Wowma(ワウマ)に出店しても売れない?出店のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

ここ最近、無料出店の影響で流通規模が伸びているワウマ。「ワウマって出店しても売れないの?」こういった質問が増えていますので、今回はワウマが売れるか売れないか、さらにワウマに出店するメリット・デメリットについても解説します。

スポンサードリンク

私はメンズアパレルショップの経営をしています。これまでに「楽天」「ヤフーショッピング」「Amazon」「ワウマ」「自社サイト」と様々なネットショップの出店を行ってきました。

ちなみにワウマは「DENAショッピング時代」から出店しており、他のモールに比べて長く出店していました。

実際にワウマでのネットショップ出店の経験を元に、これから出店しても売れないのか解説していきます。ワウマ出店のメリット・デメリットなども紹介しますので、是非参考にしてくださいね。

目次

1,Wowma(ワウマ)について
2,ワウマに出店しても売れない?
3,Wowmaに出店するメリット
4,Wowmaに出店するデメリット
5,オススメのネットショップ出店先は?
6,登録するべきオススメ仕入れサイト
7,Wowma(ワウマ)出店のまとめ

 

1,Wowma(ワウマ)について

Wowma(ワウマ)とは、「KDDI」が運営する大手ショッピングモールです。

元々は「DENAショッピング」と「auショッピングモール」というモールに分かれて運営されていたのですが、それが統合されてWowma(ワウマ)という新しいモールに生まれ変わりました。

モールの特徴としては、まずスマホユーザーが多いことが挙げられます。スマホユーザーが多いという事は、比較的若い年代の方々がモールを利用しているということです。

「ファッション」「雑貨」「スマホケース」といった、若い世代から人気のジャンルは、ワウマでも売れやすい傾向があります。

 

現在は初期費用が無料、月額手数料は4,800円!

ワウマでは現在、初期費用が無料で出店できるキャンペーンを行っています。数年前までは初期費用が数万円かかっていたのが、現在は完全に無料化されています!

さらに月額手数料は4,800円と非常に安く設定されています。

もしワウマでの出店を少しでも考えているのであれば、とにかく今のうちに出店するべきです!

【※今なら出店無料】
KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)

 

2,ワウマに出店しても売れない?


「ワウマは売れない?」
「今からWowmaに出店しても大丈夫?」

ワウマに関しての情報はネット上にはあまり掲載されておらず、出店をどうするか悩んでいる方が多いようです。ネットショップ出店となると、それなりに労力が掛かるので、やはり売れる場所に出店したいと考えますよね。

 

私のワウマのネットショップの売上推移

ちなみに私もネットショップを経営していますが、ワウマでの売り上げは下記のような推移でした。

かなり簡素化しており実際の数値ではありませんが、イメージはこのような感じ。最初は売上が数万円程度でしたが、そこから広告を少し使い、売上を50万円前後まで伸ばしました。

その後広告費をガッツリかけて、月商200万円程度まで伸びましたが、長くは続きませんでした。しかし採算が合わなくなったので、すぐに広告費を戻しました。

その後は広告費を数万円使っておけば、月商40万~50万くらいはキープできていました。

【私のショップのワウマでの経緯】
1、安い広告を買って50万前後まで地道に売上を伸ばす
2、広告費をガッツリ掛けて全盛期で月商200万
3、広告費0円に落として売上20万まで落ちる
4、安い広告を再度使い50万前後をウロウロに戻る

ワウマは売れないということはないですが、最初は広告を使った方が良いと思います。楽天ほどの集客力はないので、広告を数万円使いつつ、地道に売上を伸ばすのが一番王道パターンだと思います。

ショップによっては月商で数千万単位のショップもありますので、まだまだ売れる可能性はあります。

 

先行者利益を手にする

ネットショップでは先行者利益というものが存在します。アマゾンや楽天がいい例ですが、アマゾンや楽天で現在売上の大きいショップは、昔から出店していたお店がほとんどなのです。

アマゾンや楽天が大型ショッピングモールになる前から出店していたので、ファンを囲い込むことができて先行者利益の恩恵を受けれた訳です。

そういった意味では、ワウマは無料化を行い現在「ユーザー数」「ショップ数」共に伸びているので、今後大型ショッピングモールに化ける可能性は全然あります。

ですので今のうちに出店しておけば、ユーザーの囲い込みができて、先行者利益を得ることができます。

すべて無料なので出店しておいて損はないですよね。

 

ワウマのイベントが激熱!?

ワウマでは定期的にセールやイベントを行っています。最近のものでは、「三太郎の日セール」「ワウマ還元祭」激熱らしいです。

ショップによっては4倍~5倍近くまで売上を伸ばしており、かなり売れているようです。

楽天の「スーパーセール」や「お買い物マラソン」のようなイメージでしょうか。このような大規模なセールはモールの規模を拡大するのに効果的となります。

 

スポンサードリンク

3,Wowmaに出店するメリット

続いてはワウマに出店するメリットについてご紹介します。

 

メリット1:とにかく運営が楽!

ワウマの最大のメリットが、運営に手間が掛からないところです。基本的にHTMLの知識は必要なく、誰でも手軽にネットショップを運営できます。

メルマガは自動配信で送れるし、商品登録やセールページの作成なども簡単です。

DENA特集画面

こちらを見てもらえれば分かりますが、ページはドラッグドロップで簡単に作れます。セールページはもちろんですが、カテゴリページ、コーディネートページなど様々なページ作りが手軽にできます。

 

メリット2:お金がかからない!

何度も繰り返していますが、ワウマは出店料と月額手数料が無料で出店できます。費用が掛からないのであれば、今のうち出店だけしておくのも”あり”だと思います。

仮に別のモールで忙しくてワウマへの時間が割けなくても、費用が0円なのでとりあえず出店しておき、暇な時に出品作業など行ってもいい訳です。

固定費が掛かるモールでは難しいですが、費用が掛からないのであれば、今のうちに出店手続きだけでも進めておいた方が無難です。

今後いつ無料出店サービスが終了するか分からないですからね!

【※今なら出店無料】
KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)

 

メリット3:新体制になってモールが生まれ変わった

ワウマはDeNAからKDDIに譲渡されました。そのおかげもあり、新体制になってモールの質が向上したように感じ取れます。

まず「DENA」「AUショッピングモール」時代は、お客さんの質が悪く転換率が異常に悪かったです。PVはたくさん集められるのですが、転換しないので売上に直結しないんですよね・・・

しかし新体制になって、良質なお客さんを集客するようになってからは、お店の転換率も高まり購入者が増えているように感じます。

モールのコンサルタントとのやり取りもやりやすくなりました。以前は広告の押し売りばかりでしたが、新体制になってからはキチンと集客や売上アップの施策を考えてくれるようになりました。

コンサルタントは当たり外れがあると思いますが、「以前よりサービスの質がよくなった!」と感じている出店者は多いです。

 

4,Wowmaに出店するデメリット

続いてはワウマに出店するデメリットを挙げます。

 

デメリット1:市場規模が小さめ

ワウマは新体制になってからは、まだまだ新しいモールです。正直な所、楽天やアマゾンクラスの集客は期待できません。もちろんジャンルによって偏りはありますが・・

「初月で月商100万!1年で月商1000万!」という爆発的な伸び方ではなく、少しずつ足元を固めて10万、20万と売上を伸ばしていくイメージです。

 

デメリット2:携帯ユーザーに偏っている

ワウマはスマホユーザーの比率が圧倒的に多いです。ですのでパソコンからの購入が多いショップですと、ワウマで成果を出すのは難しいかもしれません・・・

反対にスマホに強いショップであれば、思っている以上の反響があるのですぐにでも出店するべきです。

若い世代に向けたネットショップは、比較的ワウマでも売上が伸びやすい傾向があります。

 

デメリット3:広告がないと伸びづらい

これは私の経験から言うものですが、ワウマでは広告費をかけないと売れないです・・・

最初から何十万という高額な広告費を出す必要はありませんが、月に2万~3万でも捻出してください。広告の費用対効果はまずまずですので、まずは小額から始めてみましょう。

良い広告、悪い広告が分かってくれば、少しずつ広告費の比率を上げていってもいいと思います。

 

5,オススメのネットショップ出店先は?

ワウマはオススメですが、まだ規模が小さめです。メインのモールとするなら「楽天」など、安定した売上を作れる場所がオススメ。

ここでは「オススメのネットショップの出店先」をご紹介します。出店先選びを間違えると、いつまで経っても売れないので気をつけましょう。

 

ネットショップのオススメ出店先楽天市場(日本最大級のショッピングモール。)
Wowma!(ワウマ)(出店費用が安いショッピングモール。)
無料ネットショップ開業「BASE」(無料でオープンできる自社サイトシステム)
ショップサーブ(オールラウンドの自社カートシステム)

 

ネットショップの出店先で1番オススメなのは、楽天市場ですね。集客力の強いショッピングモールを使うと、売上を伸ばしやすいです!

安定した売上を作れれば、ネットショップへのモチベーションが高まるし、何より気持ちに余裕ができます。

下記の記事では、2019年にオススメの出店先をすべて公開しています。ネットショップの出店先で悩んでいる方は、是非参考にしてくださいね。

【関連記事】・【2019年】ネットショップを開設するモール、カートのおすすめ比較!無料出店も!

楽天をメインモールとして、「ワウマ」「アマゾン」「自社サイト」などをサブとして利用するのがオススメです。

 

オススメの出店先1:楽天市場


【公式サイトはコチラ】
楽天市場

楽天市場は一番売上が作りやすく、安定するのでオススメです。ただしネックとなるのは費用面ですね・・

私の知っているお店でも、ほとんどのショップが楽天市場が収益のメインとなっていることが多いです。楽天には様々な「プラン」が存在するので、興味があれば一度無料の資料請求を行い検討してみましょう。

 

オススメの出店先2:ワウマ

【公式サイトはコチラ】
KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)

極力費用を抑えて出店したいのであれば「ワウマ」がオススメです。ワウマは初期コストもラーニングコストも安いです。

楽天ほどの集客力はないですが、それなりに集客力があり、これから売上を伸ばしやすいモールだと思います。

【関連記事】・【2019年】ネットショップを開設するモール、カートのおすすめ比較!無料出店も!

 

6,登録するべきオススメ仕入れサイト

続いては、ネットショップを運営するなら登録するべきその他のオススメ仕入先をご紹介します。ネッシーは一番有名ですが、併用して他の仕入れサイトも利用するべきです。

利用する仕入れサイトの数は、多ければ多いほど良いです。

たくさんの仕入れサイトを使っていれば、その分商品が豊富に揃うし、目新しい商材も見つかります。下記は私がオススメする仕入れサイトです。

無料の物がほとんどなので、是非この機会に登録して商品をチェックして下さい。

 

オススメ仕入れサイト4選ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)(国内ナンバー1の仕入れサイト)
アパレル仕入れならイチオクネット!(アパレルに強い仕入れサイト)
【卸の達人】(「美容」「雑貨」「健康系」に強い仕入れサイト)
TOPWHOLE公式サイト(今後拡大が予想されるファッション仕入れサイト)

 

オールジャンルの仕入れが行えるのが、「ネッシー」です。仕入れサイトの中で大手なので商品数が多く、どんなジャンルの商品も準備されています。さらに個人でも利用できるのが嬉しいですね。

アパレル仕入れなら「イチオクネット」には必ず登録しておきましょう。イチオクは無料で使えるし、個性的なアパレルや雑貨系の商材が豊富です。さらにイチオクネットではオリジナル商品の受注も受け付けており、自分のブランドを作りたい場合にも使えます。

「卸の達人」では、テレビやネットで話題の商品を始め、他の仕入れサイトでは手に入らない商品を仕入れる事が可能です。こちらの仕入れサイトも無料なので登録しておきましょう。

「TOPWHOLE」もファッション系のアイテムが増えており、今後楽しみな仕入れサイトです。

 

7,Wowma(ワウマ)出店のまとめ

以上です。今回は、Wowma(ワウマ)は売れないという疑問の答えと、出店のメリット・デメリットについてご紹介しました。

ワウマは比較的新しいモールです。まだまだこれから規模は拡大するので、先行者利益を確保するためにも出来るだけ早い出店が鍵を握ります。

現在は無料出店キャンペーン中ですので、是非ネットショップの事業者は出店を検討してみましょう!

【関連記事】・楽天にネットショップ出店して売れるの?売上UPの方法やメリット、デメリットについて

【関連記事】・ヤフオクはもう売れない、売れなくなった?アパレル販売者が語る現状

   

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





ネットショップ出店なら楽天がオススメ!

楽天はECモールの中でも最大級の規模です。ネットショップを出店するなら、楽天は一番オススメです。資料請求は無料なので、一度料金や体制を確認してみましょう。

・【楽天市場】出店案内はこちら



海外販売ならshopify(ショッピファイ)

shopifyは国内販売・海外販売が行える自社サイト構築サービスです。様々な機能が揃っており、本格的な海外販売を視野に入れている方にオススメです。

【登録はコチラから】
【Shopify】で14日間の無料トライアル




Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*