アパレルの仕事を辞めたい・・辞める理由やオススメの転職について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
publicdomainq-0007543zgo

アパレル系の仕事って華やかに見えますが、実は辞めていく人が非常に多い業界です。アパレルの離職率は一般的には40%%以上とも言われており、厳しい世界であることが分かります。今回はアパレルの仕事を辞めたいと思う理由や、オススメの転職方法についてご説明します。

スポンサードリンク

目次

1,アパレルを辞めたいと感じる理由
2,辞めたいときの対処法や解決策
3,アパレルを辞めるべきタイミング
4,転職するなら希望内容を明確にする
5,働きながら転職活動をする
6,まとめ

アパレルの仕事は人気がある反面、離職率が高い仕事です。もしあなたが「アパレルの仕事を辞めたい・・・」と感じているなら、アパレルからの転職に関する知識を付ける事をオススメします。

辛いのに無理して働くと、「うつ病」などの精神疾患を起こす可能性が出てきます。

こうなると仕事以前に人生が狂ってしまうので、頑張りすぎには十分注意して下さい。

 

1,アパレルを辞めたいと感じる理由

アパレル系の仕事は離職率が非常に高いです。それでは一体どういった時に、「アパレルの仕事を辞めたい・・・」と感じてしまうのでしょうか?

まずはそれらの理由をご紹介したいと思います。

【アパレルを辞めたい理由】
●給料が安すぎる
●ブラック企業だった
●ノルマがきつい
●将来が不安
●接客疲れ
●職場の人間関係
●何をしたいのか分からなくなった
●やりたい仕事を見つけた

アパレル店員の主な退職理由は、上記のような事柄が多いです。一つ一つ具体的に見ていきましょう。

 

アパレルを辞めたい理由1:給料が安すぎる

アパレルなどの販売員ですと、給料が安い所が多いそうです。マネージャーであったり、企画、営業などの仕事であれば別ですが、普通に接客をして洋服を販売している仕事ですと、時給で換算されてしまい給料が安くなります。

販売員の場合「学歴」「スキル」「資格」などといった特別なものは必要ありません。そういった意味では誰でもできるし、給料が安くなるのは仕方がないことだと思います。

若い人の場合、「アパレルの仕事に憧れて入社してきた」という人も多く、実際働いてみると給料面で辛い思いをして、「仕事を辞めたい」と感じてしまうようです。

 

アパレルを辞めたい理由2:ブラック企業だった

アパレル会社でよく耳にするのが、「サービス残業は当然」「休日手当てはなし」といった、ブラック企業のような働かせ方。仕事の業務時間が長い上に、残業代はつけてもらえない。

一部のアパレル企業ではこれが当たり前になってしまっており、当然のようにサービス残業をさせられています。

アパレルは離職率が高い仕事ですので、人が辞めた場合その負担は、残っている従業員にすべてのしかかってきます。アパレルの仕事はやる事が多く大変です。

 

アパレルを辞めたい理由3:ノルマがきつい・・

アパレルの販売員であれば「ノルマ」が発生する会社もあります。アパレルの販売員は、ノルマ達成のために自分で商品を購入したり、友人に進めたりと何かと大変です。

販売員と謳っていても、実際は営業のような仕事をさせられる仕事場もあります。

【関連記事】・営業に不向きな人は営業をするな!向いていない人の特徴、性格は?

 

アパレルを辞めたい理由4:将来が不安

アパレル系の仕事についていると、「将来が不安」と感じている人は少なくありません。なぜならアパレル系の仕事で成功を収められる人は、ごく一部だからです。

センスがあってブランドの開発を任せられたり、マネージメントが得意で管理職についたり。こういった場合は出世コースを辿ることになるので、給料も上がるし将来も明るいでしょう。

しかし何年働いていても給料が変わらずに、若い子と同じように販売員をしていると、「このまま働いていても大丈夫なのだろうか・・・?」といった不安な気持ちになってしまいます。

このようなタイミングで、「そろそろアパレルの仕事を辞めたい」と考える方もいらっしゃいます。

 

アパレルを辞めたい理由5:接客が嫌になった

アパレルの販売員であれば、毎日接客をしなくてはなりません。クレームをつけられたり、理不尽に怒られたり、罵声を浴びる事もあるでしょう。

こんなことが続くと、「仕事を辞めたい」と感じてしまいますよね。クレームについては、こちらの記事で説明しています。

【関連記事】・クレーム対応が辛い!仕事を辞めたい場合に取るべき対処法や解決策

 

アパレルを辞めたい理由6:職場の人間関係

仕事を辞めたい理由で圧倒的に多いのが、「人間関係」です。アパレル系の職場は上下関係が厳しかったり、癖の強い人が多い場合があります。

そういった環境で働いていると、ストレスがたまるし仕事へのモチベーションも無くなっていきます。

 

アパレルを辞めたい理由7:何をしたいのか分からなくなった

「オシャレだからアパレル店員になろう!」こういった考えで仕事を選ぶ人は多いですが、その場合しばらく働いて仕事に辛さを感じるようになると、「なんでアパレル店員なんかしてるんだろう・・・」と働いている意味が分からなくなってきます。

「服が大好きだから!」「お客さんに喜んで欲しいから!」などと、アパレルで働く理由が見つかっていると続けられますが、そういった理由が無い場合は、どこかで限界がやってきます。

 

アパレルを辞めたい理由8:別でやりたい仕事を見つけた


「事務職をやってみたい」
「製造業をやりたい」

このように、接客業とは違った職種に興味が湧くこともあるかと思います。接客業にはない働くメリットがたくさん存在するし、接客に飽きてきたら別の職種も考えてしまいます。

 

2,辞めたいときの対処法や解決策

「アパレルの販売員として働くのが辛い、辞めたい。」

このように感じてしまった時は、どうするのが正解なのでしょうか?もちろん「転職」という選択肢は常に持っておくべきですが、それ以外で何か出来ることはあるのでしょうか・・・?

 

対処法1:接客に慣れる

アパレル店員の仕事は、基本的に接客を行うことです。

お客さんへの売り込みを行ったり、積極的に声を掛けなければいけません。接客自体が嫌になっている人も多いですよね・・・

接客でのストレスを感じなくするためには、とにかく数をこなし「接客に慣れる」必要があります。

まず「お客さんに嫌がられるのが苦手」「声をかけるのが緊張する」と思っているうちは、アパレルの接客業に慣れていない証拠です。

アパレルの接客業を楽しんでいる人は、声をかけるのが仕事と割り切っているので、無視されても冷たくされても気にしません。

接客で一喜一憂しなくなったら、慣れてきたということでしょう。こうなると、ストレスが格段に減ります。

接客での「スキル」をつけることも大切です。相手の雰囲気を読み取って、売り込みをしたり、話しかけるのを辞めたりする駆け引きも大切ですね。

接客が得意な人の真似をしてもいいし、アドバイスをもらうのも効果的です。接客でのスキルが身につくと、お客さんにも喜んでもらえるようになり、接客することに喜びを感じるようになります。

 

対処法2:向上心を持って働く

「仕事を辞めたい。」という気持ちから脱却するには、仕事にやりがいを持って楽しまなければいけません。

毎日いやいや働いているだけでは、いつまで経っても仕事を楽しめないでしょう。例えば仕事での昇進や、給料アップ、店員の中でトップの成績を収めるなど、何か仕事での目標を持つと良いと思います。

積極的に向上心を持って働くことが、解決策に繋がります。

 

対処法3:店員以外の部署に移動してもらう

アパレルの仕事は「店員」「販売員」だけではありません。他にも「企画」「営業」「MD」「マネージャー」「バイヤー」など、様々な仕事が存在します。

アパレルの店員が嫌になったのであれば、店員以外の部署へ移動できないか、上司に相談してみましょう。小さなショップでは難しいですが、大型ショップであれば部署移動を聞いてくれるかもしれません。

 

対処法4:別のアパレル会社への転職を考えてみる

アパレルの仕事は好きだけど、今働いている会社に不満がある場合は、思い切って別のアパレル会社に転職してみてもいいかもしれません。

職場に問題がある場合は、アパレルを辞めるのではなく、仕事先を変えるだけで解決に繋がります。

転職の際に気をつけて欲しいのが、次の仕事先では希望の条件を満たした職場を見つけることです。せっかく転職しても、希望の条件を満たされていない職場だと、またすぐに「転職」を考えてしまいます。

できれば転職エージェントに相談して、希望に沿った転職先を紹介してもらいましょう。

 

アパレルの仕事探しなら、クリーデンスがオススメ!

クリーデンス

【公式サイト】
クリーデンス

アパレルの仕事を探すなら、アパレル特化型の転職エージェントを使うのがオススメです。

クリーデンスは、アパレル・ファッション関係に特化した転職エージェント。転職業界大手のパーソルキャリアが運営しており、信頼と実績があるので安心してご利用いただけます。

パーソルキャリアは大手転職エージェントサービス「DODA」を手がけている事もあり、企業とのコネクションも強いのが特徴。ファッション・アパレル業界への独自のパイプを持っており、求人数も非常に多いです。

大手アパレルブランドはもちろん、「セレクトショップ」「インポートブランド」「外資系ブランド」と様々な求人が準備されています。

【クリーデンスの参考企業一覧】
・BUYMA
・STUDIOUS
・ビームス
・マークスタイラー
・ユナイテッドアローズ
・ISSEY MIYAKE
・SAINT LAURENT
・SACAI
・TASAKI

誰もが知っているような有名ファッションブランドの求人も取り扱っており、毎年多くのマッチングを行っています。取り扱いの企業数は2,800社にも及ぶので、アパレルやファッション関係のいい転職先が見つかります。

クリーデンスでは、無料登録を行えば転職エージェントのサポートも受けられるようになります。ファッション業界に精通した人たちから、生のアドバイスをもらえるので就職・転職率は高くなります。

常時1000件以上の非公開求人も用意しているので、ファッション・アパレル業界への転職を考えているのであれば、必ず登録しておきたいサイトです。

【関連記事】・アパレルやファッション関係におすすめ転職サイト&転職エージェント

 

スポンサードリンク

3,アパレルを辞めるべきタイミング

仕事を辞める時って、意外とタイミングが難しいです。続いては、アパレルの仕事の辞めるタイミングについてご紹介します。

 

働く価値を見出せなくなった時

仕事を続けるのって、何かかしら仕事に対しての働く理由を見出せるかどうかです。


・洋服が好きでたまらない
・今は服の勉強をして、将来自分でお店を持ちたい
・今の職場が好きだ

上記のようにアパレルで働いている理由があると、仕事を続けることができます。しかしこの「働くべき理由」がなくなってしまったら、それは辞めるべきタイミングなのかもしれません。


・服に興味がなくなってきた
・上司が変わって今の職場が嫌いになった
・もっと別でやりたいことが見つかった

 

自分に合わないと感じた時

「自分には接客業は向かない・・」このように自分自身で感じてしまった時も、辞めるべきタイミングなのかもしれません。「もう少し頑張ってみよう」という気持ちが少しでもあれば別ですが、自分の中でもう諦めがついてしまっている時は辞め時です。

 

ストレスで崩壊しそうな時

仕事をしていると、知らず知らずにストレスが蓄積しています。ここで危険なのは、”無理して仕事を続けてしまうこと”です。

「すぐに辞めたら周囲にバカにされる」
「やっと就いた仕事だから簡単には辞められない」

このように感じてしまうのは分かりますが、仕事のせいで病んでしまったりうつ病になる人は大勢います。「限界だな・・」と感じたら、すぐに自分に合った仕事に転職する事をおすすめします。

 

新卒採用のタイミング

新卒が入ってくるタイミングであれば、人手は増えるし仕事を辞めるいいタイミングと言えます。ただし、新卒が入ったからすぐに辞めるのではなく、その新人がある程度育った段階がベスト。

そうすれば会社側にも迷惑が掛からないし、無理に引き止められる事もないでしょう。前もって辞める事を伝えておいて、職場に人が入り余裕のある時が仕事を辞めやすいです。

 

4,転職するなら希望内容を明確にする

もし解決策が見つからなければ、転職を考える必要があります。そこで考えて欲しいのが、「次はどういった仕事に就くのか?」です。


・給料重視で考える
・接客業以外の仕事に就く
・土日休みの仕事を探す
・もう一度別のアパレル会社に就職する
・美容師など全く別の仕事を始めてみる
・何でもいいから楽な仕事を選ぶ

転職では、自分なりの妥協できるポイント、妥協したくないポイントを決めておくことが大切。

そうすることで希望に沿った仕事が見つかるし、「転職で高望みをしすぎて仕事が見つからない」といった”リスク”を回避できます。

「高い給料に土日休み、楽で残業のない仕事!」このように何でも高望みすると、いつまで経っても仕事が見つかりません・・・

 

5,働きながら転職活動をする

ちなみに転職する場合は、今の仕事を続けながら転職活動をすることをオススメします。

仕事を辞めてからハローワークなどに通うと、一時的に無職になってしまい、気持ちに焦りが出てしまいます。

そういった環境で転職活動をしていると、希望にあった仕事を見つける前に妥協して転職してしまうことがあります。

結果的に、またどこかで嫌気がさして、転職を繰り返すことになります。

ちなみに、仕事を続けながら転職活動を行うには、「転職エージェント」というサービスを使うことになります。私のオススメの転職エージェントは、下記の3つになります。

 

転職ならリクルートエージェント(転職エージェント)


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

既卒、フリーターの方にオススメしたいジェイック

【公式サイト】
ジェイック

ジェイックを使えば、無職やフリーターの方でも正社員として就職できます。こちらの転職エージェントでは、既卒やフリーターの方を積極的に支援しています。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

【ジェイックの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

非公開求人が多いマイナビエージェント



【公式サイト】
マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国展開する転職エージェントです。リクルートエージェントに比べると求人数が少なく、やや規模は小さめとなります。

ただし8割以上が非公開求人となっており、他のエージェントでは見つからない求人が多数載っているので、別の転職エージェントと併用して使うのがオススメです。

20代の若手に対して積極的にサポートを行っており、「20代既卒」や「20代社会人」であれば手厚いサポート体制が期待できます。

【マイナビエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

6,まとめ

以上です。今回はアパレルの仕事を辞めたいと感じた場合の、理由や対処法、おすすめの転職方法などについてご説明しました。

アパレルは離職率が40%と非常に高く、辞めたいと感じる人は非常に多いです。周囲の目線を気にしたり、「意地」や「プライド」だけで仕事を続けても、何の解決にもならないです。

本当に辞めたくなった場合や、働く意味が見出せない場合は転職を考えましょう。無理して体を壊してしまうと、次の仕事を見つけるのも大変ですからね。やはり健康第一です。

【関連記事】・アパレルやファッション関係におすすめ転職サイト&転職エージェント

【関連記事】・【クリーデンス】アパレルに強い転職エージェント!口コミや評判、使い方

 

キャリコネで企業調査を行う

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

これから転職先を探す場合は、まずはキャリコネで企業の口コミをチェックしておきましょう。それだけでも人間関係が良好な職場に入社できる確率が高まりますよ。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

   

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*