DENAショッピングがKDDI社へ事業譲渡、出店店舗に与える影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
pak85_kuronorinobunsyou20140905_tp_v

2016年10月6日にDENAのショッピング事業がKDDI社へ事業譲渡されました。長年DENAショッピングで出店してきましたので、驚きました。

スポンサードリンク

前回のブログでも書きましたが5年以上はDENAショッピングで販売をさせてもらっており、長年お世話になっているショッピングモールです。出店店舗からすると、今後どのようなモール体型になるのか少し心配です。

しかしKDDI社が力を入れてくれれば、さらに売上が伸ばせるかもしれませんね。


目次

1,DENA社はショッピング事業をなぜ譲渡したのか?
2,今後KDDI社が運営するDENAショッピングはどうなる
3,出店店舗に与える影響は?
4,私のDENAショッピングでの今後の販売方法


 

DENA社はショッピング事業をなぜ譲渡したのか?

そもそもなぜDENA社はKDDI社に、ショッピングモールを事業譲渡したのでしょうか?
何かの戦略かショッピング事業自体が厳しいのか?

 

DENA社の営業利益の低下

DENA営業利益推移

DENA社の営業利益はグラフでもわかりますが、年々低下しています。

ショッピング単体でいくと、2017年3月期第1四半期決算によると、EC事業の売上高は46億3600万円(前年同期比6.9%減)、営業利益3億8200万円(33.5%減)という結果になっています。

ECモールの王者の楽天でさえも売上の伸びが鈍くなっています。DENAショッピングで売上や利益が落ちているのはしょうがないかもしれませんね。

・資料請求はコチラから⇒楽天市場

 

DENAショッピングの株式売却で別事業に投資するため

DENAショッピングの全株式をKDDI社に売却したので、相当な額の現金が入ってくるかと思われます。別事業への投資を狙っている可能性もありますね。

昨今では「MERY」や「iemo」と呼ばれるキュレーションサイトをDENA社は買収したので、そういった分野に投資していくのかも知れませんね。

 

2,今後KDDI社が運営するDENAショッピングはどうなる

DENA今後

今後はKDDI社がDENAショッピングモールとauショッピングモールを運営することになりますが、出店店舗としてはどういった方針で進めていくのか気になる所です。

 

DEコマースという子会社を設立する

元々DENAショッピングは株式会社ディーエヌエーが、auショッピングは株式会社モバオクが運営していました。新たにDEコマースという子会社を設立して、DENAショッピングとauショッピングモールの運営を一本化するそうです。

その全株式をKDDI社が保有することになります。

 

ヤフーショッピングのように出店手数料の廃止や出店費用の変更

ヤフーが2013年に出店費用を無料化して、店舗数や流通総額をどんどん伸ばしています。ヤフーショッピングの収益体制は、広告やポイントなど別のところにシフトしたことになります。

これによって既存店が売上を上げているかは怪しいところですが、(知っている限り売上を落としている)毎月の費用が減ったというのは助かります。

しかしそれ以上に店舗が何倍も増え、広告を出さなくては売れないしデメリットが大きくなったように感じます。DENAショッピングがこの状態を知っていればいいのですが、知らずに同じように無料化してしまうと大変なことになりそうです。

 

最悪DENAショッピング事業自体がなくなることも視野に

最悪のシナリオとしてはこのままDENAショッピング事業が低迷して、KDDI社も撤退するということです。停滞しているショッピングモールなので全然ありえる話だと思います。

DENAショッピングに売上が依存している出店店舗は気をつけなければいけませんね。DENAショッピングに限った話ではないのですが、1つのモールに依存しすぎる店舗運営は非常に危険です。

ヤフーショッピングがいい例ですが、無料化にして既存の出店店舗で売上がガクッと落ちているところもあります。私のお店も以前の半分くらいになっています。

ショッピングモールの方針次第で売上が左右されますからね。

 

スポンサードリンク

3,出店店舗に与える影響は?

DENAショッピングが出店店舗に与える影響

 

DENAショッピングモールの責任者やECコンサルタントはそのまま継続される

DENAショッピングに出店している店舗にとって重要なのは、ECコンサルタントの存在です。ECコンサルタントが各店舗のケアをしており、広告の販売もそうですがコンサルタント次第で売上が左右されます。

ショッピングモールの出店店舗にとって、ECコンサルタントが与える影響は絶大なものです。

DENAショッピングのECコンサルタントに変更はないようなので、その点については一安心ですね。

 

トップは変わるので事業方針が変わる可能性はある

ECコンサルタントは変わらなくても、トップが替わるので事業方針が変わる可能性はあります。どうなるかはまだ分かりませんが、KDDI社が力を入れてくれればいい方向に転がる可能性もありますね。

最近のDENAショッピングはとても「売れるモール」とは言えないので、集客などに力を入れてもらえると出店店舗としては助かります。

KDDI社もEC事業を見限って完全に放ったらかしにされた場合、出店店舗はDENAショッピングの撤退も視野にいれなければいけませんね。

 

4,私のDENAショッピングでの今後の販売方法

今後どうなるかわかりませんが、無理に広告費などに投資をせず運営していくつもりです。確実に利益が出ている間は撤退しませんが、ヤフーショッピングのような戦略で売上が大幅に落ちれば考えなければいけません。

ショッピングモールが出店店舗に与える影響は大変大きなものです。そういう意味で1つのモールに依存するのは危険なんですよね。

【※今なら出店無料】
KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)

 

ネットショップ出店なら楽天がオススメ!

楽天はECモールの中でも最大級の規模です。ネットショップを出店するなら、楽天は一番オススメです。資料請求は無料なので、一度料金や体制を確認してみましょう。

⇒【楽天市場】出店案内はこちら


 

ネットショッピングの仕入先はネッシーがオススメ!

ネットショッピングを運営するなら、「ネッシー」での仕入れをオススメします。
業界最大手で、ジャンルを問わず様々な商品を仕入れることが可能です。
費用は一切掛からず、開業前でも使えるのが嬉しいですね。無料会員登録すれば、商品の仕入れ価格が見れるようになります。

ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)


 

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





「Wowma!ワウマ」に無料出店しよう!

ワウマは現在急成長しているショッピングモールの1つ。初期費用や月額手数料が無料なので、ネットショップを運営しているのであれば出店するべきです。

【※今なら出店無料】

KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*