BASE(ベイス)で商品が売れない理由と売れる方法について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

現在テレビCMの影響もあり話題を集めている「BASE」。無料でネットショッピングが開業できて、様々なサービスが揃っています。しかしネット上では「BASEは売れない」といった書き込みをよく見かけます。

スポンサードリンク

今回はBASE(ベイス)で商品が売れない理由と、売れる方法についてご紹介します。

目次

1,売れないのはBASEのせいじゃない!
2,売れない理由は集客力の弱さ
3,BASEのアプリから集客する
4,商品構成を見直す
5,売れるページ作りをする
6,BASEで売れないならモールに出店してみよう!
7,まとめ

 

1,売れないのはbaseのせいじゃない!

BASE(ベイス)とは無料で自社のネットショップを作れるサービス。現在はBASEを使って、40万店舗以上が出店・開業しており、今後ますます期待されるサービスと言えます。

「30秒でネットショップをオープンできる」と言われており、PCに詳しくない方やネットショップ初心者であっても安心して出店・開業できるサービスとなっています。

無料ネットショップ開業「BASE」


 

売れない理由は他にある

「BASEは売れない」といったネット上の書き込みを見かけますが、これは言葉に誤りがあります。正しくは「BASEは売れない」のではなく、「自社ネットショップが売れない」の間違いです。

BASEは非常に優れたサービスです。BASEを使っているからと言って、売れる売れないは決まりません。本質は自社ネットショップにあります。

自社ネットショップとは独自ドメイン、つまり自分で1からサイトを作り上げることです。

楽天やヤフーなどに出店すれば、「rakuten.co.jp」のドメインが貰えます。ヤフーであれば、「yahoo.co.jp」ですね。これらのドメインであれば、大手ショッピングモールの集客やドメインパワーが期待できます。

しかしBASEを使い独自ドメインを取得して自社サイトを立ち上げると、ドメインパワーもない自分だけの貧弱なネットショップを育てることになります。

もちろんこの独自ドメインには、何の後ろ盾もないので最初は貧弱で誰も見に来ないショップです。

ようするにBASEだけに捉われず、自社ネットショップを開業する場合は、どのサービスを利用しようが最初は売れないのが当たり前なんです!

 

2,売れない理由は集客力の弱さ

それでは、何故独自ドメインのネットショップは商品が売れないのでしょうか?それは集客力の弱さにあります。

BASEで売れるネットショッピングを作りたければ、まずは集客方法を考えることに全力投球してください。人の集め方を知らなければ、どれだけ良い商品を販売しようが売れるわけがないのです。

逆に言えばちょっとくらい粗悪な商品でも、たくさんの人が見てくれれば購入する方は一定数出てきます。(粗悪すぎるのは売れませんが・・)

 

注目するべきはグーグルからの検索流入

自社ネットショップを成功させるには、「google」や「YAHOO」から検索してくるお客さんを確保しなくてはいけません。

楽天やヤフーなどのモールの場合は、モール内で検索をかけるユーザーを確保します。これが自社サイトの場合は、「google」や「YAHOO」などの検索エンジンをターゲットにするだけですね。

しかし「google」や「YAHOO」の検索エンジンにヒットするページは、それこそ星の数ほど存在します。ショッピングサイトはもちろんですが、楽天などのショッピングモール、他にも企業のブログや個人のブログなどなど。

これらを差し置いて、特定の検索結果で上位表示させるのは正直かなり難しいです。

 

キーワード対策をしておく

BASEでネットショップを出店して、すぐにグーグルの検索結果で上位表示させるのは無理があります。上位表示は売上がある程度伸びて、ドメインパワーがついてからでも遅くはありません。

ドメインパワーが付いてきた時に、各キーワードでページごとにSEO対策がちゃんと出来ていると、自然と上位表示されていきます。

「商品ページ」「カテゴリーページ」「トップページ」は上位表示させやすいページです。これらのページに上位表示させたい「キーワード」や「文章」を適切に散りばめておきましょう。

そうすることでドメインパワーが付いてきた時に、少しずつ「google」と「YAHOO」の検索エンジンからお客さんが流れてくるようになります。

 

リスティング広告で集客しよう

検索で上位表示させるのは、ある程度売上ができてからです。その前にやるべきなのは、「リスティング広告」を使った集客です。

リスティング広告で費用対効果のよいキーワードを厳選して、そこを突き進めて行く。リスティング広告を赤字運用してしまうと続かないので、必ずリスティングのみの運用でも黒字化すること。

これを続けていれば広告費で利益は多少悪くなりますが、無理なく固定客を増やせて次第に売れる自社ECサイトへと成長していきます。

複数の代理店を完全無料で比較できるリスティング代行一括.jpで。

 

スポンサードリンク

3,BASEのアプリから集客する

ベイスでネットショップを開業すると、”ベイスのアプリ”からの集客も期待できます。ベイスアプリは約10万人がダウンロードしており、ベイスから出店した通販サイトのみがアプリに露出されています。

ここでライバル店となるのは、”ベイスで出店したお店のみ”です。

ですので、ライバル数が少なく顧客を確保しやすいです。ベイスアプリを使っているユーザーは、とにかく購買意欲が強いです!

「google」や「YAHOO」から検索を掛けてきたユーザーとは、”購買意欲の高さ”が違います。このユーザーのアクセスを上手く取れれば、売れるネットショップになることは間違いありません。

 

BASEアプリでアクセスを取る方法

ベイスアプリからユーザーのアクセスをゲットするには、BASEアプリへの露出を狙う必要があります。

・BASEライブ
・フォローショップの商品
・おすすめのショップ
・おすすめ商品
・BASE Mag
・特集

BASEのトップページは、上記のように設定されています。これらは基本的にお客さんの閲覧履歴や、好きなショップを元に構成されているので、ここに露出するのは難しいです。

しかしトップページの下位部分である、「BASE Mag」「特集」であれば、意図的に露出する事が可能です。

 

「BASE Mag」では、ベイスで書いたブログが掲載されます。ベイスのブログを頻繁にアップして、有益な情報であれば「BASE Mag」に掲載され大きなアクセスを獲得できます。

 

ベイスのトップページ一番下には、特集ページが25個程掲載されています。この特集に自発的に載せることはできませんが、特集テーマにあった商品を取り扱っていれば、商品が掲載される可能性が高くなります。

 

旬の商品を取り入れたり、トレンドとなっているキーワードのブログを作成するだけでも、BASEのトップページに表示され易くなります。

インパクトのある写真やタイトルを使うだけでも、BASE側の目に付き掲載されるかもしれません。

 

4,商品構成を見直す

ネットショップ初心者の方にありがちなので、売れる商品構成を作れていないことです。

まずネットショップではどういった商品がが売れ易く、どういった商品が売れにくいのか知る必要があります。

 

【ネットショップで今後売れる商品】
・オリジナル商品
・ハンドメイド商品
・レアなアイテム
・ネットでしか購入できない商品

 

【ネットショップで今後売れない商品】
・型番商品
・どこででも購入できる商品
・独自性のない商品

 
これら以外にも、ショップに専門性がない場合も売れない傾向が強いです。例えば商品に一貫性がなく、アパレルに家具に雑貨など、何でも販売している専門性のないお店など。

「弁当箱の専門店」「レザーバッグ専門店」といったように、専門性の強いショップの方が今後は伸びやすいでしょう。

 
仕入れる商品が決まっていない場合は、ネッシーを利用するといいですよ。ネッシーでは幅広いジャンルの商品が仕入れる事ができます。さらに登録無料で使えるのが嬉しいですね。

ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)


 

アパレル系の商材であれば「イチオクネット」も外せません。イチオクネットではオリジナル商品の製造などもできるので、アパレルや雑貨などを取り扱う場合はオススメです。

ネッシーほど知名度もないので、他の業者と商品が被ることも避けられます。

アパレル仕入れならイチオクネット!


【関連記事】・ネットショップの仕入れサイトや卸サイトを大公開!アパレル、雑貨etc・・

 

5,売れるページ作りをする

売れるネットショップを作るには、まずは集客力を高めるのが一番大切です。しかし集めたお客さんを上手く購入へ繋げられなければ、売上が大幅にアップすることは難しいでしょう。

 

最低限の機材を使って見栄えの良い写真を作る

ネットショップの顔ともいえるのが商品画像です。やはり安っぽい素人丸出しの商品画像ですと、購入率は低くなります。

そこまで凝った画像に仕上げる必要はないですが、他のお店と比べて引けを取らないように最低限見栄えの良い商品画像を作ってください。

下記ページで、写真撮影の簡単な技術を解説しています。併せてチェックしてみて下さい。

【関連記事】・ネットショップの写真の撮り方。商品撮影のコツや必要な機材って?

【関連記事】・ネットショップにオススメな画像加工ソフト!無料、有料どっちを選ぶべき?

 

6,BASEで売れないならモールに出店してみよう!

BASEで商品が売れるようになるには、それなりの”努力”が必要です。やはり独自ドメインを使い1からサイトを育てるので、難易度が高いです・・

独自ドメインでのショップ運営は、諦めずに努力し続ければ、少しずつ成果が現れてきます。しかしネットショップ初心者の場合、先が見えず途中で諦めてしまうんですよね・・・

そういった場合は、まず楽天などのショッピングモールからの出店をオススメします。

私も最初は「楽天」「ワウマ」などのショッピングモールから出店をはじめ、後に自社サイトを立ち上げました。

ショッピングモールから始めてある程度基礎ができれば、自社サイトでの集客にも力を入れられるし、ドッシリ構えて店舗運営ができますからね。

早くネットショップで成功したいのであれば、まずはショッピングモールから責めて行きましょう!

 

ネットショップ出店なら楽天市場がおすすめ!

楽天市場は一番売上が作りやすく、安定するのでオススメのモールです。

私の知っているお店でも、ほとんどのショップが楽天市場が収益のメインとなっていることが多いです。他のモールは売上の補助程度に考えており、楽天をいかに伸ばすかを考えています。

楽天には様々な「プラン」が存在するので、興味があれば一度無料の資料請求を行い検討してみましょう。

・【楽天市場】出店案内はこちら

 

費用0円で出店するなら”ワウマ”がオススメ

極力費用を抑えて出店したいのであれば「ワウマ」がオススメです。ワウマは現在出店料&月額手数料が無料で出店できるキャンペーンを行っています。

ワウマ内ではライバルの店舗数がまだ少なめなので、これから伸ばすにはピッタリなショッピングモールです。楽天に比べて知名度は少ないですが、ワウマでは様々な施策を行っています。

ワウマは「KDDI」が運営しているので、AUユーザーの囲い込みを行っており、今後益々拡大が見込めるショッピングモールです。

【※今なら出店無料】
KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)

 

7,まとめ

以上です。今回はBASE(ベイス)で商品が売れない理由と、売れる方法についてご紹介しました。

ベイスに限らず自社サイトを成功させるためには、短期間での成功を考えず、ドッシリ構えて集客・店舗運営を行っていく必要があります。

サイトを1から育てる訳ですから、そんなすぐに売れるようにはなりません。

すぐに売れるネットショップを作りたいのであれば、ショッピングモールへの出店をオススメします。「楽天」「ワウマ」は現在急成長中なので、是非検討してくださいね。

無料ネットショップ開業「BASE」


【関連記事】・無料ネットショップBASE(ベイス)に出店・開業するメリットやデメリットは?

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





「Wowma!ワウマ」に無料出店しよう!

ワウマは現在急成長しているショッピングモールの1つ。初期費用や月額手数料が無料なので、ネットショップを運営しているのであれば出店するべきです。

【※今なら出店無料】

KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*