている手作りアイテムを実際に売ってみたい!」このようにハンドメイド製品を実際に販売してみたいのであれば、BASEを活用してみましょう。

BASEには必要な機能が一通り揃っており、集客面も他の自社サイト構築サービスに比べて強いです。

もちろん出せば売れるという程甘くないです。しかし他のネットショップ出店に比べると、コストを抑えられるし、受注販売なども可能なので、比較的ハードルが低くオススメです。

【公式サイトはこちら】
無料ネットショップ開業【BASE】


 

無料でネットショプを出店するならBASEがオススメ!

  BASEとは「月額費用0円」「初期費用0円」で始められる、ネットショップの構築サービスです。BASEにはネットショップに必要な「決済機能」「解析ツール」「デザインテーマ」などが揃っているため、誰でも簡単にネットショップをオープンさせることが出来ます。  
【公式サイトはこちら】
無料ネットショップ開業【BASE】
     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*