Qoo10(キューテン)に出店して売れる?ネットショップを半年間出店してみて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
qoo10-276x300

ネットショップのECモールで「Qoo10(キューテン)」というサイトはご存知でしょうか?楽天、アマゾン、ヤフーなどの大手ECモールであればある程度の規模感は分かりますが、小規模ECモールの規模感は掴みにくいところです。

スポンサードリンク

今回は私がQoo10(キューテン)にネットショップを出店してみて、現在の売上状況やモールの特徴などを解説していきたいと思います。

「Qoo10(キューテン)で出店した場合売れるのか?」と悩んでいる方であれば、是非一読してみて下さいね。

目次

1,Qoo10(キューテン)とは?
2,Qoo10(キューテン)出店でおすすめのジャンル
3,Qoo10(キューテン)に出店して、店舗側がやる作業とは?
4,私がQoo10(キューテン)で半年間ネットショップを運営してみて
5,その他ネットショップオススメの出店先
6,Q10出店のまとめ

 

1,Qoo10(キューテン)とは?

Qoo10(キューテン)

Qoo10(キューテン)とはジオシスグループが運営する、インターネット上の通販サイトのことです。

ジオシスグループとはシンガポール拠点の会社で、ebayとGmarket創設者のク・ヨンベがジョイントベンチャーで設立した会社です。

ebayもGmarketも世界規模で活躍している大企業なので、Qoo10(キューテン)に出店する際も、安心して出店する事ができますね。

Qoo10は日本以外にもシンガポール、インドネシア、マレーシア、中国、香港とアジア圏内でショッピングモールを展開しています。

 

女性からの指示が強いQoo10(キューテン)

メインユーザーとなっているのは20代~40代の女性で、順調に会員数も伸ばしています。

Qoo10のシェア比率
・女性80%:男性20%
・携帯スマホ80%:PCタブレット20%

購入率としては女性が8割を占めており、ほとんどがスマホ経由の売上になっています。

 

Qoo10の会員数

Qoo10の日本での員数は600万人を突破しており、世界的に見ても増えていっています。ちなみに楽天の会員数は1億人を突破しています。これには私も驚きました。

※関連記事
⇒「楽天にネットショップ出店して売れるの?【2017年度版】」はコチラから

やはり会員登録数では全く歯が立ちませんね。しかし伸び白はQoo10のほうがあります。

Qoo10シンガポールサイト 会員数175万人(2015年1月)
Qoo10マレーシアサイト 会員数180万人(2015年1月)
Qoo10インドネシア 会員数115万人(2015年1月)
Qoo10中国サイト 会員数1850万人(2015年1月)

アジア圏でも実力を発揮しています。Qoo10での海外販売なども視野に入れると売上拡大が見込めるかもしれません。

 

出店店舗数はまだまだ少なめ

出店店舗数は5000店舗程と比較的少なめです。楽天の4万店舗やヤフーの37万店舗とは比べ物にならないくらい少ないです。(ちなみにヤフーは無料化で一気に出店店舗数が増えたので、活動していないお店もたくさんあります。)

これは競合が少ないということなので、小規模のネットショップ運営者でもチャンスがあるということになりますね。

 

出店者に良心的

担当者にもよるかもしれませんが、成長期のショッピングモールなのでとても良心的です。

セールをかけるときも「割引額をQoo10側で負担します」なんてことを毎回提案してくれますし、広告費と売上に対する手数料以外に支払うものがないです。

他のモールでネットショップを運営していれば、様々な支払いが生じてきます。

・クレジットの手数料
・アフィリエイト代
・ポイント還元費
・CSVファイルの利用料

正直まだまだ支払っている項目はあります。ちょっとアホらしくなります。q10ではこういった支払いが少ないのも嬉しいですね。

 

2,Qoo10(キューテン)出店でおすすめのジャンル

Qoo10(キューテン)

Qoo10ではファッションジャンルが売上の44%を占めており、圧倒的なシェアを誇っています。

特にレディースファッションが強いですね。若い女性のユーザーが多いので、ビューティー・コスメ分野なども人気があります。

ネットショップを運営する場合、モールとの相性はとても重要です。ショッピングモールの規模が小さくても、ジャンルがはまれば大きく売れる可能性はあります。

Qoo10(キューテン)で販売するのなら若い女性向けのアイテムやファッション系がおすすめですね。

 

スポンサードリンク

3,Qoo10(キューテン)に出店して、店舗側がやる作業とは?

Qoo10(キューテン)は楽天やヤフーなどに比べて、出店者側が行う作業が少ないです。ですので「片手間でやる」というイメージでも全然運営できちゃいますね。

 

商品登録やページ更新は担当者がやってくれる

おそらく店舗ごとに違いますが私のサイトはQoo10担当者がほとんどやってくれています。正直何もしていません。やることといえば新作データを楽天からCSVで取り出して、担当者にメールで送るくらいです。

店舗によって待遇が違ってきますが、担当者側で商品登録など行ってくれる場合もあります。私は担当者に非常に助けられています。そこまで売れるわけでなくても、手間がなければ出しておいても損はありませんね。

 

出荷作業は自分たちで

Qoo10で売れた商品を出荷するのは、お店側の仕事です。アマゾンのように商品を預けるとなると管理が大変なので、ここは自分たちで管理したほうが楽なので問題ありません。

 

お客さんの対応

私のお店を見てみると店舗情報のところに「問い合わせはメールでお願いします」って書いてあります。Qoo10の電話対応ほとんどないように見えます。売上が小さいからかもしれませんが。

Qoo10側のホームページを見ると、「Qoo10側でお客様の対応をする」と記述があるので、もしかすると問い合わせはすべてQoo10側にいっているのかもしれませんね。

 

4,私がQoo10(キューテン)で半年間ネットショップを運営してみて

私はメンズアパレルでネットショップを運営してます。Qoo10(キューテン)には2016年の3月頃に出店したので、半年ちょっと経ちました。

これまでに、「楽天」「ワウマ」「アマゾン」「ヤフー」「ショップリスト」「自社サイト」など、数多くのネットショップを出店させてきました。

ちなみに初月は7万くらいの売上でした。次の月でまともに1ヶ月運営して50万ほどの売上です。私の店舗の規模からすれば片手間でこれだけ売れれば十分だと思います。

 

Qoo10(キューテン)では売れるアイテムがあると強い

この50万という売上ですがほとんどが2商品で成り立っていました。カーディガンの在庫が1000点程余っていたのがあったので、試しに700円とかで販売をかけてみたんですよね。

するとこの商品があたって結構売れました。もともと卸業者から安く(1着300円くらい)で仕入れたものなので、それでも利益は出せました。

やはりデザインや品質どうこうでなく、Qoo10(キューテン)ではとにかく安いものが売れるような印象ですね。

 

Qoo10(キューテン)では広告も大事

カーディガンを売るときは広告を使っていました。週に1万円くらいなので月額でも5万くらいで収まります。これも担当者の力が強く、いい枠をたくさん紹介してくれました。

「お金だけ支払って後はすべて任せます」って感じですね。私が広告の面でやることは何もなく、どこに広告が掲載されているか確認するぐらいでした。

 

カーディガンの在庫がなくなって

Qoo10(キューテン)で主力商品として売っていたカーディガンの在庫がなくなってくると、売上もどんどん低下していきました。別の商品に同じ広告を当ててみましたが、あまり効果はよくなかったですね。

 

広告を止めてどのくらい売れるか試してみた

広告が止まっている日というのは”売上0”の時もよくあるので、様子を見て撤退しようと思っていました。これは先月とかの話なんですけどね。広告を停止してると大体一月、20万くらいの売上でしたね。

在庫の連携などシステムのほうは構築してあるので、今は勝手に20万売れてくれればいいかなと言う感じです。

 

5,その他ネットショップオススメの出店先

Q10はまだまだ成長段階のモールです。すぐに結果を出すのは難しいので、まずは「楽天」など売れやすいモールへの出店がオススメです。

ここでは「オススメのネットショップの出店先」をご紹介します。Q10より攻略が簡単なモールがたくさんあるので、是非参考にしてくださいね!

出店先選びを間違えると、いつまで経っても売れないので気をつけましょう。

 

ネットショップのオススメ出店先楽天市場(日本最大級のショッピングモール。)
Wowma!(ワウマ)(出店費用が安いショッピングモール。)
無料ネットショップ開業「BASE」(無料でオープンできる自社サイトシステム)
ショップサーブ(オールラウンドの自社カートシステム)

 

ネットショップの出店先で1番オススメなのは、楽天市場ですね。集客力の強いショッピングモールを使うと、売上を伸ばしやすいです!

初動から売上を作れれば、ネットショップへのモチベーションが高まるし、何より気持ちに余裕ができます。その点、Q19など小さなモールから始めてしまうと、最初売れないので必ず苦戦します。

これによって挫折する人が非常に多いです・・・

下記の記事では、2019年にオススメの出店先をすべて公開しています。ネットショップの出店先で悩んでいる方は、是非参考にしてくださいね。

【関連記事】・【2019年】ネットショップを開設するモール、カートのおすすめ比較!無料出店も!

 

オススメの出店先1:楽天市場


【公式サイトはコチラ】
楽天市場

楽天市場は一番売上が作りやすく、安定するのでオススメです。ただしネックとなるのは費用面ですね・・

私の知っているお店でも、ほとんどのショップが楽天市場が収益のメインとなっていることが多いです。楽天には様々な「プラン」が存在するので、興味があれば一度無料の資料請求を行い検討してみましょう。

 

オススメの出店先2:ワウマ

【公式サイトはコチラ】
KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)

極力費用を抑えて出店したいのであれば「ワウマ」がオススメです。ワウマは初期コストもラーニングコストも安いです。

楽天ほどの集客力はないですが、それなりに集客力があり、これから売上を伸ばしやすいモールだと思います。

 

6,Q10出店のまとめ

私がネットショップをQoo10(キューテン)で運営してみた感想としては、思ったほど悪くないです。メンズの店舗によっては500万くらい売るところもあるみたいなので、複数ショップ運営しているのなら1つ増やしてみてもありじゃないでしょうか?

手間もほとんど掛からないので人員を割くこともほとんどないかと思います。

 

勧誘を待つのが一番いい

ネットショップはどこでもいえますが、「勧誘されて出店する」のと「自分から出店したい」と申し出るのでは少し違ってきます。今はどうか知りませんが、楽天も昔は特別な優遇があったと聞いたことがありますからね。

ショッピングモールから勧誘してくれば小規模のモールであれば、初期費用を無料にしたり店舗サポートを強くする交渉ができます。「出店したい」と連絡してきた店舗にはそんなことする必要ありませんよね。

最初に有利な条件で出店できると後々楽ですよ。

 

ネットショッピングの仕入先はネッシーがオススメ!

ネットショッピングを運営するなら、「ネッシー」での仕入れをオススメします。
業界最大手で、ジャンルを問わず様々な商品を仕入れることが可能です。
費用は一切掛からず、開業前でも使えるのが嬉しいですね。無料会員登録すれば、商品の仕入れ価格が見れるようになります。

ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)


 

   

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





「Wowma!ワウマ」に無料出店しよう!

ワウマは現在急成長しているショッピングモールの1つ。初期費用や月額手数料が無料なので、ネットショップを運営しているのであれば出店するべきです。

【※今なら出店無料】

KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*