職場の上司が信用できない!こんな時どうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
1169

何かと自分の都合の良い事ばかり言ったり、責任感のない上司。こんな上司はどこにでもいます。

スポンサードリンク

職場では、部下が上司を信用・信頼する事で、良い人間関係が築けるようになります。上司とは本来、部下から尊敬や信用されるべき存在です。

しかし上司といえど人間。中には自己都合で動き、全く部下から信用されていない人もいらっしゃいます。

こんな上司に出会ってしまった時は、どのように接するのが正しいのでしょうか?

今回は、信用できない上司の特徴や接し方についてご紹介します。

目次

1,信用できない上司の特徴とは?
2,職場で信用できない上司との接し方
3,信用できない上司の下で働くデメリット
4,解決策について
5,オススメ転職エージェント3社
6,信用できない上司のまとめ

 

1,信用できない上司の特徴とは?

職場で上司を信用できないのは、本の些細な理由が原因です。嫌な仕事を押し付けられたり、嘘をつかれたなど、色々あると思います。

1つ言える事は信用できない上司の下で働いていても、メリットはないと言う事です。

やはり自分の成長や会社でのキャリアアップを考えるのであれば、信用できる上司の下で働く事が必須となります。それでは信用できない上司の特徴について見ていきましょう。

 

信用できない上司の特徴1:責任を押し付ける

仕事でのミスはミスをした「本人」に責任がありますが、当然それを監督している上司にも責任があります。何か仕事で大きなミスを出してしまった時に、一緒に責任を取ってくれない上司は信用できません。

一緒に謝ってくれたり、ミスを正してくれる上司は信用できます。ミスを部下単独のものと決めつけ、責任を全て部下に押し付けてくるような人は、何か合ってもすぐに部下を切り捨てるでしょう。

中には自分のミスさえも、こっそり裏で部下のせいにしている上司もいらっしゃいます。

 

信用できない上司の特徴2:仕事を押し付けてくる

「自分には他の仕事がある。」「俺は忙しい!」などと言って、部下に面倒な仕事を押し付ける上司はたくさんいます。もちろん中には本当に忙しく、部下に仕事を配分している上司もいらっしゃいます。

しかし部下には毎日残業させられているのに、自分だけ定時で帰っているような上司はどうかと思います。こんな上司って結構世の中にいますよね。

 

信用できない上司の特徴3:行動や言動に責任を感じられない上司

自分が発言した言動や行動に責任を持たない上司は、基本的に信用できません。

例えば、「仕事での手順を部下に指導しているくせに自分は守らない。」「仕事に対して熱弁しているくせに、裏では適当に仕事を行っている」などなど。

上司は部下の手本となるべき存在です。言動や行動に責任を持って仕事を行わなければいけません。

 

信用できない上司の特徴4:プライベートでお金や女性関係が乱れている上司

お金や女性関係がしっかり管理できない人は、人として信用できない事があります。仕事に対しては真面目な人もいるかもしれません。

しかし高い確率で、プライベートでめちゃくちゃな人生を送っている人は、仕事でも部下を裏切る可能性が高いです。

平気でお金を借りて返さなかったり、浮気をしている、女性に酷い仕打ちをしているといった上司は、職場でも信用に欠けます。

 

信用できない上司の特徴5:時間や約束を守れない上司

口約束といえど、職場での約束は守らなければいけません。特に上司がそれを無視してしまっては、部下から信用されなくなるのは当然でしょう。

時間が守れない、決まり事が守れない、などは上司として有り得ません。

 

2,職場で信用できない上司との接し方

続いては職場で上司が信用できない場合の、上司との接し方についてご紹介します。

 

適度な距離感で接する!

上司が信用できないからと言って、極端に距離を取るのはオススメしません。

信用できなくても直属の上司には変わりありません。やはり嫌われると自分が不利になるので、上手く上司に嫌われない程度に接していく事が大切。

何か疑問に感じることや心配な事があれば、他の上司や同僚に相談してみましょう。

 

他の上司とも仲良くなっておく!

信用できない上司は何を考えているのか分かりません。その上司を信用しすぎて、頼りすぎるのは非常に危険です。

できれば直属の上司以外の、別の上司とも人間関係を構築しておく事をオススメします。何か不安な事や疑問に感じることがあれば、別の上司からの判断も仰ぐべきでしょう。

別の上司と上手く人間関係を作っておけば、いざという時、その人が助けになってくれるはずです。

 

スポンサードリンク

3,信用できない上司の下で働くデメリット

信用できない上司の下で働くと、様々なデメリットが発生します。

 

デメリット1:自分のキャリアアップに支障が出る

直属の上司は自分のキャリアに影響のある人物です。信用できない上司の下で働いていると、いくら頑張っても正当な評価を受けられず、キャリアアップに支障が出る可能性があります。

5年、10年仕事を一生懸命頑張っているのに、全く昇進や昇給がないのは、上司が自分を正当に評価してないからかもしれません。

ダメな上司は部下を評価するどころか、自分の昇進の事か考えていません。こういった上司の下で働くと、キャリアアップできない可能性があるので注意が必要です。

 

デメリット2:自分自身が成長できない

信用・尊敬されていない上司の下で働くと、学ぶ事が少なく、人として成長する事ができません。社会では学ぶ事がたくさんあります。特に直属の上司は大きく自分自身の成長に影響を及ぼす存在です。

素晴らしい上司の下で働いていれば、自然とその考え方や人間性が身についていきます。しかし上司が人として未熟な人であれば、部下は悪い影響しか受けないでしょう。

 

デメリット3:何かあった時に守ってもらえない

信用できる上司がいると、何かあった時に守ってもらったり庇ってもらえます。

例えば会社の経営状況が悪化してリストラが行われる時。こんな時は上司の権限次第で、すぐに切り捨てられる事も考えられます。

心から信用・信頼できる上司であれば、可能な限り部下を守ってくれます。信用できない上司は自分のことしか考えていないので、危険をおかしてまで部下を守ろうとはしてくれません。

 

デメリット4:仕事へのモチベーションが下がる

上司が信用・尊敬できる人物だと、「上司のために頑張ろう。」「上司に評価されたい!」などと、仕事に対してモチベーションが高くなります。

しかし信用できない上司を持ってしまうと、上司に評価されるために頑張ろうとは思えなくなります。こうなると、自然と仕事に対するモチベーションが下がっていきます。

信用できない上司の下でモチベーションを保つには、その上司の上に行くくらいをイメージして、仕事を頑張るしかありません。

 

4,解決策について

世の中には信用できない上司に出会ってしまい、それでも仕事を続けている人はたくさんいると思います。もちろん生活が掛かっているため、目を瞑り、仕事を続けるのも良いと思います。

しかし自分のキャリアアップや成長を考えるのであれば、もっと信用できる上司の下で働くべきです。それには、やはり「転職」しか道はありません。

すぐに転職するのはリスキーなのでオススメしませんが、転職の準備をしておく事は誰にでもできます。転職の準備を水面下で行い、「良い転職先が見つかったら転職を決める」という形が一番安全なのでオススメです。

 

転職エージェントがオススメ!

転職エージェントとは、ネット上で使える転職サービスです。全国の求人をチェックできるのはもちろん、プロのアドバイザーに転職について相談する事も可能です。

現在の仕事を続けながら求人のチェックやアドバイザーへの相談が行えます。

簡単な無料登録するだけで、全てのサービスが利用できるようになります。全国の質の良い求人がたくさん紹介されているので、興味があれば一度利用してみてください。

 

5,オススメ転職エージェント3社

転職エージェントを使うなら、大手を使うのがオススメです。大手であれば全国の求人数をたくさん揃っており、都心部はもちろん地方の方でも良い求人に巡り合えます。

さらに大手転職エージェントはサポート体制が厚く、キャリアアップにもつなげられます。下記の3つのサービスは、どれも大手で評判が良い転職エージェントです。

 

転職ならリクルートエージェント(転職エージェント)


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

既卒、フリーターの方にオススメしたいジェイック

【公式サイト】
ジェイック

ジェイックを使えば、無職やフリーターの方でも正社員として就職できます。こちらの転職エージェントでは、既卒やフリーターの方を積極的に支援しています。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

【ジェイックの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

非公開求人が多いマイナビエージェント



【公式サイト】
マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国展開する転職エージェントです。リクルートエージェントに比べると求人数が少なく、やや規模は小さめとなります。

ただし8割以上が非公開求人となっており、他のエージェントでは見つからない求人が多数載っているので、別の転職エージェントと併用して使うのがオススメです。

20代の若手に対して積極的にサポートを行っており、「20代既卒」や「20代社会人」であれば手厚いサポート体制が期待できます。

【マイナビエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

6,信用できない上司のまとめ

以上です。今回は信用できない上司の特徴や接し方、出会ってしまった時の解決策についてご紹介しました。

信用できない上司、尊敬できない上司、信頼にかける上司というのは、社会に出ればいくらでも存在します。もちろん我慢して、その職場で働くのも、生活が掛かっている以上、仕方がないかもしれません。

しかし長い目で見れば、信用できない人が直属の上司だと、自分のキャリアアップにも支障が出るので良くないです。

すぐに転職するのではなく、転職エージェントなど無料で使える転職サービスを利用して、もっと良い職場がないのか、転職先を事前にリサーチしておきましょう。

良い転職先が見つかってから面接を受けて、転職すれば、何もリスクがないのでオススメです。

 

キャリコネで企業調査を行う

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

これから転職先を探す場合は、まずはキャリコネで企業の口コミをチェックしておきましょう。それだけでも人間関係が良好で、環境の良い職場に入社できる確率が高まりますよ。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

   

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*