FX(為替)でファンダメンタルズの予想は無意味!テクニカルで予想しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Forex-2

FXをやっていると、「来週は上昇相場になりそうだな・・」などと予想をしているトレーダーがたまにいます。FXは上がるか下がるか予想をする必要がありますが、実際には予想が無意味なことが多々あります。

スポンサードリンク


目次

1,ファンダメンタルズで予想をすることについて
2,予想することでバイアスが掛かる
3,テクニカルで予想する
4,ファンダメンタルズが必要なこともある
5,まとめ


 

1,ファンダメンタルズで予想をすることについて

ファンダメンタルズに重きを置いて、デイトレードを行っている人もいると思いますが、個人的にはファンダメンタルズで相場を予想するのは無意味だと考えています。

ファンダメンタルズとは

そももそもファンダメンタルズとは何なのでしょうか?ファンダメンタルズとは経済指標やニュース、世界情勢などから相場を予想することです。

経済アナリストでさえ分からない

テレビによく出てくる経済アナリストも、ファンダメンタルズを使い毎日相場の予想をします。経済アナリストは頭がいい学者タイプの人が多く、相場に関しての専門性では右に出る人はいないでしょう。

こういった方が朝から晩まで考えても、相場の予想はあっさり外れます。経済アナリストでFXトレードをガンガン行っている人って、あまり聞いたことがありませんよね?

それは予想を外すからです。さらに言えば自分の予想に自信を持っていない。もちろんこれはトレーダーであっても同じです。

毎月億稼いでいるトレーダーでも、来週の相場を予想したところで、毎回当てることはできないでしょう。

相場は複雑すぎる

為替相場は原油や各国の通過、金などの様々な影響される要素を秘めています。これらをすべて考慮して、相場が上がるか下がるか予想するのは正直無理です。

結果的にファンダメンタルズで相場を予想することは、一種のギャンブルとなってしまいます。

 

2,予想することでバイアスが掛かる

ファンダメンタルズを使って相場を予想すると、考えが片方に固まってしまい無駄なバイアスが掛かってしまいます。「来週は上昇相場だ。」と予測をしてしまうと、ロングのことしか考えなくなります。

実際下落相場になってもバイアスが抜けることはなく、どこでロングをしようか考えます。こういったことが負けに繋がってしまうんですよね。

デイトレーダーがファンダメンタルズで予想することは、バイアスを生み出すので非常に危険なことなのです。

勝ち組トレーダーは臨機応変

ちなみに勝ち組トレーダーはこういった予想をしない人が多いです。チャートに素直に従うようにしており、下落相場であれば下落についていくし、上昇相場であれば上昇についていきます。

その時々の相場の読みを大切にしており、自分の考えがいかに当てにならないかを理解しています。勝つためにはまず、相場に従わなければいけないことを頭に入れておきましょう。

 

スポンサードリンク

3,テクニカルで予想する

デイトレーダーであれば「テクニカル」を用いての予想が効果的です。同じ予想でもテクニカルは、直近の動きを予測するので、外れても切替が早いです。

テクニカルとは

テクニカルとはFXのチャートをもとに動きを予想することをいいます。統計的な数字を頼りにしており、チャートの過去のデータやインジゲーターなどから相場を予想します。

テクニカルで大切なのは確率

もちろんファンダメンタルズであろうが、テクニカルであろうが、相場を予想していれば外れることもあります。そこで大事なのは、「確率」です。

テクニカルを使うと、この確率をある程度高めることが出来ます。過去のデータや自分の感覚で、勝率の高い方にエントリーすればいいんです。

・上昇相場でWの動きをした場合は、過去のデータを見ても上昇することが多い。

こういった考えをもとに、自分がエントリーするべき勝率の高いポイントを探していきます。ここからは検証をして、その仮説をトレードに組み込んでいく必要があります。

勝率が高い手法が見つかれば、それを使って積極的に取引していきましょう。

シンプルに考えよう

テクニカルを使っているトレーダーは多いです。よく勘違いを起すのが、「勝ち組トレーダーは特殊なチャートやインジゲーターを使っている」こういった馬鹿げた発想です。

どれだけ稼いでいるトレーダーも、特殊なものは使っておらず、皆同じようなツールを使っています。チャートやインジゲーターなど、表示するテクニカル指標で勝とうとするのが間違いなんです。

テクニカルはあくまで指標にすぎず、シンプルで分かりやすいものを使うべきです。

常にあらゆる角度から相場を見る

自分の思惑と違った方向に相場が進んだ場合、一度トレードするのをやめて相場を見直してみましょう。意外と自分の相場観がずれており、「上昇相場だと思っていたら実は下降相場に変わっていた!」なんてこともありますよ。

 

4,ファンダメンタルズが必要なこともある

デイトレーダーはテクニカルを重要視するべき!と提唱しましたが、実際にはファンダメンタルズが有効的な場合も存在します。

あきらかに好材料なもの

例えばアベノミクス相場。ずっと円高相場が続いていましたが、安倍首相にかわったことで円安への政策を打つことが期待されました。

すると見る見るうちに円安が進み、あっという間に円安相場へとなっていきましたよね。こういった分かりやすい材料は、素直に方向感が出ることが多いです。

長期的に相場を見るとき

ファンダメンタルズはどちらかというと、「長期的な相場」に強いと言われています。逆にデイトレードのような短期相場であれば、「テクニカル」が強いと言われています。本格的な長期投資を行う場合は、ファンダメンタルズを中心に考える必要があります。

人の予想でエントリーしない

よく初心者のトレーダーの方にいらっしゃるのですが、「他人に意見を聞いてエントリーする」といったやり方。相場が詳しい人であれば予測できるだろうと思っていますが、それは危険すぎます。

仮に当たれば、「さすがだ!またあの人の予想を聞こう!」となりますし、外れれば「あの人の予想を鵜呑みにしたせいで負けた・・・」このような結果になります。

どちらにしても自分のスキルが上がるわけでもなく、安定的に勝ち続けることもできません。こういった行為は時間の無駄になるので、やめておきましょうね。

 

5,まとめ

今回はFX(為替)のデイトレードをするなら、テクニカルで予想するのがオススメな理由をまとめました。もちろんファンダメンタルズだけで勝ち続けている人もいると思いますし、否定するつもりはありません。

私が知る限りでは短期のトレードを行う時は、ファンダメンタルズではく、テクニカルを用いた方が勝っている人が多いというだけです。

自分に合った勝つ法則を見つけることが、トレードで勝てるようになる一番の近道です。

 

FX始めるならDMMFXがオススメ!

DMMFXは取引ツールがとってもシンプルで見やすいです。直感的に使いこなせるようになるので、初心者の方にもオススメです。口座開設は無料で出来ます。

さらに今なら口座開設後、500ロットの取引を行えば20,000円のキャッシュバックつきです!

FXを始めるなら≪DMM FX≫!

 

スキャルピングがOKなJFX!

スキャルピングで稼ごうと思っているのであれば、断然JFXがオススメ。スキャルピングは口座凍結の恐れがあるので、スキャルピングOKな会社を選ぶようにしましょう。

JFX株式会社

 



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*