携帯ショップの店員が辛すぎる・・・辞めたいと感じる理由やオススメの転職先

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
publicdomainq-0003768xij

携帯ショップの店員は実はとっても大変な仕事。大手キャリアの正社員だからといって飛びつけば、後々後悔するかもしれません。携帯ショップで働くデメリットや、辞めたいと感じる理由などをご紹介します。

スポンサードリンク

目次

1,携帯ショップで働くメリット・デメリット
2,仕事を辞めたいと感じた時の対処法は?
3,まとめ

 

1,携帯ショップで働くメリット・デメリット

 

クレーム対応が多すぎる!

個人的には携帯ショップで働く最大のデメリットは、「クレーム対応の多さ」にあると思います。携帯ショップと言えばクレームの嵐です。

使い方が分からなければ怒鳴るし、請求が思っていたより高くても怒鳴る・・・携帯には毎月それなりのお金がかかるので、少しでも思い通りにいかないと、お客さんはクレーマーと化します。

・知らない請求あがっている
・使い方が分からない
・話と違う、聞いていない
・壊れた

携帯ショップの店員であれば、上記のようなクレームは聞き飽きるほどに経験があると思います。普通に話してくれればいいものの、お金が絡むとどうしてもお客さんは怒鳴るような言い方をしてきて疲れてしまいます。

毎日のようにこういったクレーム対応をしていると、精神的にも鬱状態になり仕事に行くのが嫌になってきます。

携帯ショップの店員は他の販売員、接客業、営業などに比べても断トツでクレーム対応が多いです。精神的にも疲れる職業だと言るでしょう。クレームが何度も続きすぎると、「仕事を辞めたい」と感じる人も多いようです。

 

覚える事が多い

携帯ショップは「プラン」や「新機種」など仕事内容で覚える事が多いです。他の職業であれば、決まったプランなどを把握しておけばいいですが、携帯ショップはなんせ入れ替わりが激しいです。

新しい機種の機能を覚えたかと思ったら、すぐに次の新機種が登場してきます。プランもお客さんに細かく説明しなければいけないため、すべて暗記しておく必要があります。

プライベートでも勉強している方も多く、仕事時間以外も仕事に追われがちになります。仕事内容を覚えるのは働く上で当然のことで、それに対するボーナスや手当てが出ないのも辛いですね・・・

 

大手企業に入社できる

携帯ショップで働くということは、大手携帯キャリアで働けるということ。小さな代理店ではダメですが、「ドコモ」「AU」「ソフトバンク」であれば、日本を代表する企業ですので仕事がなくなる心配は少ないですね。

これは大きなメリットになると思います。

「どこで働いているの?」
「ドコモです。」

大手の正社員というだけで、「羨ましい、給料が良さそう」などと思われますよね。社会的地位も高く自信を持って人に教える事ができます。

 

ノルマが大変!

携帯ショップの店員であれば、当然「毎月のノルマ」が課せられます。おそらくノルマがない携帯ショップは、大手ではないのではないでしょうか?

ノルマを「やりがい」と捉えて頑張ることが出来なければ、毎月のプレッシャーに押しつぶされて仕事を辞めることになってしまいます。

当然ノルマをクリアした時は達成感があるし、仕事の醍醐味を味わう事ができます。「自分のペースでストレスなく仕事がしたい・・・」このように考えている方であれば、携帯ショップの店員は不向きと言えます。

 

残業が多い

携帯ショップでは残業が多いのも特徴の1つです。19時閉店だったとしても19時に機種の変更や、何か相談をしにくるお客さんは当然いらっしゃいます。

そうなれば追い返すわけにはいかないので、残業して対応することになります。これが意外と多いんです・・・

仕事終わりに来るお客さんも多く、残業は日常茶飯事だと思っておいたほうがいいですね。これは携帯ショップに限らず、販売員などの接客業でしたら普通なので特別なデメリットという訳ではありません。

 

携帯について詳しくなれる

携帯は今や子供から大人まで持ち歩く生活必需品となっています。自分で勉強して携帯分野に強くなれば、家族や友人などから頼られるし最適な料金プランを選んであげられます。

自分の毎月の支出も抑えることができるし、携帯プランに強くなっておく事は生活の上でもプラスになっていきます。

 

様々な商品を勧めなければいけない

コンビニやスーパーであれば、お客さんが買いたいものを買っていくといったスタンスです。しかし携帯ショップでは欲しいもの(携帯)以外にも、タブレットやケース、ポケットwi-fiなども勧めなければいけません。

上手く販売ができれば、上司にも褒められます。しかし販売ができなければ、圧力をかけられたり不満をぶつけられてしまいます。

自分が「この商品はいい!自信を持って勧められる!」このように思えるものであればいいですが、実際はいらないような商品も勧めなくてはいけません。

仕事と割り切ってこれができる人であればいいですが、できない人であれば仕事が苦痛に感じることもあります。

 

繁忙期が忙しすぎる

携帯ショップの繁忙期といえば、新作発表の時期ですね。ニュースでもよく取り上げられていますが、アイフォンの新作発売であれば長蛇の列ができます。

もちろん携帯ショップでも忙しくなり、朝から夜までお客さんの機種変更などへの対応に追われます。休憩なし、残業は当たり前、食事もまともに摂れないこともあります。

携帯の説明って意外と頭を使うんですよね。そんなことを朝から夜まで休憩なしでやっていると、頭がおかしくなってきます。

 

時給が高い

携帯ショップは実はアルバイトとしては人気の業種なんです。それは高い時給にあります。自給1,000円以上は当たり前で、コンビニなどと比較しても賃金の面では優れています。

派遣やアルバイトから始めて正社員になれる可能性があるのも魅力的ですね。

 

制服や働く環境がオシャレ

最近の携帯ショップは新しい店舗ばかりで、内装が取っても綺麗ですよね。女性の制服もキャビンアテンダントのような雰囲気で、「携帯ショップの可愛い制服が着たい!」という女性も少なくないのではないでしょうか?

やはり若い人であれば、職場の環境や制服は重要視しますからね。

 

未経験でもOK

携帯ショップは未経験の方も歓迎しています。正直誰でも入れるということですが、それだけ離職率が高いということ。スキルを身に付けたりお金を稼ぐためだけだったらいいですが、ずっと働いていくと考えると少し大変かもしれませんね。

 

2,仕事を辞めたいと感じた時の対処法は?

携帯ショップで働いていると、ストレスが多く他の仕事以上に大変な思いをする事になります。そこで上手くやっていくには、気持ちの持ちようがとっても大切。

「嫌だ嫌だ」と感じていれば、仕事がより嫌になっていくし続きません。それでは仕事でストレスが溜まったときの対処法についてご説明します。

 

クレームに対して考えすぎない

仕事を辞めたいと感じる理由で最も多いのが、「クレーム」です。クレームは誰もが嫌だと感じる仕事ですが、上手く乗り切っている人には共通点があります。

それは考えないこと。仕事を辞めてしまう人はクレーム対応をすると、その日ずっと引きずってしまう傾向があります。「またクレームを言われたらどうしよう・・・」

しかし上手に仕事をしている人は、クレームを受けている時はストレスを感じていますが、終ってしまえばすぐに忘れるようにしています。

クレームを引きずる事が自分をダメにすることを分かっているので、クレームの後に悩んだりプライベートで考えるなどしません。

クレームは接客をしていれば出るものなので、「仕事」と割り切ってこなしていくのが大切です。

 

期限を決めて働く

「この先一生働かなければいけない・・・」このように考えていれば、仕事に対してのモチベーションは下がる一方だし体を壊してしまいます。

もし仕事が辛い、辞めたいと感じているならば、期限を決めて働いてみるのもいいですよ。「3ヶ月間働いてみて、辞めたい気持ちが変わらなければ辞める」こういった考えに切り替えれば、客観的に仕事を辞めるべきか答えが見つかります。

 

別の接客業を考えてみる

携帯ショップで働くと、クレーム対応などのお客さんの対応はもちろん、接客のマナーや電話応答など様々なスキルが身に付きます。

もちろんこれは次の就職先でも有利で、その知識やスキルを利用して別の接客業に就くのも1つの対処法。転職はネガティブに受け取られがちですが、自分にあっていない職場で働き続けるほうが大きなリスクと言えます。

アパレルの販売員や営業、受付など携帯ショップ店員の経験があれば、どこでもやっていけるはずです。

 

全く違う業種に転職する

「接客業がもう嫌だ・・・」仕事を転職するときは、このようにお客さんの対応自体が嫌になる方もいらっしゃいます。そういった時は、接客とは全く違った業種に転職するのもおすすめ。

今までのストレスがなくなるし、自分に本当にあっている仕事を見つけられるかもしれません。

「自分は人と話すのが好きだから接客が向いている。」このような考えは勘違いであることもあります。人と話すのとクレームが多い接客業をするのでは次元が違います。

携帯ショップで働くのであれば、人と話す事が好きなのは当然ですが、「携帯が好き」「クレーム対応に慣れている」「ノルマやプレッシャーなどの、やりがいがある仕事が好き」などといった、それ以外でも働くメリットを感じなければ続きません。

「人と話すのが好き」これだけで接客をしているのであれば、一度接客以外の仕事にも就いてみた方がいいかもしれません。

 

転職エージェントに登録する

転職エージェントに無料登録すれば、今の仕事場を辞めずに転職活動が行えます。少しでも興味があれば無料ですので、どんな就職先があるのか見ておきましょう。

 

リクナビネクストに登録する

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


 

リクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】


 

MIDASで仕事の面接オファーを受け取る

MIIDAS(ミーダス)で無料登録を行えば、自分の適正に合った「仕事の面接オファー」を受け取ることができます。

自分の適性を入力するだけで、自分に合った就職先を探してくれるので助かります。さらに自分の市場価値やおおよその年収も知ることができます。5分で出来る無料診断なので、試してみるだけでも楽しいですよ。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!


 

スポンサードリンク

3,まとめ

以上です。今回は携帯ショップの店員の仕事を「辛い、辞めたい」と感じる理由や対処法についてまとめました。

携帯ショップは仕事として人気がある一方で、離職率が高く大変な仕事とも言えます。「クレーム」「ノルマ」特にこの2つが辞める理由の大きなウエイトを占めており、仕事を続ける上でのネックになります。

ノルマを”やりがい”と感じ、クレームを上手く流して仕事を楽しむことが携帯ショップで店員を続ける鍵となります。

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*