コールセンターの仕事が「辛い」と感じる理由・原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「コールセンターの仕事が辛い。」このように感じた事はありませんか?コールセンターは「給料が高い」「残業がほとんどない」「未経験者でも活躍できる」など魅力がたくさんある仕事ですが、その反面仕事内容は非常に大変です。

スポンサードリンク

お客様のクレーム対応や、営業的な仕事も行う必要があり、ほとんどの職場では離職率が高い傾向があります。

このように感じてしまう理由には一体何があるのでしょうか?今回は「コールセンターの仕事が「辛い」と感じる理由・原因」をご紹介します。

 

コールセンターで働くメリット・魅力について

コールセンターは女性がたくさん活躍する職場です。

求人数が多く揃っており、「働いてみよう!」「コールセンターの仕事にチャレンジしたい!」と考える人は意外と多いです。まずはコールセンターで働くメリットについてご紹介します。

【コールセンターで働くメリット・魅力】
●給料が高い
●未経験者でも即戦力として働ける
●実力が評価される
●体力が必要ない
●求人数が多い
●残業がない

コールセンターで働く魅力やメリットは上記の通りです。一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

コールセンターで働くメリット1:給料が高い

どの求人を見ても分かりますが、コールセンターの仕事は「時給」が高い傾向があります。基本的に掲載されている求人は時給1200円以上が相場となっています。

普通のバイトやパートであれば、1000円を下回る事が多いため、それらと比べるとかなり割高ですね。

これ以外にも営業を行い「インセンティブ」が発生する職場があり、契約件数によって給料が固定給に上乗せされます。

コールセンターでは基本給以外のインセンティブだけで月に数十万円稼ぐ人もいらっしゃいます。固定給30万円に歩合だけで10万円稼げれば、月収40万円になりますね。

コールセンターでこのような営業で給料が上乗せされる職場を探す場合は、「固定給+歩合制」と表示されている仕事を探すのがオススメです。

 

コールセンターで働くメリット2:未経験者でも即戦力として働ける

コールセンターでは、特別な「スキル」「経験」「資格」がない方でも即戦力として働けます。例えば下記のような人たち。

【こんな人でも即戦力で活躍できる!】
●主婦
●学生
●パートやアルバイトをしていた方

上記の人たちは、普通の正社員の人に比べると「スキル」「経験」が少なく、職場によっては雇ってもらえない事も考えられます。しかしコールセンターであれば上記のような人たちでも、すぐに即戦力として働く事が可能です。

接客や営業に自信がある方であれば、すぐに才能が発揮されて職場で活躍できます!誰でも活躍できるのは働く上で非常に大きな魅力ですね!

 

コールセンターで働くメリット3:実力が評価される

コールセンターは営業的な側面も持ち合わせており、実力次第で大きく稼いだり出世できる仕事です。新人として働き始めた「主婦」の方が、接客力やトーク力が高く、入社後すぐに社内でトップの成績を出す、なんてことも珍しくありません。

コールセンターは、「職場に長く在籍している人」「高い学歴がある人」こういった事に関係なく、実力で評価を受けられる仕事です。

 

コールセンターで働くメリット4:体力が必要ない

コールセンターでは一日中座って働きます。ですので体力がほとんど必要なく、女性からも人気が高い職業となっております。

一般的なアルバイト、例えば飲食系や販売系など、基本的に立ち仕事がほとんどです。

こうなると女性の場合、事務の仕事を探す方が多いですが、資格が必要だったり給料が安いなどで上手く仕事が見つかりません。

そんな方でもコールセンターの仕事はオススメです。

 

コールセンターで働くメリット5:求人数が多い

コールセンターの仕事は求人数が非常に多く掲載されています。ハローワークなどでも多いですが、転職サイト、転職エージェントなども見ても、コールセンターの求人は常に掲載されています。

求人数が多いという事は、それだけ自分の希望に合った職場を見つけという事です。

 

コールセンターで働くメリット6:残業がない

コールセンターではシフト制で仕事を組んでいる職場が多く、残業や休日出勤などが基本的にはないです。社員の突発的な休みが出れば別ですが、それ以外はシフトでしっかり割り当てられており、決められた時間内で仕事が終ります。

稀に電話対応が長引いたり、事務作業などで残業が発生する事はありますが、他の仕事に比べれば比較的少ない方です。

 

コールセンターの仕事が「辛い」と感じてしまう理由・原因

これまでコールセンターで働くメリットを紹介してきましたが、実はこれだけのメリットがあっても「仕事が辛い!」と感じる人が世の中には多くいらっしゃいます。

続いては、コールセンターの仕事が「辛い」と感じてしまう理由・原因を見ていきましょう。

【コールセンターの仕事が「辛い」と感じてしまう理由・原因】
●お客様からのクレーム
●過剰なノルマ
●面倒な研修期間
●お客様とのやり取りを上司にチェックされる
●職場の人間関係
●覚える事が多い
●腰痛・肩こり
●お客様に上手く説明ができない

 

コールセンターの仕事が「辛い」と感じる理由1:お客様からのクレーム

実際にコールセンターで働いた人は皆、「クレーム対応が大変。」と口を揃えて言います。どんな仕事でもお客さまと関わる以上、多少のクレームは出てきます。

しかしコールセンターの場合は、お客様からの問い合わせを全て任せられているため、「商品へのクレーム」「サービスへのクレーム」「会社へのクレーム」など、すべてのクレームがコールセンターのスタッフにぶつけられます。

自分がミスをして、それに対するクレームであればまだ納得できます。しかし他の人がミスをした事に対するクレーム、会社のサービスに対するクレーム、あきらかに理不尽なクレームだと、正直素直に受け入れる事ができません。

そんな中でもコールセンターのスタッフである以上、クレームにきちんと対応して、相手をなだめなければいけません。これは本当に辛い仕事です。

 

コールセンターの仕事が「辛い」と感じる理由2:過剰なノルマ

コールセンターでは「発信」「受診」の仕事に分かれています。受診とは相手からの電話を受ける仕事です。例えば「商品やサービスについての問い合わせ」「クレーム対応」などですね。

反対に「発信」の場合は、こちらからお客様に電話をして「新しいサービスを提案する」「新規顧客を開拓する」といった営業的な仕事を行う必要があります。

この場合、契約件数に「ノルマ」が課せられる事があるため、プレッシャーを感じてしまいます。

最近ではノルマのない仕事も増えていますが、やはり周囲と比べて明らかに契約件数が少ない、毎月全く契約が取れない、などが続くと上から指摘されます。

営業をやる以上「これくらいはクリアしなければいけない」と思われる基準があるので、どうしてもノルマのように感じてしまい辛いです。

 

コールセンターの仕事が「辛い」と感じる理由3:面倒な研修期間

ほとんどのコールセンターでは仕事に就く前に、「研修期間」が設けられます。

コールセンターのスタッフはお客様と一対一で会話するので、最低限度の「言葉使い」「ビジネスマナー」「サービスや商品に対する知識」が必要となってきます。研修期間を設けることで、お客様に迷惑をかけずに電話対応ができるようになります。

職場にもよりますが、研修期間は概ね2週間~1ヶ月程度となります。その期間中は、お客様の対応方法やサービス・商品に対する知識など、覚える事が山のようにあります。

言葉使いやビジネス用語など、細かいポイントも指摘されるので、研修期間に仕事を辞めてしまう人も少なくありません。

 

コールセンターの仕事が「辛い」と感じる理由4:お客様とのやり取りを上司にチェックされる


「お客様とどのような会話をしているか?」
「従業員の言葉使いはしっかりできているか?」

など、コールセンターでは定期的に品質向上のため音声を録音しています。厳しい上司だとちょっとした言葉使い、対応方法に厳しく注意してくる事があります。

仕事なので仕方のない事ですが、人によってはストレスを感じてしまい仕事が嫌になります。

 

コールセンターの仕事が「辛い」と感じる理由5:職場の人間関係

コールンセンターは「女性が多い職場」「ずっと同じ空間で仕事する」こういった事もあり、人間関係でのトラブルが起こりやすい職場です。グループや派閥ができたり、無視、冷たい態度を取る、などは割りと多く勃発します。

同じ空間で仕事をする以上、最低限度のコミュニケーションをとらなければ良好な人間関係を構築できません。

 

コールセンターの仕事が「辛い」と感じる理由6:覚える事が多い

コールセンターでは「商品の説明」「サービスの説明」などを行わなければいけないので、自社の製品については一通り頭に叩き込む必要があります。さらにお客様への対応方法や言葉使い、ビジネスマナーなども勉強しなければいけないので、覚える事が非常に多いです。

適当に電話対応をすれば良い、という話ではありません。

 

コールセンターの仕事が「辛い」と感じる理由7:腰痛・肩こり

立ち仕事のように「体力がつらい」「足が筋肉痛になる」という事はないですが、座り仕事には座り仕事特有の問題があります。

それは「腰痛」「肩こり」などです。長時間座っていると、どうしてもこのような体の不調を訴える人が出てきます。他にもパソコンを使っているので「目の疲れ」「頭痛」なども生じる場合があります。

仕事による体調不良は直すのが難しく、必要以上に仕事が辛く感じてしまいます。

 

コールセンターの仕事が「辛い」と感じる理由8:お客様に上手く説明ができない

コールセンターのように電話のみでお客様と接する場合、上手く会話ができないと悔しく感じます。

「商品説明が上手く出来なかった。」「クレーム対応でお客様に納得してもらえなかった。」

トークスキルがないと、このような悩みに度々衝突します。

 

スポンサードリンク

転職エージェントに相談してみよう

「コールセンターの仕事が辛い」このように感じてしまう場合は、コールセンターの仕事がそもそも向いてない可能性が高いです。

例えば「接客が苦手」「会話が上手くない」「打たれ弱い」このような人だと、コールセンターでは辛い思いをする事が多いです。こんな場合はコールセンター以外の仕事への転職も視野に入れておきましょう。

すぐに転職する必要はないですが、まずはネットで使える転職サービスを利用して、自分に向いている仕事がないのかチェックしてみましょう!

転職エージェントに無料登録を行えば、全国の求人をチェックしたり、転職のプロに仕事の相談ができるようになります。全てネット上で行えるので非常に便利です。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

コールセンターの仕事が「辛い」と感じる理由のまとめ

以上です。コールセンターの仕事は「給料が高い」「未経験者でも活躍できる」「座って仕事ができる」といった多くのメリットがありますが、
実際にはそれ以上に辛いことが多く離職率が高いのが現状となっています。

「ノルマ」「接客」「クレーム」「営業」などが苦手でなければ、コールセンターの仕事は長続きします。

しかし反対にこれらに苦手意識を感じる場合は、コールセンターの仕事が辛く感じてしまうでしょう。これはその人の「性格」などが関係しているので、どうしようもない事です。

もちろん職場によっては「働きやすい職場」「働き辛い職場」が存在するので、別のコールセンターへの転職を考えるのもありだと思います。

しかし基本的にはコールセンターが向かない人は長続きしないので、別の仕事への転職を考えるのがオススメです。

転職差の際には、先ほどご紹介した「転職エージェント」などを活用するのがオススメです。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*