ヤフオクはもう売れない、売れなくなった?アパレル販売者が語る現状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

以前は副業として人気のあった、ヤフーオークション。私が販売していた当時は、出せば売れる状態だったので「いらない物はとにかくヤフオクで販売しろ!」と言ってました。

スポンサードリンク

実際にネットショップでは値段がつかない商品も、ヤフオクでは購入者がいました。一種の在庫処分のような形ですね。もちろん、ネットショップで定価で売っている以上の値段が付く事もありました。

しかし最近では、「ヤフオクが売れない!」「ヤフオクはもう売れなくなった・・」こういった悲観的な意見が増えてきましたね・・・

 

1,私が5年前にヤフオクで販売していた話

私は5年以上前にヤフオクで商品を販売していた経験があります。これはネットショップの傍ら、事業として行っていました。

当時はヤフーオークションだけで毎月40万円くらいの売上があり、そこそこ利益も取れていました。売っていた商品は主にメンズアパレル。

その他にも自分でいらない物を販売したり、ブランド品なども個人売買していました。最初は副業として行っていましたが、当時はとにかく何でも売れました。

私の知り合いでは、大学生が月に100万円、社会人が副業で200万円、という夢のような額をヤフオク単体で稼いでましたからね。

当時は、まさにヤフオクは何でも売れる時代でした。

 

2,ヤフオクからの撤退

私がヤフオクを撤退したのは、2つ理由がありました。1つめは、ヤフオクでの売上がやや下降気味になってきたから。

当時は1円オークションを行っていました。

これはヤフオク内で商品を1円でオークション出品する事により、落札者を増やし露出度を高めることで、結果的に数千円、数万円と値が付いていく販売方法です。当時ヤフオクで稼いでいた人は、この手法を使っていた人が多かったですね。

しかしこの手法も少しずつ通用しなくなり、定価で販売するようになりました。そうなると商品の売れ行きが悪くなり、事業として行うにはちょっと物足りない感じに・・・・・

撤退した理由の2つ目は、ネットショップが忙しくなってきたから。ヤフオクは出品して売れなければ、再出品をしなくてはいけません。しかしネットショップは商品を展示しておけば、次々売れていきます。

つまりネットショップの方が時間が掛からず、スムーズに商品を販売できたんですね。さらに楽天などショッピングモールは、ユーザーが年々増加しており、売上を伸ばしやすい環境でした。

ヤフオクに時間を使っている暇があれば、別のモールに次々出店を決めたほうが儲かるので、結果的にヤフオクを撤退する事になりました。

 

スポンサードリンク

3,現状はさらに売れなくなっている!


「ヤフオクが全然売れない!」
「1円で出品したら1円で落札されてしまう・・・」
「若い人はメルカリなどフリマアプリに流れている。」
「ヤフオクは数年前から売れなくなってしまった。」

ネット上では、こういった情報が以前にも増して増えています。私もヤフオクでメンズアパレルをチェックしてみましたが、以前に比べて全体の販売単価が相当下がっていました。

当時は3,000円~4,000円で販売されていたメンズアパレル商品でも、現在は相場が1,000円や1,500円で販売されていました。しかも、ネットショップ系のお店は全然売れている感じがしません。

全く入札がなく、ただ出品しているという状態。

ヤフオク上で入札がある商品は、一部のブランド品や希少価値の高いものくらいですね。

ちなみに私の知り合いのネットショップ経営者も、ヤフオクからは全員撤退してました。やはりどのネットショップの経営者も、以前と比べるとヤフオクは売れなくなったと答えます。

ブランド品や希少価値の高い商材であれば分かりませんが、ノーブランドのアパレル品はヤフオクでは売れないです。

 

4,ヤフオクが売れない、売れなくなった原因は?

ヤフオクが売れない、売れなくなった原因は一体何なのでしょうか・・・?考えられる原因は以下の5つとなります。

【ヤフオクが売れない原因】
●メルカリの影響
●新品が激安価格で購入できるようになった
●商品画像の質がよくない
●説明文が足りない
●魅力的な商品じゃない
●評価数が少ない、悪い評価が多い
●オークション形式で販売している
●送料が別途掛かる

 

ヤフオクが売れない原因1:メルカリの影響

一番有力な説として挙がっているのは、「フリマアプリ」の影響です。正直な所、楽天やアマゾンなどのショッピングモールは、商品自体が新品なのでヤフオクユーザーとは被りません。

しかし「メルカリ」などフリマアプリでは、中古の商品が安く販売されています。これはヤフオクのユーザーと、客層が被っています。

しかもメルカリは話題性があり、出品者、購入者、共に増えている状態です。当然ヤフオクを利用しているユーザーも、メルカリにたくさん流れています。

これが原因となり、ヤフオク内で商品が売れなくなっている可能性は高いです。

 

ヤフオクが売れない原因2:新品が激安価格で購入できるようになった

オークションの醍醐味といえば、商品を安く購入できる事でした。しかし近年、ファストファッションの影響もあり、新品の商品が激安価格で購入できるようになりました。

最近ではオークションを使って服を購入するより、「ユニクロ」「H&M」「シマムラ」といったファストファッションで新品の服を購入した方が安く済みます。

安価なネットショップが増えているので、そういった通販サイトを利用する人も増えてます。

新品を安く購入できるなら、わざわざオークションを使う必要はないですよね・・・・

こういった事も、ヤフオクが売れない、売れなくなった理由の1つとして挙げられます。

 

ヤフオクが売れない原因3:商品画像の質がよくない

ヤフオクで商品を販売する場合、何よりも大切なのが商品画像の質です。真っ暗だったりピントが合っていないなど、商品画像が鮮明じゃない場合、商品は売れないです。

一度自分が出品している商品を見て、画像が鮮明じゃない物は撮り直す事をオススメします。特にメイン画像一つで売上が全く変わるので注意しましょう。

 

ヤフオクが売れない原因4:説明文が足りない

出品する数量が増えると、ついつい説明文を疎かにしてしまっていませんか?ユーザーは画像と説明文で購入を決断するため、説明文はより詳しく記載する必要があります。

商品のサイズや使用感、使ってみた感想など細かく書いた方が良いです。

 

ヤフオクが売れない原因5:魅力的な商品じゃない

ヤフオクはただでさえメルカリなどに顧客を奪われているため、魅力的な商品以外はどんどん売れなくなっています。

「ヤフオクでしか手に入らないもの」を取り扱うのが一番です。

特にアパレルなどファッション系は注意が必要。近年、ファストファッションの影響もあり、オシャレな衣類が新品でも低価格で購入できるようになりました。

どこにでも売っている商品であれば、わざわざヤフオクでは購入しないので注意しましょう。

 

ヤフオクが売れない原因6:評価数が少ない。悪い評価が多い

これは最初につまづくのですが、取引回数や評価が少ないとヤフオクでは商品が売れづらい傾向があります。ヤフオクでは評価で信用度が決まります。

少しずつ評価が増えていけば、商品も自然と売れやすくなっていきます。

長年取引を行っている場合は、「悪い評価」にも気をつけて下さい。ついつい見落としがちになってしまいますが、悪い評価は1つ2つ付くだけでも、売上に大きく影響を及ぼします。

特にクレームやユーザーと揉めた形跡を残すと、全然売れなくなる場合もあります。

もしも悪い評価を付けられてしまった場合は、「返答欄」できちんとお詫びしておくか、相手を納得させられるような処置をとるのが望ましいです。

それを評価に残しておくだけでも、他のユーザーから見た信頼度が違ってきます。

 

ヤフオクが売れない原因7:オークション形式で販売している

個人的な意見としては、最近のヤフオクの傾向としては「即決」で販売した方が売れると感じています。もちろん商材によっても違ってきますが、特別値段が張る商材「フィギュア」「プレミア商品」などでなければ、即決で販売してしまった方が売れます。

オークションって正直めんどくさいし手間が掛かります。

ユーザーは本当に購入できるか分からないため、よっぽど欲しいものでない限りオークション販売は無視します。

 

ヤフオクが売れない原因7:送料が別途掛かる

アマゾンをはじめ楽天でも送料無料化が始まっています。ヤフオクでも送料込みで販売されている商品が多く、やはり送料無料は一つのアドバンテージとなります。

どうせなら商品代金に送料を含めてしまい、送料無料で表示した方が購入されやすいです。

 

5,ネットショップで商品を売ろう

これから個人でいらない物を売ったり、副業として商品を販売する時は、ヤフオクはあまりオススメしません。試してみるのは良いですが、どうせなら商品が売れる市場で勝負するべきです!

中古品や入らない物を販売したいのであれば、「メルカリ」です。商品を仕入れて新品を売りたいのであれば、「楽天」「ワウマ」などのネットショッピングがオススメ。

最近ではネットショッピングの出店無料化が進んでおり、タダでネットショップをオープンする事ができます。副業としても人気なので、是非チャレンジして下さいね♪

 

本気で売りたいなら、楽天市場がおすすめ!

【公式サイトはこちら】
楽天市場出店の資料請求

楽天市場は、昔より攻略が難しいと言っても、やはり一番売上が作りやすく安定するのでオススメです。

まだまだ楽天の集客に依存している通販サイトは多く、他のモールに比べても売上が作りやすいです。楽天には様々な「プラン」が存在するので、興味があれば一度無料の資料請求を行い検討してみましょう。

 

自社サイト構築サービスなら「stores.jp」がオススメ!


【出店はコチラから】
STORES.jp

BASE以外の自社サイト構築サービスであれば、「stores.jp」がオススメです。stores.jpは無料で本格的なネットショップが作れるサービスです。

BASEにはない機能やデザインが揃っており、ネットショップ初心者~上級者まで満足できるサービス内容となっています。規模やジャンルを問わないデザインや機能で、多くのネットショップに支持されています。

 

海外販売なら「Shopify」がオススメ!


【出店はコチラから】
【Shopify】で14日間の無料トライアル

国内での販売が厳しい場合は、海外に目を向けてみるのもオススメです。例えば「お茶」「アニメ」など日本特有の文化を持った商品は、海外で爆発的に売れる傾向があります。

こういった商品を仕入れて海外向けに販売してみるのも良いと思います。

海外販売の場合、個人的にオススメしたいのは、「Shopify」というサービスです。世界でもっとも利用者が多く、海外販売に非常に優れているのが特徴です。

価格もリーズナブルなのでオススメです。

 

6,オススメの仕入先

 

オススメ仕入れサイト1:ネッシー

ネットショッピングを運営するなら、「ネッシー」での仕入れをオススメします。業界最大手で、ジャンルを問わず様々な商品を仕入れることが可能です。
費用は一切掛からず、開業前でも使えるのが嬉しいですね。無料会員登録すれば、商品の仕入れ価格が見れるようになります。

ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)

 

オススメ仕入れサイト2:TOPWHOLE(トップホール)

「トップホール」は、ファッション専門の仕入れサイト。韓国系ファッションやアクセサリなど、トレンド品を安く仕入れる事が可能です。どんどん仕入れられる商品数も増えているので登録必須です。

TOPWHOLE公式サイト

TOPWHOLE

 

7,まとめ

以上です。ヤフオクは「売れない、売れなくなった」と言われていますが、この理由の1つに「メルカリ」にユーザーが流れたことが挙げられます。

以前は100万、200万と、ヤフオクの副業だけで売っていた人も多かったですが、現在は厳しくなってきています。

これから商品を販売するのであれば、中古品であれば「メルカリ」、新品であれば「ワウマ」「楽天」などのネットショッピングを使うのがオススメです。

売れる市場と売れない市場では、同じ商品を販売しても全然売れ方が違います。メルカリなどのように話題性が高いサイトは、それだけでアクティブなユーザーが増えるので市場としてはオススメです。

 

無料でネットショプを出店するならBASEがオススメ!

  BASEとは「月額費用0円」「初期費用0円」で始められる、ネットショップの構築サービスです。BASEにはネットショップに必要な「決済機能」「解析ツール」「デザインテーマ」などが揃っているため、誰でも簡単にネットショップをオープンさせることが出来ます。  
【公式サイトはこちら】
無料ネットショップ開業【BASE】
     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*