営業に行きたくない場合の正しい対処方法。営業の仕事が疲れた場合はどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業マンであれば「今日は営業に出たくない!」このように感じる時もありますよね。営業は商品やサービスを売り込まなければいけないため、普通の仕事に比べてストレスが大きく掛かり、気分が乗らない時もあります。

スポンサードリンク



「営業に行きたくない・・」「営業の仕事が疲れた。」

こんな風に感じた場合、あなたならどうしますか?仕事をサボる?それとも仮病で休む?思い切って転職を考える?

限界まで追い詰められていると、こういった思考が頭をよぎりますよね。

今回は「営業に行きたくない・・」「営業の仕事が疲れた。」このように感じてしまう理由や対処法についてご紹介します!

毎日の営業で辛い思いをしている方は、是非参考にしてくださいね。

 

1,営業に行きたくない理由とは?

営業は普通の仕事に比べて、人と接する事が多くストレスを感じやすい仕事です。営業の仕事をしていれば、「営業に行きたくない」と感じることもたくさんあると思います。

具体的に営業に行きたくないと感じる理由には、以下のような場合が考えられます。

【営業に行きたくないと感じてしまう理由】
●クレームをうけた
●お客様に冷たくあしらわれた
●接客するのに疲れた
●体調が悪い
●全然商品・サービスが売れない
●動き回るのに疲れた
●プライベートで嫌な事があった
●天気が悪い

 

営業に行きたくないと感じてしまう理由1:クレームをうけた

営業の仕事をしていて、もっとも辛く感じるのは「お客様からクレームを受けた時」です。

自分のミスによるクレームであればまだ良いですが、「会社の商品やサービスによるクレーム」「他の営業マンへのクレーム」「部下のミスによるクレーム」このように、自分とは直接関係ない事でも怒られる場合があります。

クレームを受けると営業マンは、大きなストレスを受け心身共に疲れてしまいます。これは職業に関係なく、クレームを受けた事がある社会人であれば分かるはずです。

【関連記事】・ストレスがたまらない仕事14選!精神的に楽な職業とは?

お客様から数十分怒られるだけでも、まるで一日働いたかのようにドッと疲れが出ますよね。

これは時間の経過で和らいでいきますが、クレームを受けてから数日間は、「もう営業に行きたくない!」と感じてしまう人が大勢いらっしゃいます。

 

営業に行きたくないと感じてしまう理由2:お客様に冷たくあしらわれた

営業は商品やサービスを売り込まなくてはいけないため、お客様によっては「冷たい態度を取る」「営業マンの話を一切聞かない」このような態度を取られる場合があります。

営業マンといえど人間です。良い商品を紹介してこのような態度を取られると、やはり辛いしストレスが掛かります。

しかし営業を行っている以上、お客様から冷たくあしらわれるのは当然です。営業を続けたければ場数を踏んで慣れるしかありません。

 

営業に行きたくないと感じてしまう理由3:接客するのに疲れた

長く営業マンの仕事を続けていれば、ある日突然「接客するのに疲れた・・」このように感じる場合もあります。営業のような接客業は、普通の仕事に比べて、お客様を相手にするためストレスがかかりやすいです。

常に笑顔で接しなければいけないし、嫌な事があっても表情に出すのはNGです。常にポーカーフェイスで相手(お客様)に合わせて行動しなければいけません。

接客に疲れてしまった時は、一人で過ごせる時間を取るようにしてください。寝る前に読書をしたり、DVDを見る、休日は一人で趣味を楽しむなど。このように人と接しない時間を設けることで、気持ちをリセットできます!

 

営業に行きたくないと感じてしまう理由4:体調が悪い


「頭痛がする」「風邪をひいた」
「お腹の調子が悪い」「熱っぽい」

こういった体調不良が原因で営業に行きたくない日もありますよね。体調にもよりますが、仕事に支障をきたすようであれば休みを取るのが良いと思います。

体調不良でも休ませてくれないようなブラック企業であれば、転職する事をオススメします。

 

営業に行きたくないと感じてしまう理由5:全然商品・サービスが売れない

一生懸命営業の仕事を頑張っていても、全く商品・サービスの契約が取れないと仕事を辞めたくなります。

商品やサービスに問題があるなら、営業マンはそこまで落ち込む必要はないです。会社側の責任なので営業マンが気にする必要はありません。

しかし良い商品やサービスで、他の営業マンがしっかり契約を取っているのであれば、それは自分自身に問題があるという事になります。この場合は営業のやり方を変えるなど、何か対策を取る必要があります。

 

営業に行きたくないと感じてしまう理由5:動き回るのに疲れた

営業は意外と体力勝負な一面があります。自分の足で歩いて「新規顧客の開拓」「既存客への売り込み」などを積極的に行わなければいけません。体力がない人であれば、動き回るのに疲れて営業に行くのが嫌になる事もあります。

年配の方であれば、デスクワークなどの仕事への転職を考えても良いですね。

 

営業に行きたくないと感じてしまう理由6:プライベートで嫌な事があった

プライベートで嫌な事があっても、やはり仕事に行くのが嫌になりますよね。例えば「彼女にふられた」「友達とケンカをしてしまった」このような事です。

 

営業に行きたくないと感じてしまう理由7:天気が悪い

営業の仕事は外出するため、天気が悪いだけでも仕事に出るのが億劫に感じてしまいます。

 

2,営業に行きたくない時は、サボったり、仮病を使って息抜きをするべき

仕事で病む人の大半は、実は真面目な人だったりします。その理由は真面目な人ほど息抜きが下手だからです。仕事に対して真面目に考え過ぎるため、「仕事をサボる」「仮病で休む」という事ができません。

サボったり仮病で休んでばかりの人を見習えとは言いませんが、本当に仕事に行きたくない時は、上手く息抜きを入れる事も大切です。

仕事での息抜きが上手くできてないと、どんどんストレスが蓄積されていき、ある時限界に達してしまいます。限界に達すると仕事に突然行かなくなったり、最悪の場合体を壊したり精神的に病むことも考えられます。

 

1日、2日休んだ程度で会社に損害はない

おそらく真面目な人は「自分が休めば、会社側に迷惑がかかってしまう」と強い責任感が働いてしまい、仕事をサボれないのだと思います。しかしこれは大きな勘違い。

個人企業であればまだしも、大企業はもちろん、中小企業でさえも、一人の営業マンが休んだ程度では会社側が損害を受ける事はまずありません。その日の売上は多少落ちるかもしれませんが、微々たる物です。

無理して働くことで、体を壊し仕事を辞めてしまう方が、よっぽど会社側に迷惑が掛かります。

 

休みの日にリフレッシュする事が大切!

それと辛い仕事を続けるためには、休日を上手く使い気持ちをリセットする必要があります。

例えば「仕事をサボって大好きな映画をみまくる」「休日に友達と旅行に出掛ける」「一人で釣りに行き気持ちをリセットする」このように好きな事をするのがオススメ。

ただ家にいて仕事について考え込んでも、気持ちはリセットできません。気持ちがリセットできないと、そのままストレスが溜まり続けるだけです。

ですので休みの日には、好きな事に思いっきり打ち込み、リフレッシュするようにして下さい。

 

スポンサードリンク

3,自分が営業の仕事に向いてるか調べてみよう

営業の仕事を続ける上で大切なことは、営業の仕事が自分に合っているのかどうかです。これはどんな仕事にも共通して言えますが、自分の性格や考え方に合った仕事でないと、遅かれ早かれ辛い思いをします。

人と接する事や他人と会話するのが苦手な人が、接客業につけば、当たり前ですが普通の人より辛い思いをしますよね?

もちろん努力次第で乗り越える事も可能です。しかし普通の人よりハンデを背負っていることになりますので、人一倍努力をしなければいけません。

反対に人と接する事が大好きで、営業の仕事を楽しめる人であれば、そこまで辛い思いをする事はありません。

 

自分の強みを知って、営業の仕事への向き不向きを考えよう!

最近ではインターネットを使って、仕事に関する様々なサービスが受けられるようになりました。求人情報を見たり、アドバイザーに相談する以外でも、ネット上で診断を受けて、自分の「強み」を知る事ができます。

リクナビネクストはリクルートグループが運営している大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分の強みやアピールポイント、書類選考対策、自己分析などを知る事ができます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

「自分の強みとは何か?」「どのような仕事に向いているのか?」

リクナビネクストで「グッドポイント診断」を受ければ、このような悩みを解決できるかもしれません。

リクナビNEXT

 

4,営業に本気で疲れたなら他の仕事にも目を向けてみる

一時的に「営業に行きたくない!」と感じる程度であれば、上手く休息を取り気持ちをリセットするのがオススメです。

しかし毎日のように「営業に行きたくない!」「営業が疲れた・・」このように感じているのであれば、やはり別の仕事への転職を考えるしか道はありません。

 

5,おすすめ転職エージェント

続いては私がオススメの転職エージェントを2社ご紹介します。転職エージェントとはネット上で利用できる転職サービス。全国の求人をチェックできるだけでなく、転職のプロに様々な仕事に関する相談をできます。

転職の際には強い味方となってくれるので、是非無料登録して利用してみてください。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

6,営業に行きたくない対処方法のまとめ

以上です。今回は、「営業に行きたくない!」と感じてしまう理由や対処法についてご紹介しました。一時的に行きたくないと感じる程度であれば、上手く休んだりストレス発散を行い、気持ちをリフレッシュする事が大切です。

反対に何ヶ月も「営業に行きたくない。」という考えを持っているのであれば、それは転職する良い機会かもしれません。

営業の仕事自体が自分に向いていないと感じるのであれば、他の仕事を探してみるのも良いと思います!転職エージェントや転職サイトを利用すれば、ネットを使って無料で転職活動が行えるようになります。

簡単な無料登録を行うだけで使えるので、興味があれば利用してみてくださいね。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*