FXデイトレードをするなら為替の5つの癖を知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
12

FXで勝てるようになるには時間がかかります。初心者であれば知らないことが多すぎて、対等に勝負することすら出来ません。実はFXのデイトレードをする中で、為替特有ののようなものが存在するんです。

スポンサードリンク

この癖を知っておくだけで、無駄な負けトレードを減らすことが出来るので覚えておきましょう。

勝つためにはトレードをして相場に触れることが大事なのですが、まずはFXのを知らなければいけません。たくさんの癖が存在し覚えるのは面倒かもしれませんが、勝つためには必要な知識です。

トレードの近道になりますので、すべて覚えておきましょう!


目次

1,夜に要人発言や大きな指標がある場合はそれまでレンジになりやすい
2,火曜日、水曜日、木曜日は為替トレンドが出やすい
3,トレードは時間の切り替わりが重要!9時、16時、22時に注目
4,日経平均と連動しやすいドル円
5,ロングはジワジワ、ショートは一気に動く
6,まとめ


 

1,夜に要人発言や大きな指標がある場合はそれまでレンジになりやすい

7割がレンジ相場と言われていますが、「どういった時にレンジ相場になりやすいのか?」を知っておくとトレードをする際に有利になります。

大きく動きそうな指標や要人発言を控えている日は、レンジになりやすいです。指標や要人発言は世界中で注目されており、発表前はたくさんのトレーダーが慎重になります。

ですので活発な取引は起こらずに、レンジ相場になりやすいです。これを頭に入れておけば、夜大きな指標がある日は普段よりトレードを慎重に行えますね。

ブレイクしそうな時も「レンジの可能性がある」と頭に入れておけば、無駄な騙しにも引っかからずに済みます。

 

2,火曜日、水曜日、木曜日はトレンドが出やすい

指標や要人発言がない「火曜日」「水曜日」「木曜日」はトレンドが起こりやすいです。月曜は週の始まりなので様子見相場になりやすく、金曜は週の終わりなのでポジション調整が起こり不安定です。

火曜、水曜、木曜の指標や要人発言がない日というのはトレンドになりやすいです。トレーダーも活発に動きますので、ブレイク狙いの方は注目しておきたいですね。

 

スポンサードリンク

3,トレードは時間の切り替わりが重要!9時、16時、22時に注目

デイトレードをする場合これは絶対知っておきたいところです。9時、16時、22時この時間帯は流れが変わったり、大きく動き易いタイミングになります。

なぜかと言うと世界中のトレーダーが参入してくるタイミングだからです。(季節によって1時間ぐらいのズレがある場合があります)

 

場所 時間 特徴
東京時間 9時~15時 取引が多く安定しています。レンジ相場になりやすいです
欧州時間 16時~24時 15時~16時に動きが出てきて、相場にもトレンドが出易いです。
NY時間 23時~翌日6時 23時~25時頃まで特にトレンドが強くなります。

 

各国の相場が始まる前や始まった直後は、その国のトレーダーが一気に参入してきます。大きな流れが出るタイミングでもありますので、デイトレーダーは注意しておきましょう。

例えば昼の15時~相場が上昇し始めたとします。スキャルピングならいいのですが、30PIPS程度を利益確定で狙っていればエントリーは待ったほうがいいです。

16時になれば欧州勢が入ってくるので、一気に下落する可能性があります。ですので16時からどのような動きになるか見極めてから、トレードを始めましょう。

 

4,日経平均と連動しやすいドル円

日経平均ドル円連動
出典:http://www.fxcm.com/

日経平均とは東証第1部に上場している225銘柄の平均株価です。一般的に日経平均が上がればドル高円安になります。FXのデイトレーダーが重要視しているところです。

例えばドル円を買い目線で待っていたとします。日経平均が強くガンガン上がっていれば、それを1つの材料として捉えて買い目線を強くします。

反対に日経平均が下がっていれば、買い目線ですが様子見します。日経平均と連動して下落する可能性があるからです。あくまで1つの材料として捉えるようにしましょう。

トレードではそういった姿勢が大事です。

 

5,ロングはジワジワ、ショートは一気に動く

下落相場は一気に動く

FXでトレードをしていればロング(買い)かショート(売り)でエントリーします。

ここでも特有の為替の癖があるので注意しておきましょう。相場が上昇相場(ロング相場)の場合はジワジワと上がっていくことが多いです。

上がっては少し戻しての繰り返しです。長いレンジからブレイクしたときは、一気に動きますから一概には言えませんけど。

反対に下落相場(ショート相場)の場合は一気に落ちる傾向があります。上昇のサポートラインを割った瞬間、ガラガラっと一気に下落するのはよくありますよね。

理由はこの二つが大きいのではないかなと個人的には思います。

1、人は下落することに不安を感じやすく、少しでも落ち出すと全員が不安になり売りが一気に増加する
2、下落相場は一気に落ち易いと言われているので、大口投資家が短時間で稼ぐために参入してくる

1番はロングポジションを保有していた人が下落した際に不安になり、損切りをするということです。人間は下落に対して不安だと感じやすいので、たくさんのロングポジション保有者が損切りした結果ですね。

2番ですが下落相場は短時間で動くので、ポジション保有の時間が少なく済みます。投資家でも下落相場のみを狙ってトレードする方もいるようです。

反対に初心者であれば動きの遅い上昇相場のみでトレードしてもいいかもしれませんね。

 

6,まとめ

FXのデイトレードをする上で、様々な癖を頭に入れておくことは重要なことです。熟年のデイトレーダーが市場で勝ち続けられるのは、こういった小さな為替の癖を把握していることも関係しています。

これはただトレードしていても身につかないので、色んなトレーダーのブログやツイッターを見て情報収集しなくてはいけません。まだまだ相場の癖はありますが、今回書いたことは最低限覚えて相場に臨むようにしましょう。

1,夜に要人発言や大きな指標がある場合はそれまでレンジになりやすい
2,火曜日、水曜日、木曜日は為替トレンドが出やすい
3,トレードは時間の切り替わりが重要!9時、16時、22時に注目
4,日経平均と連動しやすいドル円
5,ロングはジワジワ、ショートは一気に動く

相場の癖を少しずつ把握していけば、しなくてもいいエントリーがなくなりトレードの精度は上がっていきますね。

 

FX始めるならDMMFXがオススメ!

DMMFXは取引ツールがとってもシンプルで見やすいです。直感的に使いこなせるようになるので、初心者の方にもオススメです。口座開設は無料で出来ます。

さらに今なら口座開設後、500ロットの取引を行えば20,000円のキャッシュバックつきです!

FXを始めるなら≪DMM FX≫!

 

スキャルピングがOKなJFX!

スキャルピングで稼ごうと思っているのであれば、断然JFXがオススメ。スキャルピングは口座凍結の恐れがあるので、スキャルピングOKな会社を選ぶようにしましょう。

JFX株式会社

 



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*