Squareオンラインビジネス×「BASE&STORES」を徹底比較!オススメはどれ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「Squareオンラインビジネス」は2020年の10月に始まったネットショップの無料出店サービス。今回は競合である「BASE」や「STORES」との比較記事をご紹介します!

スポンサードリンク

ネットショップ出店サービスでは、無料ですと「BASE」「STORES」などが有名どころです。

しかし実際には他にもたくさんのサービスが存在しており、「BASE」や「STORES」と比較して引けを取らないサービスがあります。

「Squareオンラインビジネス」は、「費用0円で始められる」「初心者でも使いやすい」「実店舗とネットを一括管理できる」「電話サポートが付いている」など、たくさんの強みがあるので非常にオススメです。

これから独自ドメインでネットショップの出店を考えている方は、是非検討して下さいね。

(※この記事には一部、PRが含まれております。)
 

3社の基本情報を比較

まずは「Squareオンラインビジネス」「BASE」「STORES」の3社の基本情報を記載します。下記の表をご確認下さい。

サービス名 Squareオンラインビジネス BASE STORES.jp
初期費用 0円 0円 0円
月額費用 無料プラン0円
プロフェッショナル1,200円
パフォーマンス2,500円
プレミアム6,800円
0円 無料プラン0円
スタンダードプラン1,980円
決済手数料 無料プラン3.6%
プロフェッショナル3.6%
パフォーマンス3.6%
プレミアム3.3%
一律6.6%+40円 無料プラン5%
スタンダードプラン3.6%
独自ドメイン 無料はサブドメイン
プロフェッショナル以上で
独自ドメイン取得可
サブドメインのみ
独自ドメインは別途自分で取得
無料はサブドメイン
スタンダードプランで
独自ドメイン取得可
商品登録数 無制限 無制限 無制限
強み 決済手数料が安い
店舗とネットを一括管理できる
即日売上が振り込まれる
電話でのサポートがある
HTMLが使える
決済方法が多い
決済方法が多い
デザインテンプレートが多い
弱み 決済方法が少ない
デザインテンプレートが無い
独自ドメインが取得できない
決済手数料が高い
電話サポートが無い
売上の振込みが月1回
電話サポートが無い

上記が3社の基本的な仕様となります。どの会社にもそれぞれメリット・デメリットが存在するので、それらを考慮して比較するようにしましょう。

 

費用について

3社ともに無料プランは用意されており、どこを選んでも月額費や初期費用を掛けずに出店する事は可能です。

ただし決済手数料には違いがあり、毎月支払うコストは変わってくるので注意しましょう。

決済手数料で言えば「Squareオンラインビジネス」がオススメです。

仮に3社無料プランで出店する場合、「Squareオンラインビジネス 3.6%」「base 6.6%+40円」「stores 5.5%」となるため、2社に比べてSquareオンラインビジネスは半分近く安い手数料で済みます。

売上の振り込み手数料に関しても、Squareオンラインビジネスは無料ですが他の2社は手数料が掛かります。

 

独自ドメインについて

また独自ドメインは、どのサービスも無料プランで取得する事はできません。無料プランの場合は取得できるのはサブドメインのみとなります。

「Squareオンラインビジネス」と「stores」については、有料プランにすれば独自ドメインを取得できます。

「BASE」の場合は、独自ドメインを使用したい場合は自分で別途取得する必要があります。そこまで難しくはないですが、他のサービスを使いドメイン取得を行う必要があり、少し手間です。

 

Squareオンラインビジネスに出店するメリット・デメリット

まずはSquareオンラインビジネスに出店するメリット・デメリットを見ていきましょう。

【Squareオンラインビジネスに出店するメリット】
・決済手数料が安い
・店舗とネットを一括管理できる
・即日売上が振り込まれる
・店舗受取やデリバリーなどにも対応
・電話でのサポートがある
【Squareオンラインビジネスに出店するデメリット】
・決済方法が少ない
・デザインテンプレートが無い

Squareオンラインビジネスに出店する一番のメリットは、コストを抑えられることです。

初期費用や月額費用が掛からないのは3社とも共通ですが、決済手数料が安く、その他の振り込み手数料やオプション費用なども掛かりません。

それとネットショップとリアル店舗を一緒に運営していく方にもオススメです。注文や売上から在庫の管理まで一括で行えて、業種や事業規模に関わらず使える機能が揃っています。

飲食店であれば、店舗受取やデリバリーなどとして利用する事も可能です。

また他の2社に比べて機能が少なくカスタマイズ性は落ちますが、その分設定する項目が少ないため、初心者には使いやすい仕様となっています。

それと分からない事がある場合、サポートセンターに「電話」「メール」などで問い合わせが行なえます。

ネットショップを運営していると分からない事はたくさん出てくるため、無料で電話サポートが受けられるのは非常に助かります。

 

スポンサードリンク

baseに出店するメリット・デメリット

続いては、baseに出店するメリット・デメリットを見ていきましょう。

【baseに出店するメリット】
・カスタマイズ性が高い
・決済方法が多い
・HTMLが使える
【baseに出店するデメリット】
・独自ドメインが取得できない
・決済手数料が高い
・電話サポートが無い

baseはこの3社の中では一番カスタマイズ性が高く、HTMLなどの編集も可能となっています。

決済方法は「クレジットカード決済」「コンビニ(Pay-easy)決済」「銀行振込決済」「キャリア決済」「PayPal決済」「後払い決済」に対応しており、一般的に使われる決済方法は網羅されています。

お問い合わせフォームやメール、チャットでのサポートがあり、分からない事はオペレーターに聞く事ができます。ただし電話での対応は行なっていません。

デメリットとしては、やはり決済手数料が3社の中でも高い事が挙げられます。Squareオンラインビジネスの有料プランと比べると、2倍決済手数料が高くなるので、売上が大きくなるにつれて負担が増えてしまいます。

それと独自ドメインを取得したい場合は、自分でお名前.comなどで取得して設定する必要があります。

 

storesに出店するメリット・デメリット

最後に、storesに出店するメリット・デメリットをご紹介します。

【storesに出店するメリット】
・決済方法が多い

・デザインテンプレートが多い

【storesに出店するデメリット】
・HTMLが使えない
・売上の振込みが月1回
・電話サポートが無い

storesには、「クレジットカード」「コンビニ決済」「キャリア決済」「銀行振込」「Paypal」「翌月後払い(Paidy)」「楽天ペイ」と豊富な決済方法が用意されています。有料プランであれば、さらに「代引き」「Amazon Pay」の二つが追加されます。

有料プランであれば、あらかじめ代引きが使えるのも大きいですね。

それとstoresはデザインテンプレートの種類が豊富で、オシャレなお店をテンプレートを使って作りたい方にはオススメ。HTMLなどの知識が無くても手軽にオシャレなページ作りができます。

デメリットとしては、売上の振込みペースが月1回と遅い事が挙げられます。

storesでのサポートはメール対応のみとなっており、電話対応は行なっていません。

 

結局どれがオススメ?

3社を様々な視点から比較しましたが、結局の所どのサービスがオススメなのかは、利用する人によって変わってきます。長所と短所を理解して、自分に合ったサービスやプランを選ぶ事が大切です。

 

Squareオンラインビジネスはこんな人にオススメ!

【Squareオンラインビジネスがオススメな人】
・コストを抑えたい方
・難しい操作が苦手な方
・電話サポートを受けたい方

まず費用面が一番気になる方であれば、「Squareオンラインビジネス」が圧倒的に安いのでオススメ。

無料プランでの3社の手数料を比較すると「Squareオンラインビジネス 3.6%」「base 6.6%+40円」「stores 5.5%」と手数料が安いです。

さらに振り込み手数料などその他に掛かる費用が0円。baseとstoresに関しては毎回振り込み手数料が必要となります。

それと難しい操作が苦手な方にも、Squareオンラインビジネスはオススメです。まず余計な設定がないためシンプルで簡単にお店を運営できます。

人によってはデメリットに感じるかもしれませんが、機能が多いという事はそれだけ設定する事が多く複雑という事になります。

その点Squareオンラインビジネスはシンプルで直感的に使えます。

またSquareオンラインビジネスでは、電話サポートが付いてる事も魅力的です。

ネットショップを始めて作る方であれば分からない事だらけなので、サポートがあると非常に助かります。

 

「base」はこんな人にオススメ!

【baseがオススメな人】
・HTMLを利用したい方
・本格的なネットショップを作りたい方

この3社の中で、唯一「HTML」が利用できるのはbaseのみとなります。ですのでHTMLを使ってサイトを設計したければbaseを選んでください。

他にも設定できる機能が豊富に揃っており、無料版の中ではもっともカスタマイズ性が高いサービスとなります。

一番利用者が多く知名度も高いサービスですね。

 

「stores」はこんな人にオススメ!

【storesがオススメな人】
・テンプレートでカスタマイズしたい方
・オシャレなページ作りがしたい方

storesにはたくさんのデザインテンプレートが用意されています。ネットショップ初心者でも、直感的にテンプレートでオシャレなページ作りが行なえます。

HTMLなどの知識が必要なく、オシャレなページを作れるのが魅力的です。

決済方法も豊富で有料プランであれば代引きなども設定できます。

 

まとめ

以上です。今回は「Squareオンラインビジネス」「BASE」「STORES」を様々な角度から見て、どのサービスがオススメなのかをご紹介しました。

結論から言えば、特に拘りがなく初めてネットショップを作るのであれば、「Squareオンラインビジネス」がオススメです。費用を抑えられる上に電話でのサポートを受けられるのは大きいですね。

反対にコストはそこまで気にせず、カスタマイズ性の高いネットショップ運営をしたいのであれば「base」「stores」を選ぶのが良いと思います。

baseはHTMLなどで本格的なネットショップを作りたい方向け、テンプレートでオシャレなページがしたい方は「stores」を選ぶのがオススメです。

他にもネットショップの出店サービスはたくさん存在しますが、無料で始めたいなら今回ご紹介する3社がオススメです!

【関連記事】・ネットショップを開設するモール、カートのおすすめ出店先を比較!無料出店も!

是非今回の記事を参考にして、自分にあったサービスを見つけて下さいね。

 

自社ショッピングカートオススメ1位「スクエアオンラインストア」

  スクエアオンラインストアとは「月額費用0円」「初期費用0円」で始められる、ネットショップの構築サービスです。開設や運用に掛かる費用が全て無料となっており、固定費が一切掛からないのが魅力的。  
【公式サイトはこちら】
スクエアオンラインストア
     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*