FXのデイトレで買えば下がり売れば上がるのは何故?原因や理由を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
lgf01a201312190200

FXの初心者の頃にありがちなのが、「買ったら下がり売ったら上がる」といった不思議な現象。誰か自分がエントリーしたのを見ているのではないか?とさえ思えてしまいますよね。今回はこのようなことが起こる原因や理由を解説します。

スポンサードリンク


目次

1,必ず遭遇する不思議な現象
2,エントリーポイントが実は利確ポイント
3,都合の悪いことは印象深い
4,相場の方向性がつかめていない
5,スキャルピングなどのノイズ
6,客観的に見れていない
7,まとめ


 

1,必ず遭遇する不思議な現象

FXのデイトレを行っていれば、必ず「買えば下がり売れば上がる」という現象に遭遇します。これはどんなトレーダーでも初心者の頃には一度は経験しているはずです。

こう感じているということは、おそらくまだ相場で力がついていないということでしょう。いくつかの理由をあげますので、次からはそれらの理由を考えながらトレードしてみましょう。

 

2,エントリーポイントが実は利確ポイント

初心者トレーダーにとって「よし!やっとエントリーポイントに来た!」と感じていても、それは勝ち組トレーダーにとっては、”利益確定ポイントだった”ということは多々あります。

FXはゼロサムゲーム

忘れてはいけないのが、FXはゼロサムゲームだということ。FXのトレードにおいて儲かっている人がいるならば、必ず反対では損をしている人が存在します。

しかもそれはほとんどの場合「トレード初心者」が多いです。勝ち組トレーダーは負けているトレーダーの心理を深く理解しています。


・負けているトレーダーはどこでエントリーするのか?
・負けているトレーダーはどこで損切りするのか?

こういったことを常に考えています。ですので初心者がエントリーするところで、勝ち組トレーダーは利益確定を行っていることが多いです。

初心者がロングしたタイミングで勝っているトレーダーは利益確定(ショート)する。ショートの数が増えれば自然と下落していきますよね。これが「買えば下がり売れば上がる」に繋がってくるんです。

自分の考えを読む

これを回避するには自分(負けているトレーダー)の心理や行動を理解する必要があります。例えばロングでポジションを持つ時、エントリーするのが遅すぎませんか?

チャートの形を待つことは大切ですが、誰にでも分かる”あきらかなロングポイント”であれば、それは初心者がエントリーするポイントになります。

勝ち組トレーダーはその前にすでに仕掛けており、初心者が入ってくるタイミングを狙って、売って利益を出してしまいます。トレードで勝つには、常に先手先手で動く必要がありますね。

 

スポンサードリンク

3,都合の悪いことは印象深い

FXのチャートでは上に行くか下に行くか、それとも横に動かないかの3つしかありません。エントリー後に横にずっと動き続けるということはありませんよね?

必ずどこかのタイミングで上か下にいき、損切りか利益確定が行われます。この確率は単純に考えれば2分の1。買ったら下がり、売れば上がる確率は50%は最低でもあるんです。

都合の悪いことは覚えている

基本的に人間は、都合の悪いことは印象に強く残り易いです。実際は買ってから上がったことと、買ってから下がったことが起きていても、後者のインパクトが強く頭の中に残ってしまっています。

さらに一般的に「買ったら下がり、売ったら上がる」という言葉が出回っているため、「自分もそうだ!」と思い込んでしまいます。

あきらかに勝率がいい敏腕トレーダーでも、同じような事を言っているのを見かけます。実際は勝率が50%を超えているし、「買ったら下がり売ったら上がる」なんてことはありえないんですよね。

ただ自分の都合の悪いことが起きて、それが頭にこびりついており、同じことが起きると「まただ!」と錯覚しているだけなのです。

 

4,相場の方向性がつかめていない

FXの初心者であれば、環境認識、つまり相場の方向をしっかり掴めていない人がほとんどです。短期チャートで見れば上昇相場であったとしても、時間軸を広げてみたら下落相場だった。なんてこともしばしばあります。

相場はどうしても大きな時間足に左右されやすいので、短期チャートばかりに目が行くと正しい環境認識ができなくなってしまいます。

常にエントリーチャート以外の時間足もチェックしよう

ドル円の15分足でエントリーするのであれば、30分足、1時間足、4時間足、日足など、様々な時間帯のチャートをチェックするのは最低限必要です。

そうすることで大きな時間足に逆らったエントリーを防ぐことができます。

相場の癖を知る

例えばブレイクしたらそのままグングン動くこともありますが、大抵は一度落ちてきて戻りがあります。それを知らずに「ブレイクしたからロング!」とエントリーしてしまうと、一旦利食いが始まり下落になり、損切りさせられてしまう。これはデイトレを行っていれば、知っておかなければいけない”相場の癖”です。

他にも「前日下落相場の場合、次の日もその流れを受け継ぎ易い」など、相場にはいくつかの癖が存在します。それを知らずに毎回同じ所でトレードしてしまうと、「買えば下がり売れば上がる」といった経験をすることになります。

 

5,スキャルピングなどのノイズ

大きな時間足ではあまり起こりませんが、スキャルピングなどを行っていると「ノイズ」が頻繁に発生します。特に1分足はひどく5分足でもたまに見受けられます。

ノイズとは瞬間的に動くことをいい、安定感のない無駄な動きを指します。「だまし」などとも呼ばれており、ブレイク地点で抜けたと思わせて、ヒゲをつけて戻ってくることも「ノイズ」と呼ばれます。

1分足では上下に激しく動いており、ノイズだらけのチャートだと言えます。ここではトレードラインなども機能しづらく、買ったら下がり、売ったら上がるなんてことは常に起きています。

 

6,客観的に見れていない

FXのチャートは客観的に見れないと絶対に勝てません。特に激しく負ける人は、「感情」で取引していることがほとんど。

こういった人は勝っているトレーダーのいいカモになり、エントリーすべき所でない場所でポジションを掴みがちになっています。

感情的になった時はエントリーを控える

一度損切りしてしまい、「悔しい!」「取り返したい!」となった時は、エントリーを控えることをオススメします。こういったことをルールとして決めておくと、バカみたいに負けることが減り、勝つことに一歩近づけます。


「熱くなったときは出来るだけ取引を控えよう・・・」

この程度の考えですと、すぐに同じ事を繰り返してしまい、大きく損をするでしょう。ノートなどに「取引ルール」を書いておいて、必ず守るように癖を付けておくことが大切です。

 

7,まとめ

以上です。今回はFXのデイトレで「買えば下がり、売れば上がる」原因や理由についてまとめてみました。感じ方などもありますが、毎回このような現象が起こるということは、トレードがまだまだ初心者という可能性が高いです。

しっかり環境認識ができて、勝てるポイントでエントリーできれば、こういった現象は減っていくはずです。私も以前はFXのデイトレードで、「買えば下がり、売れば上がる」ということが頻繁に起きていました。

しかしトレードに真剣に向き合って、人の心理なども考えるようになり、このように感じることは減りました。それでも多少は感じる時がありますが。

そういった時は「今は相場とあっていない」と考え、ちょっと休憩したり、その日のトレードを休んだりしています。

 

FX始めるならDMMFXがオススメ!

DMMFXは取引ツールがとってもシンプルで見やすいです。直感的に使いこなせるようになるので、初心者の方にもオススメです。口座開設は無料で出来ます。

さらに今なら口座開設後、500ロットの取引を行えば20,000円のキャッシュバックつきです!

FXを始めるなら≪DMM FX≫!

 

スキャルピングがOKなJFX!

スキャルピングで稼ごうと思っているのであれば、断然JFXがオススメ。スキャルピングは口座凍結の恐れがあるので、スキャルピングOKな会社を選ぶようにしましょう。

JFX株式会社

 



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*