パソコンを使う仕事特集。パソコンが得意、好きな人にオススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パソコンが得意な人であれば、「パソコンを使う仕事」がオススメです。例えば、事務職、プログラミング職、クリエイター職といった職業ですね♪今回は知っているようで意外と知らない、パソコンを使ったオススメの仕事・職業についてご紹介します!

スポンサードリンク

現代社会において、仕事で>パソコンを使うのは当たり前になりました。

オフィスワークであれば当然パソコンを使うし、「外仕事」「工場」などでも、パソコンを使う機会が増えました。

どんな仕事でも「データ入力」「仕事のスケジュール管理」「エクセルやワードを使った表作り・資料作り」などは、基本的に全てパソコンを使って行います。

例えば営業マンの仕事でも、営業だけでなくパソコンを使ってプレゼンの資料を作ったりしますよね?

このように最近では、どの職業においてもほとんどの仕事でパソコンを使います。ただしその中でも「パソコンを使う頻度が多い仕事」が存在します。

今回は専門的なスキルがなくても働けるパソコンを使う仕事から、特別なスキルが必要な仕事まで紹介するので、是非参考にしてくださいね!

 

1,スキルが無くても働けるパソコンを使う仕事

まずは未経験者でも働ける、パソコンを使う仕事をご紹介します。専門的なパソコンスキルがなくても働ける仕事はたくさんあります!

パソコンを一通り操作できる段階で働ける「職業」を、まずは一緒に見ていきましょう。

【スキルが無くても働けるパソコンを使う仕事】
●通販・ネットショップ関係
●事務職
●WEBライター
●アフィリエイター
●ヘルプデスク・コールセンター
●その他オフィスワーク全般

 

スキルが無くても働けるパソコンを使う仕事1:通販・ネットショップ関係

通販ネットショップの仕事は、主にパソコンを使った仕事となります。お客さんからの受注を管理したり、簡単な画像編集やページ作成を行います。

突き詰めれば「HTML」「CSS」といったプログラミングも行いますが、画像編集などであればアルバイトでもすぐに始められます。

出荷作業や商品撮影などもありパソコン作業のみではありませんが、一日の大半は机に座りパソコン操作となります。

未経験者でも活躍できる職場がほとんどです!最近ではネットショップ関連の求人が増えているのでオススメです。

 

スキルが無くても働けるパソコンを使う仕事2:事務職

事務職はパソコンでの「データ管理」「資料作成」「仕分け」「数字の管理」などを行うのが主な仕事です。

事務職といいましても、「一般事務」「医療事務」「会計」「経理」と様々な仕事があります。会社によってやることは違いますが、どれもパソコンを使っての仕事となります。

「エクセル」「ワード」などを使えると就職で有利です。事務職は女性から人気のある職業の1つです。

 

スキルが無くても働けるパソコンを使う仕事3:WEBライター

WEBライターの仕事は、パソコンで文字のタイピングを打つ作業がほとんどです。ライターは自分で副業として始めてもいいし、会社に入り、企業ブログなどの更新を行うのでもOK。

”パソコンのスキル”というよりも、文章力であったりタイピングスピードなどが重要視されます。

ライティング作業は毎日文章をタイピングしていれば、少しずつ上達していきます。基本的にキーボードを打てれば誰にでも出来て、パソコンに弱い方でも気軽に始められます。

専門知識やパソコンに関する高度な知識は一切必要ありません。

 

スキルが無くても働けるパソコンを使う仕事4:アフィリエイター

アフィリエイターは、他社の商品を販売して利益を得る仕事です。個人で始められる方も多いですが、企業でライターとして求人を募集している事もあります。

仕事内容としては主に、文章やページのデザインを構築していきます。

それ以外にも上手く商品を紹介する文章力や、マーケティング力が必須になります。タイピングさえできれば、後は文章を打ち経験を重ねていくことで、文章力やマーケティング力がついていきます。

 

スキルが無くても働けるパソコンを使う仕事5:ヘルプデスク・コールセンター

企業のヘルプデスクやコールセンターの仕事でも、パソコンを使う事が非常に多いです。オペレーターは電話を通してお客様の問い合わせに対応していきます。

オペレーターは全ての知識を頭に入れておく事はできません。電話対応を行いながら、パソコンを使って情報収集を行い対応していきます。

特別なスキルは必要ありませんが、クレーム対応や営業などを行うため、接客業のような一面もあります。

 

スキルが無くても働けるパソコンを使う仕事6:その他オフィスワーク全般

基本的にオフィスワーク全般であれば、パソコンを使っての作業となります。

今回ご紹介した仕事以外でも、求人に「オフィスワーク」「デスクワーク」といった記載があれば、それはパソコンを使った作業であることがほとんどです。

興味がある分野でのオフィスワークを探せれば、パソコンを使って好きな仕事を始める事ができます。

パソコンを使った職場では、未経験者を待遇している場所も多いので一度転職サイトなどを確認してみるといいですね。

 

2,専門的なスキルが必要なパソコンを使う仕事

続いては、働く上でパソコンのスキルが必要になってくる仕事をご紹介します。パソコンのスキルとは例えば「プログラミングスキル」「デザイン力」「専門のソフトを使うスキル」などです。

こういった専門的なスキルを持っていれば、パソコンを使う仕事でも、よりクリエイティブで自分にしか出来ない職業に就く事ができます。

【専門的なスキルが必要なパソコンを使う仕事】
●映像クリエイター
●プログラマー
●WEBデザイナー
●システムエンジニア
●CGデザイナー
●ゲームクリエイター
●パソコン整備士
●パソコンインストラクター

 

スキルが必要なパソコンを使う仕事1:映像クリエイター

「映像クリエイター」の仕事は、パソコンが好きな人に向いています。

このようなクリエイティブ系の職業は、パソコンを使ってデジタル上で作品を作るため、実際に絵を書けなくても大丈夫です。その代わり専用のソフトやデジタル機材、アプリなどを使って、映像を編集する能力が必須となります。

「Adobe Premiere Pro」「Wondershare」「Filmora」といった、動画編集ソフトを使いこなせなければいけません。

 

スキルが必要なパソコンを使う仕事2:プログラマー

プログラマーは、WEBの設計やページ作成などをプログラミングするスペシャリスト。プログラマーはパソコンを使ってプログラミングを行います。

HTML・CSSなどの基本的なプログラミングだけでなく、「Java」「PHP」など、扱える言語が多ければ多いほど強いです。

システムエンジニアが設計したシステムを、プログラミングを使いプログラマーが動作の実現を行っていきます。バグの対処なども必要になってくるので、本格的なプログラミングスキルが必要です。

【オススメプログラミングスクール:CodeCamp】
CodeCampはオンラインでプログラミングを勉強できるサービス。プロの現役エンジニアが個別指導を行なってくれるので、質問もできて成長が早いです。無料でレッスンを体験する事ができるため、プログラミング初心者の方でも気軽に受けられます。ネット上で希望の日時を指定するだけでOK。
 
プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

プログラミングができるようになれば、ゲームやアプリを開発したりWEBページを作る事も可能になります。様々な仕事に活かせられるので、就職面で非常に有利です。

 

スキルが必要なパソコンを使う仕事3:WEBデザイナー

パソコンを使ったデザイナーの仕事には、「WEBデザイナー」という職業も存在します。WEBデザイナーの仕事は、ホームページの構成やデザインを考えるのが主な仕事内容です。

デザイン全般に対する知識はもちろんですが、フォントの雰囲気、カラーバランスなど、様々な視点からサイト設計を行わなければいけません。

プログラマーほどの知識は必要ないですが、最低限度の「HTML」「CSS」の知識を頭に入れておく必要があります。

 

スキルが必要なパソコンを使う仕事4:システムエンジニア

システムエンジニアは、パソコンのシステムを開発・設計する仕事です。顧客や別のエンジニア・プログラマーとコミュニケーションを取りながら開発を進めます。

パソコンを使ってプログラムやシステムの構築を考えたり、様々な検証や動作テストなどを行います。

システムエンジニアが考えたシステムを、プログラマーが実際にプログラミングしていきます。

 

スキルが必要なパソコンを使う仕事5:CGデザイナー

CGデザイナーとは、WEB上で映像やイラストを作る仕事です。CGデザイナーは、映画やゲーム業界で活躍できる職業となります。

 

スキルが必要なパソコンを使う仕事6:ゲームクリエイター

ゲームクリエイターの仕事は、ゲームの立ち上げから中身の製作にまで携わる仕事です。ゲームと言っても一般的なゲームソフトだけでなく、スマホのゲームアプリの開発なども行います。

ゲームクリエイターでも、プランナー、ディレクター、プロデューサーなど様々な仕事が存在します。

 

スキルが必要なパソコンを使う仕事7:パソコン整備士

パソコン整備士の仕事では、お客様の依頼を受け「パソコンの点検」「パソコンの故障診断」「トラブル解消」などを行います。

パソコン整備士は「パソコン販売店」「家電量販店」「メーカー」などが勤務先となります。働くにはパソコン整備士の資格が必要になります。資格は3級~1旧に分かれており、数字が小さくなるにつれて、より高度で専門的な知識が必要です。

パソコンの構造に対する知識はもちろん、セキュリティーやネットワークなど、様々なパソコンに関する知識を勉強しなければいけません。

 

スキルが必要なパソコンを使う仕事8:パソコンインストラクター

最後にご紹介するのはパソコンインストラクターの仕事です。

パソコンのインストラクターとは、お年寄りやパソコンの初心者に向けて、パソコンの基本的な使用方法を教えたり、資格取得などを支援するのが主な仕事内容です。

 

スポンサードリンク

3,パソコンを使った仕事のメリット・デメリット

 

メリット1:お客さんを相手にしなくてもいい

・販売職
・営業
・サービス業

これらの仕事は主にお客さんを相手にして仕事を行います。クレームノルマによるストレスを抱えており、精神的にはかなり疲れます。

パソコンを使った仕事であれば、対人関係はほとんどありません。同僚や上司との最低限度のコミュニケーションは必要ですが、クレームやノルマに悩まされないので気持ちが楽です。

 

メリット2:体力面で楽!

デスクワークは座っているだけなので、体力面では非常に”楽”です。外仕事や運送業のように、体力の使う仕事に嫌気が差した人にはオススメ。

職場は空調設備も整っており、気温で辛い思いをすることもありません。夏場の暑い時期や寒い冬に外で仕事をするのは、体力面でかなり辛いですからね・・・

 

デメリット1:覚える事が多く大変

パソコンでの作業はパソコンの操作方法はもちろんですが、「ソフト」「エクセル」などの使い方も覚えていかなくてはいけません。

プログラマーやデザイナーであれば、日々専門のスキルを学び続ける必要があるし、覚える事は山のように存在します。

 

デメリット2:デスクワークなので体力が低下する

パソコンを使った作業は、ほとんどの時間を座って過ごします。「腰痛」「肩こり」「目の疲れ」などを持っている人が多く、体力も低下していきます。

日頃からジムに通ったりストレッチをするなどして、体を労わることが大切です。

特に年配になると「腰痛」や「肩こり」持ちが多いので注意しましょう。

 

4,転職エージェントでパソコンを使う仕事をチェックする



「パソコンを使った仕事に転職したい!」
「パソコンを使う職業って実際どんな求人があるの?」

このように考えているならば、転職エージェントを使ってみるのがオススメ!転職エージェントをつかえば、現在の仕事を辞めずに済みます。

すぐにでもパソコンを使った仕事の求人情報を見れますので、興味があれば無料登録してみて下さい。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,まとめ

以上です。今回はパソコンを使う仕事や、パソコンが得意な人にオススメの職業についてご紹介しました。

営業や販売職、サービス業など対人関係が苦手な方であれば、パソコンを使った仕事に転職したいと考える方が多いです。パソコンを使った仕事は、肉体的な体力は必要ないしお客さんと関わることもほとんどありません。

データ管理やプログラミングなどは細かい作業ですが、パソコンさえ上手く使えれば勤まります。

興味がある方は転職エージェントに無料登録してみて、実際にどういった求人があるのかチェックしてみましょう!

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*