職場の人間関係に疲れた・・仕事が辛いと感じた時に取るべき行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
top

仕事をする上でもっとも悩みが多いのが、ずばり人間関係です。どれだけ仕事内容がよくても人間関係が最悪であれば、その仕事を続けるのは辛いですよね・・・今回は、人間関係に疲れてしまった時に取るべき行動についてご紹介します。

スポンサードリンク

目次

1,悩まないことが大切
2,嫌な人間とは距離を置く
3,無理して付き合いをしない
4,理解力のある人に相談する
5,考え方を変えてみる
6,挨拶は大切
7,人事や信頼できる上司に相談する
8,解決策が見つからないときは転職を視野に入れる
9,まとめ

会社の人間関係は、仕事の退職理由や転職理由にも多くあげられます。人間関係が辛いと感じると、次の仕事場を探すことが多いようですね。一度人間関係で悩みを抱えてしまうと、ずっと引きずってしまう方が多いです。そうなれば精神的に疲れて、仕事を辞めてしまうことになります。

それでは、人間関係に疲れてしまったときに取るべき行動や対処法をご紹介します。

 

1,悩まないことが大切

職場で性格が合わない人がいるのは当然です。職場では上下関係もあるし、年齢や性別もバラバラな人が集まるわけですから、人間関係のトラブルが何も無く上手くいく方がおかしいんです。

職場の人間関係に疲れたと感じる人は、ほとんどの場合考えすぎている事がほとんどです。

「職場で強くあたられた」
「陰口を言われていた」

こんなことでイチイチ悩んでいたら、それこそ体が持たないです。会社の事は基本的に悩まず考えないのが一番です。どんな会社で働いても、少なからず苦手な人って必ず存在します。

実際人間関係で疲れてしまっている人って、起きた事柄よりもその後ずっと引きずってしまうせいで、精神的にダメージを負ってしまうことがほとんどです。

何か嫌な事があって落ち込んでも、すぐに気持ちを切り替えて考え過ぎないことが大切です。

 

2,嫌な人間とは距離を置く

職場の人間関係に疲れるのって、大抵決まった「苦手な人」「嫌いな人」が原因ですよね。自分にとってストレスの対象となる場合は、その人とは距離を置くようにしてください。

「そんなことしたら何を言われるか分からない・・」
「仲間外れにされてしまう。」

これでいいんです。苦手な人とは距離を取って、自分が苦手だと思っていることに気付いてもらう。こうすることで多少悪口は言われるかもしれませんが、距離を取ることができるし今後関わらずに済みます。

あまり露骨に距離を取りすぎるとトラブルの元になるので、少しずつ距離を取っていくイメージですね。私もこの方法で仕事場で嫌な人とは距離を取って、ストレスがかなり軽減されました。

 

スポンサードリンク

3,無理して付き合いをしない

私も昔は「付き合いだから」と会社の飲み会や食事会に、無理して参加していました。正直これが物凄いストレスで、仕事以上に行きたくないと感じていましたね。

仲のいい仕事仲間であればいいですが、先輩や上司がいると気を使うだけです。ある時から「今回は辞めておきますね。申し訳ありません」と断るようになり、気付けば断り続け呼ばれなくもなりました。

あまりいい事ではないかもしれませんが、ストレスを溜めるくらいでしたら断ってもいいと思います。

「付き合いが悪いな!」など言われたら、「じゃあ今回は参加しますね!」とたまに参加する程度で充分です。「行かなきゃいけない」と感じているときこそストレスは最大限に掛かっています。

「面倒だなー今回はパス!」くらいで対応するのが、変にストレスも掛からないし仕事も上手くやっていけますよ。

 

4,理解力のある人に相談する

人間関係が辛く仕事を辞めたいと考えているならば、仕事場の内部を知っており理解力がある人に一度相談してみてください。「辛い辛い」と考えていると、冷静な判断は取れません。

第三者の意見を取り入れることで、新しい解決策が見つかったり、何か考え方が変わる場合もあります。

「自分も昔は同じように考えていたよ。」

上司にこういった言葉をかけられると、それだけで「自分一人だけじゃなかったんだ!頑張ろう!」と前向きになることだってあります。

 

5,考え方を変えてみる

人間関係で疲れてしまうのは、人間関係が自分の思うようにいかないからです。

「仕事ができない部下に疲れる」
「嫌味な上司が嫌いだ」
「面倒な同僚がいる」

上記のようなことはよくありがちですが、考え方を変えるだけでも見え方が変わる事があります。例えば仕事ができない部下の場合、一生懸命頑張っているところを評価してあげましょう。

嫌味な上司がいるのであれば、その人はきっと別で辛い思いをしているから、会社で嫌味なことを言ってしまっているんだと考えましょう。

面倒な同僚がいるのであれば、自分を頼ってきてくれると考えましょう。

ちょっと考え方を変えるだけでも、イライラした感情は抑えられて、心の広い人間になれますよ。

 

6,挨拶は大切

「あの人は苦手だから距離を取ろう・・」

このように考える事はいいのですが、「距離を取る=無視する」と勘違いしないで下さい。これをしてしまうと余計関係が悪くなりギスギスして、周囲にも悪影響を及ぼします。

距離を取る上で大切にしてほしいのが、「挨拶」です。「おはようございます」「お疲れ様です」こういった挨拶を最低限行うだけでも、良好な人間関係は築けます。

逆に言えば、挨拶やお礼などの声の掛け合いさえしっかりしていれば、それ以外の言葉は仕事上では不要と言えるでしょう。仲のいい人であればプライベートな話もすればいいですが、苦手な人であれば挨拶をちゃんとするだけでOK。

 

7,人事や信頼できる上司に相談する

あきらかなイジメやパワハラ、セクハラなどを受けているのであれば、人事や信頼できる上司に相談してください。そういったケースであれば仕事にならないし、問題が大きくなることもありえるので、部署異動なども通る可能性があります。

ただし「特定の人が苦手」「特定の人が嫌い」などといった、個人的な考えでは部署異動することは不可能でしょう。

 

8,解決策が見つからないときは転職を視野に入れる

人間関係が辛く疲れてしまったのであれば、最悪転職を視野に入れましょう。注意点としてはすぐに仕事を辞めて転職活動をするのではなく、仕事を続けながら転職活動を行うこと。

こうすることで「無職」になるリスクを抑えられるし、気持ちも安定したまま転職活動を行えます。今の仕事を続けながら転職活動を行うには、転職エージェントへの登録が必須になります。

 

リクナビネクストに登録する

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


 

MIDASで仕事の面接オファーを受け取る

MIIDAS(ミーダス)で無料登録を行えば、自分の適正に合った「仕事の面接オファー」を受け取ることができます。

自分の適性を入力するだけで、自分に合った就職先を探してくれるので助かります。さらに自分の市場価値やおおよその年収も知ることができます。5分で出来る無料診断なので、試してみるだけでも楽しいですよ。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!


 

リクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】


 

9,まとめ

以上です。今回は、仕事場での人間関係に疲れた場合に取るべき行動や、対処方法についてご説明しました。人間関係は転職や退職にも繋がりやすいです。

しかし大抵の場合は、自分で辛いと思い込んでしまい段々仕事が嫌になる事がほとんどです。ちょっと考え方を変えたり、付き合い方を見直すだけでストレスが軽減されることもあります。

転職するかどうかは置いておいて、転職エージェントは登録しておくだけでも、いざと言うときに役に立つのでオススメです。

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*