当てはまったらダメ社員決定!?ダメな従業員の特徴・行動・対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

上司や社長から一度でもダメ社員のレッテルを貼られると、仕事において様々な支障を及ぼします。もし、これからご紹介する”ダメ社員の特徴”に当てはまっている場合は、すぐにでも改善・対処することが大切です。

スポンサードリンク

目次

1,ダメ社員認定で受けるデメリットとは?
2,ダメ社員の特徴や行動
3,ダメ社員のレッテルを貼られている時は改善しよう
4,オススメ転職エージェント
5,まとめ

 

1,ダメ社員認定で受けるデメリットとは?

突然ですが、会社で「ダメ社員」のレッテルを貼られていませんか?上司や社長から一度でもダメ社員のレッテルを貼られてしまうと、職場で様々なデメリットを生み出してしまいます・・・

 

重要な仕事を任せてもらえなくなる

上司からダメ社員だと思われてしまうと、当然ですが重要な仕事を任せてもらえなくなります。新しいプロジェクトがあっても、別の同僚に仕事を任せられてしまい、自分には誰でもできるような仕事しか回ってきません。

ポジションを奪われるのが同僚ならまだいいですが、部下や新しい新入社員に奪われると非常に辛いものがあります・・

重要な仕事を任せてもらえないと、仕事で結果を出すのが難しくなるため、結果的に昇進や昇給ができなくなります。

 

周囲から尊敬されなくなる

昇給や昇進できなくなるのも辛いですが、周囲から全く尊敬されなくなるのもサラリーマンにとっては非常に辛い事です。一度でも経験すれば分かりますが、自分を差し置いて仕事を進められると、会社にいる意味が分からなくなってしまいます。

特に男性の場合は社会において、上司や同僚、後輩から尊敬や評価を受けることで、仕事へのモチベーションが高くなります。

ダメ社員と会社で認定されてしまうと、周囲は誰も尊敬しなくなってしまいます。

 

修復するのが難しくなる

一度でもダメ社員と思われると、それを修復するのはかなり難しいです。

ダメ社員=何をやってもダメ=何も任せられない=挽回のチャンスがない

私の経験上このようになります。ダメ社員のレッテルを貼られると、まず仕事でのチャンスが貰えなくなります。そうなると会社で挽回するチャンスがなくなるので、修復するのに時間がかかってしまいます。

ダメ社員のレッテルを貼られる前であれば、仮に仕事でミスが続いても、上司は「頑張れ!」という意味を込めて仕事を回してくれるはずです。

完全な「ダメ社員」と思われる前に、仕事でのミスを挽回する必要があります。

 

2,ダメ社員の特徴や行動

 

時間に余裕を持って行動できない

毎回遅刻ギリギリに出社してきたり、休憩ギリギリまで休んでいる人は注意が必要です。日本人は特にルールやマナーには厳しい人が多いです。

時間に余裕を持って仕事が出来ない人は、社会人として評価されないのでダメ社員と思われても仕方ありません・・

せっかく仕事ができるのに、こういった小さなことで上司や社長からの評判を落とすのはもったいないですよね。私も若い頃はこういった事が原因で、上司から評価を受けられずにいました。

いつもより5分早く行動をするだけでも、上司からの評価は全然変わってきますよ。

 

仕事でメモを取らない

仕事でメモを取るのはとっても大切です。メモを取らずに同じミスを繰り返してしまったり、同じ質問を何度も聞いてしまうと、上司も飽きれてしまいます。

大切な事はしっかりメモに書き記しておくと、仕事でのミスは減らせられるし、上司からの信頼も得る事ができます。一度教えた事を何度も聞いてくるような部下に、重要な仕事を任せようとは思いませんよね・・・?

 

受動的な社員

受動的で自分から動かない社員は、「やる気がない。」と上司に思われてしまいます。このような従業員は基本的に与えられた仕事のみをこなし、それ以上のことは何もしません。

これでは会社での評価が落ちても仕方ありませんよね。仮に同じ同僚が、新しい仕事を貰うために積極的に動いていれば、上司はそちらを評価するのは至極当然のことです。

受動的ですと、仕事への熱意が伝わらないため「ダメ社員」と思われても仕方ありません。

上司から評価されたいのであれば、暇ができれば自分で仕事を見つけたり、上司に仕事を貰いに行く必要があります。

 

周りを見れない社員

自分の作業でいっぱいいっぱいになっている社員は、上司から評価を受けづらい傾向があります。入社して間もないのであれば、自分の仕事をこなすだけでもOKです。

しかし入社して何年も経っているのであれば、自分の仕事だけでなく、部下を育成したり仕事全体の流れを把握する必要があります。

このように部下の仕事をチェックしたり、仕事を全体像で見れるようになると、仕事での仕組みが分かり管理職への道が開けてきます。

何年も同じ仕事をしており評価されない方は、もっと仕事の全体像を見て、他の社員を動かしたり時間配分などを考えられると、上司から評価されますよ。

自分の仕事のことしか考えていない社員は、管理職の仕事を任せてもらえません。

 

自分の力を理解していない

自分の力を過信してしまうと、想定外のことが起きたり思わぬミスを連発するので注意が必要です。特にこれは若い方に多いのですが、「自分は仕事ができる!」とうぬぼれてしまうと、チェックを怠るので仕事でのミスが増えます。

反対に自分の仕事での力量が分かっていると、ミスを防ぐために努力をするので良い結果に繋がります。

 

スポンサードリンク

3,ダメ社員のレッテルを貼られている時は改善しよう

一度ダメ社員のレッテルを貼られると、それを改善するのは難しいです。しかし改善しなくては昇進・昇給は望めないし、いつま経っても会社のお荷物扱いにされてしまいます。

まずは自分が何故ダメ社員のレッテルを貼られたのか考えて、そこから対処していく必要があります。

 

分からない場合は素直に聞いてみる

もし自分が会社でお荷物扱いされている原因が分からない場合は、素直に上司に相談してみてもいいと思います。

「どうすればもっと評価を受けられますか?」
「仕事で成果を出したいので、ダメなところを教えてください!」

上司に聞きづらければ、信頼できる同僚や部下に相談するのもいいですね。自分のダメな所を聞くのは抵抗がありますが、プライドを捨てられると、悪い部分が見つかり改善に繋げられます。

 

評価されている社員を真似する

会社や職種によって評価される人は様々です。例えば精密機械を扱うような会社であれば、完璧主義でミスのない人が評価されたりします。

反対に営業など仕事の数をこなす職業では、完璧主義者は仕事が遅くなるので評価され辛いです。

その職種や会社によっても評価を受けられる人物像は変わってくるので、社員で評価されている人の働き方を真似るのが手っ取り早いです。

評価されている人の「働き方」「人付き合い」「時間配分」などを参考にして、上司から気に入られる社員を目指しましょう!

 

自分の力を知ることが大切

誰にでも得意不得意はあります。私の会社でも何人か社員を見てきましたが、できない社員でも評価を受ける事は可能です。そのためには、まずは自分の力を知る事が大切。

自分がミスを出す事を分かっていれば、その分注意するし見直しも行います。私の会社で働いていた従業員で、頭が悪く一般的には”出来が悪い”と言われる社員がいましたが、その方は自分の短所に気付いており上手くカバーしていました。

他の人より2重でミスをチェックするので、やはり仕事でのミスの量は少ないです。新しい仕事を覚える時は時間がかかりますが、人よりマメにメモを取り勉強量も多いので一度覚えると忘れる事がありません。

自分の力量を知っておくと、その分努力するので職場でも評価を受けられます。

 

4,オススメ転職エージェント

現在の職場でダメ社員のレッテルを貼られてしまい、昇進や昇給が期待出来ない場合は、心機一転して新しい職場で1からスタートするのもいいと思います。

最初からダメ社員にならないよう努力していれば、上司から評価も受けやすいです。

転職エージェントを利用すれば、仕事を続けながら転職活動が行えるのでリスクがなくオススメ。興味があれば無料登録してみて、どういったサービスを受けられるのか試しに使ってみてください。

 

リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェント】

 

キャリコネで企業調査を行う

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

これから転職先を探す場合は、まずはキャリコネで企業の口コミをチェックしておきましょう。それだけでも人間関係が良好で、環境の良い職場に入社できる確率が高まりますよ。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

5,まとめ

以上です。今回は、ダメ社員の特徴や行動、ダメ社員のレッテルを貼られてしまった時の”対処法”などをご紹介しました。社会では一度でもダメ社員のレッテルを貼られると、それを挽回したり修復するのは困難です。

改善するには、まず自分の何がダメで評価されていないのか知ることです。

自分の悪い所を知れば対策も打てるので、仕事で挽回するチャンスも訪れます。上司や同僚、部下など身近な人に相談して、仕事で評価を受けられない理由を聞いてみましょう。

もし今の職場での挽回が厳しいようであれば、転職エージェントなどを利用して、もっと活躍できそうな仕事に転職を考えるのも1つの手ですよ。

【関連記事】・ダメ店長や仕事ができない店長の特徴とは?店長に向いてない人の共通点や対処法

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*