成功するための考え方や行動?マインドから変えてみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
lgf01a201501150100

あなたは何かで成功したいと思っていますか?誰でも一度は「成功したい」と思ったことがあるはずです。仕事、音楽、スポーツ、投資などたくさんの分野がありますが、その中で成功できるのは一握りです。今回は成功するためのマインドや行動をまとめます。

スポンサードリンク


目次

1,始めに
2,自分の未来像を想像する
3,行動が早い
4,決断力を持つ
5,継続力の重要さ
6,時間の使い方を知っている
7,周りの言葉に流されない
8,自分の欠点を理解する
9,結果が出たら力を集中させる


 

1,始めに

何かに成功したければ、考え方や行動を改める必要があります。これはすぐに変えられるものではありません。目標を持ち日々精進することで、少しずつそういったマインドが身についていきます。どのように行動すれば成功者に近づけるかまとめますので、是非参考にしてみて下さい。成功者には共通点があります。

 

2,自分の未来像を想像する

自分の未来像を想像する

「想像する」というのはモチベーション維持の面でとても重要です。何も考えていなければ、つまづいた時や諦めそうになった時にモチベーション維持が難しくなります。そういった厳しい局面に直面したときでも、自分の未来を想像していると、あきらめずに頑張り続けることが出来ます。

私も「将来こうなりたい」、「こういった生活を送りたい」とずっと考え続けています。それを実現させるためには、今やっていることを成功させるしかありません。簡単なことではないし、成功する保証はどこにもありません。何度も心が折れそうになる時もあります。

そんなときにも諦めずに頑張れるのは、「成功したときの自分」を目標に出来ているからです。何も大成功だけに拘る必要はありません。「会社に雇われず自由な生活をしたい」「副収入で5万円稼げるようになりたい」などのような小さな夢でも、持ち続けるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

3,行動が早い

行動が早い

何でもかんでも行動すればいいという訳でもないですが、やはり成功者の共通点は「行動が早い」ことです。考えすぎる人は、頭でっかちになってしまい成果を出すことが出来ません。最近”投資”を実践するようになって分かるのですが、いくら知識をつけても何も変わりません。

自分で実際投資を行い、感覚的に身に付けていかなければいけません。これは仕事も経営も、どんなことにも当てはまると思います。まずやってみないとどんな物かわからないし、イメージと実践では全く違ってきます。一番いいのは勉強しながらの実践ですが、ダメなのは勉強のみで終わる人です。

動き続けなければ前へは進めません。行動して”後退”するということはあり得ませんので、無駄な時間を過ごす暇があればとりあえず行動しましょう。そこに無駄になる行動は出てきますが、少しずつは前へ進むはずです。

 

4,決断力を持つ

決断力を持つ

成功者は決断力に優れています。内容にもよりますが、基本的に即断即決で物事を決めていきます。それはいくら考えることに時間を割いても、結果は何も変わらないからです。考え続けることが「無駄」ということに気づいているからです。今決断できないことを明日になれば決断できますか?おそらく何も変わりません。時間に追われてしょうがなくジャッジするだけだと思います。

今日決断するのと明日決断する、その一日が無駄になるだけです。”決断”を先延ばしするのは、「不安」からきています。

「決断することで後には戻れなくなるのではないか?」
「もう選ぶことが出来なくなってしまう。」

これは誰でも持っている不安です。偉大な成功者でも必ず持つし、人間の性質上「不安」を消すことが出来ません。しかしそれは日を延ばしても、何も変わりません。ですので自分なりに決断してしまいましょう。もしそれが間違った決断でも、それは後にならないと分からないのです。そんなことよりも決断することで、力をつけて少しでも前へ進みましょう。決断が出来ない人は先ほどの、「行動が早い」にも直結してきます。

 

5,継続力の重要さ

続力の重要さ

”継続力”は成功するためには必ず必要になってきます。どんなことでもすぐに成功するということは少なく、大抵は地道な継続を続けて芽が開いていきます。これは本当に難しいことです。

順調に進んでいるときはいいのですが、成長しているか分からないときもあります。成功までの道が物凄く遠いと悟るときだってあります。それでも毎日こつこつとやり続けていなければ、”成功”を手に入れることが出来ません。自分が進んでいる道を「正しい道」と信じなければ、継続し続けることは難しいです。

 

6,時間の使い方を知っている

時間の使い方を知っている

「時間」は有限であって、大事に使わなければいけません。無駄な時間は削って必要なことに時間を当てる。これは成功者であれば当然のようになっている行為ですが、意外と出来ていない人が多いです。無駄な人付き合いであったり娯楽、用事を詰め込みすぎて余裕が無くなってしまっています。時間の余裕が無ければ学ぶことも出来ないし、実践することもできません。そもそも何か新しいことをしようと思いません。

日ごろから無駄なことには断捨離する癖を付けておきましょう。そうすれば自然と時間が出来て、余裕が生まれます。時間があると考えるようになって、自分のやりたいことも見つかるかもしれません。これはとても重要なことです。

※関連記事
⇒「成功者の人付き合いの方法!重要なのは自分にとってのメリットとデメリット」はコチラから

「時間がない」を口癖にしている人も悪い癖です。

「本を読んでいる暇がない」

本を読みたいのであれば、朝1時間早く起きればいいだけの話です。「時間が無いから」と言い訳するのでなく、時間を作る方法を考えるようにしてください。

 

7,周りの言葉に流されない

周りの言葉に流されない

何かにチャレンジしていると、大抵周りには反対する人や否定する人が出てきます。

「出来るわけがない」

「あなたには無理だ」

これは心配して言ってくれているのかもしれないし、ただ無責任に言葉をぶつけているだけかもしれません。

実際言われた側からすれば、諦めてしまう人も出てくるでしょう。それが身近で信頼する人であれば尚更です。

しかし本当に成功したいなら、”反骨精神”を持って「成功して見返してやる」ぐらいの気持ちで挑みましょう。成功できるかなんて誰にもわかりません。仮に失敗してもチャレンジしていることには意味があるし、何もしなかった時間よりは確実に成長させてくれると思います。

 

8,自分の欠点を理解する

自分の欠点を理解する

成功する人のマインドの一つに「欠点を理解する」というのがあります。欠点を無理に補おうとせずに、認めた上で成長していけばいいのです。本を読むことが苦手であれば、ネット上で知識を深めればいいです。対人関係が苦手であれば、極力減らして一人で努力すればいいだけです。

自分がやりやすい環境に身を置くことが、一番の成功への近道になります。



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*