建設業&建築業を辞めたいのは何故?辛いと感じる理由や、建設業から転職について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

建設業界は労働時間が長く、体力面でもキツイ仕事です。仕事としてのやりがいはあるのですが、「仕事が辛い。」「仕事を辞めたい。」と感じている人が実は大勢いらっしゃいます。

スポンサードリンク

建設業界はブラック企業が多いことでも有名です。長時間労働やサービス残業はもちろん、職場には怖い社員が多く、「パワハラ」「モラハラ」などが横行しています。

こういった事もあり、「建設業を辞めたい」と感じている人は年々増加しています。今回は建設業を辞めたい理由や、建設業からのオススメの転職先などについてご紹介いたします。

建設業に務めており、毎日の生活が辛く感じている人は是非目を通してください。

目次

1,建設業を辞めたい理由とは?
2,仕事を辞めれない場合は退職代行サービスを使う
3,建設業からのオススメの転職先について
4,転職エージェントを利用しよう!
5,建設業を辞めたいのまとめ

 

1,建設業を辞めたい理由とは?

「建設業を辞めたい」と感じる主な理由は下記の6つです。

【建設業を辞めたい理由】
●休みが少ない
●大変な仕事の割に安月給
●職場に怖い人が多い
●転勤が多い
●残業が多い&残業代が支給されない
●職場がおじさんばかり

辞めたい理由は人それぞれ違いますが、こういった事が引き金となり「転職」を考える人は多いです。それでは一つずつ具体的に見ていきましょう。

 

建設業を辞めたい理由1:「休みが少ない」

建設業は年間休日が少ない仕事です。特に従業員数が30人未満の中小企業では、基本的に休日は日曜のみとなっている事が多いです。

建設には期日が決められているので、それに間に合わなければ休日返上で働くことになります。完全週休一日の休みで、休日出勤なんてしていたら、一体いつ休めば良いのか分かりませんよね・・・

大型連休は多少貰えるでしょうが、仕事が立て続けに入っていればそれも怪しいです。

大企業であれば人材も揃っており、もう少しまともな休日が貰えます。

 

建設業を辞めたい理由2:「給料は高いが仕事が内容が過酷すぎる」

建設業の給料は他の職業に比べて決して安くはないですが、それ以上に仕事が大変で嫌になる人が多いです。

建設業と言っても年齢や企業によって、大きく年収は異なります。ここでは建設業界のおおまかな平均年収を見ていきましょう。

【建設業界の年齢別の平均年収】
●20代 400万~500万円前後
●30代 500万~600万円前後
●40代 600万~750万円前後
●50代 800万~900万円前後

建設業界では年齢が上がると給料も上がる傾向があります。「部長」「課長」など役職がつけば、さらに給料が上乗せされることになります。大卒や資格なども考慮されます。

普通の職業と比べると、平均年収が非常に高い事が分かりますよね。これらを考慮しても「仕事を辞めたい」と感じてしまうほど、仕事内容が過酷な業界なのです。

 

建設業を辞めたい理由3:「職場に怖い人が多い」

建設業界で働く人たちは、基本的に気性が荒く言葉遣いが悪い人が多いです。

同じ建設会社で働く上司はもちろんですが、一緒に現場で仕事をする「職人」にも怖い人が多いです。ちょっとしたミスや作業の訂正などでも怒鳴られる事があり、人間関係によるストレスは大きいです。

同じように気性が荒く気の強い人であればやっていけますが、気が弱いと職人にまで舐められてしまい、辛い思いをする事になります。

 

建設業を辞めたい理由4:「転勤が多い」

建設業は数ある職業の中でも、転勤が非常に多い仕事です。職場によっては、現場が変わる度に転勤を命じられ事もあります。

独身であれば良いかもしれませんが、家族が居る場合は辛いですよね・・・

ちなみに転勤にもメリットはあります。例えば独身の方であれば、東京、大阪などへの転勤であれば、夜仕事仲間と飲みに行ったりできるので、割と楽しむ事ができます。

しかし地方への転勤の場合は、毎日する事もなく友達もおらず、退屈に感じ事が多くなります。

 

建設業を辞めたい理由5:「残業が多い&残業代が支給されない」

建設の仕事は、仕事を終らせなければいけない「期日」が決まってますので、終らなければ残業をして終らせる必要があります。

建設の仕事は現場での仕事もありますが、さらにそこからデスクワークも行わなければいけません。

夕方頃から建設の図面を書いたり書類を作ったりしていると、気付けば夜の9時、10時になっていることは当たり前。

建設関係の仕事量は年々増えており、仕事が多いのは嬉しいですが、人材不足に陥り一人ひとりの作業時間が増えています。そのせいで残業をたくさん強いられる事もしばしばあります。

 

建設業を辞めたい理由6:「職場がおじさんばかり」

建設業で働く方はオジサンが多いです。職場で働く人たちがオジサンばかりだと、一緒に働くのが嫌になる事があります。

特に会社の「寮」に入ると最悪です。場合によっては、知らないオジサンたちと同じ部屋で過ごさなくてはいけなる事もあります。

現場の職人もイカツイ男性が多いし、同僚や上司も男ばかり。「もう少し華やかで、女性が居る職場で働きたい!」このように感じてしまう人も多いです。

 

2,仕事を辞めれない場合は退職代行サービスを使う

建設業界は職場の上司に怖い人が多く、「仕事を辞めたいけど辞められない・・」と感じている人が多いです。こういった場合は、「退職代行サービス」を使うのがオススメ。

退職代行サービスとは、本人に代わって退職の意向を会社側に伝えてくれる便利なサービスです。


●仕事が忙しくて辞めれない人
●職場の上司が怖くて退職を言い出せない人
●辞める事を告げたがズルズル引き伸ばされている人

退職代行サービスは上記のような人にオススメ。退職できず困っている場合は、是非相談してくださいね。

 

オススメの退職代行サービス:汐留パートナーズ法律事務所

汐留パートナーズ法律事務所は、弁護士が直接対応する「退職代行サービス」なので法律面でも安心です。民間の代行サービスに任せると、後々問題になるケースがあります。

会社側が納得してくれなかったり、最悪の場合は「訴訟」を引き起こされるケースも。

汐留パートナーズ法律事務所では最初から最後まで弁護士が対応してくれるので、トラブルに巻き込まれる心配がありません。相談は無料で、代行サービスの価格は54,000円です。

汐留パートナーズ法律事務所代行サービス

 

スポンサードリンク

3,建設業からのオススメの転職先について

続いては、建設業からのオススメの転職先についてご紹介します。建設業を嫌になってしまった場合、これまでのスキルや経験を生かせる仕事には、一体どういったものがあるのでしょうか?

 

建設業からのオススメの転職先1:工場・製造業

建設業からの転職でもっともオススメなのは、「工場・製造業」の仕事です。工場や製造業では仕事環境がしっかり整備されており、働きやすい環境が整っています。

建設業のようにサービス残業や休日出勤はほとんどなく、転職すれば非常に働き易く感じるでしょう。

「物づくり」という意味では、建設業と似ている仕事です。

ランスタッド工場、製造業、梱包作業、軽作業などの仕事が充実している派遣紹介サイトです。求人数が多く、担当者のサポート体制にも高い評価があります。

電話やWEBで3分で簡単に無料登録が行えます!高時給の派遣の仕事が充実しているので、興味があれば登録して求人のチェックを行いましょう!

通常勤務はもちろん、短期の仕事も用意されています。

製造・軽作業のお仕事ならランスタッドへ

 

建設業からのオススメの転職先2:営業職

建設業のスキルや経験を生かす事はできませんが、営業職もオススメです。営業職は未経験者からもスタートできますので、建設業からでも簡単に転職出来ます。

人と会話するのが好きな人や、セールス、マーケティングが好きな方には向いてます!営業職は頑張り次第では、建設業以上に高給を受け取れる可能性があります。

 

建設業からのオススメの転職先3:土木関係

土木関係の仕事は建設業の一種です。建設業のように設計などは行いませんが、現場で与えられた仕事をこなす事になります。

土木関係の仕事であれば現場で働くので、建設業で得たスキルや経験を生かせると思います。

 

建設業からのオススメの転職先4:不動産業

建築業で培ったスキル経験を生かしたいのであれば、「不動産業」への転職もオススメ。不動産業では土地や建物の仲介を行います。

売買や賃貸をお客様に提案しますが、建築や建設、土地の知識が身についていれば、それだけ専門的な説明ができます。

 

4,転職エージェントを利用しよう!

 

転職ならリクルートエージェント(転職エージェント)


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

既卒、フリーターの方にオススメしたいジェイック


【公式サイト】
就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

ジェイックを使えば、無職やフリーターの方でも正社員として就職できます。こちらの転職エージェントでは、既卒やフリーターの方を積極的に支援しています。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

【ジェイックの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

非公開求人が多いマイナビエージェント


【公式サイト】
マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国展開する転職エージェントです。リクルートエージェントに比べると求人数が少なく、やや規模は小さめとなります。

ただし8割以上が非公開求人となっており、他のエージェントでは見つからない求人が多数載っているので、別の転職エージェントと併用して使うのがオススメです。

20代の若手に対して積極的にサポートを行っており、「20代既卒」や「20代社会人」であれば手厚いサポート体制が期待できます。

【マイナビエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,建設業を辞めたいのまとめ

以上です。今回は建設業を辞めたい理由や、建設業からの転職についてご紹介しました。建設業は給料が高く男性から人気の職業ですが、その反面、仕事内容が辛く辞める人が増加しています。

あまり無理して働くと、精神的・肉体的ダメージが大きくなり、仕事を続けられなくなってしまいます。まずは転職サイトなどに無料登録を行い、「働きたい!」「転職したい!」と感じられる仕事がないかチェックしてみましょう。

好きな仕事、楽しい仕事にめぐり合えると、毎日が楽しくなり人生が大きく変わりますよ。

 

キャリコネで企業調査を行う

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

これから転職先を探す場合は、まずはキャリコネで企業の口コミをチェックしておきましょう。それだけでも人間関係が良好で、環境の良い職場に入社できる確率が高まりますよ。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

   

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*