自営業に向いてる人、向いてない人の特徴とは?私が独立して気付いたこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

独立開業して「自営業」として働く道。夢のある話ですが現実はそんなに甘くありません。自分でビジネスを持つということは、全ての責任を背負うという事です。上手く行く人もいれば、失敗する人もいるのが現実です。

スポンサードリンク

社会人の中には「自営業」に憧れを持つ人が大勢いらっしゃいます。独立してしまえば誰の言う事も聞かなくていいし、自分のペースで働けるので、憧れるのは当然だと思います。

しかし実際に独立・開業を行って、そのまま続けられるのは一部の人だけです。

最近ではSNSが広く普及しており、「自営業で成功している人」を数多く見かけます。

「一人で自由に仕事をしている人」「海外でパソコン一つで仕事をしている人」「高級車を乗り回し自由に暮らしている人」

このような人を見ていると、なんとなく自分でも成功できるような気がしてしまいます。しかし何も考えず軽い気持ちで起業してしまうと、ほぼ確実に失敗します。

私は元々工場で働いており、その後「自営業」として働くようになり「法人化」させました。もちろん楽ではなかったし、辛いこともたくさんありました。

今回は私が実際に自営業として働いてみて感じた、「自営業に向いてる人、向いてない人の特徴」についてお話します。

もし独立や起業を考えている場合は、自分がどちらに当てはまっているのかチェックして下さい。

 

自営業に向いてる人の特徴

まずは「自営業に向いてる人の特徴」から見ていきましょう。独立開業して成功できるのは、一体どういった人たちなのでしょうか・・・?

【自営業に向いてる人の特徴】
●欲が強い人
●恐い物知らずな人
●孤独に強い人
●会社勤めに苦手意識を持っている人
●楽観的な人

 

自営業に向いてる人の特徴1:欲が強い人

自営業で成功するには、「お金持ちになりたい!」「高級車が欲しい」「異性にモテたい」「自由になりたい!」「誰かを見返したい!」こういった強い「欲」がないと難しいです。

逆に言えばこのように何かしらの「欲求」を持っていれば、事業に本気で取り組むことが出来るため、成功を収める事が可能です。

この欲求は何でも構いませんが、強ければ強いほど良いです。単純に「死ぬほどモテたい!」こんな不順な動機であっても、その思いが強ければ全然問題ありません。

強い欲求を持っていると、それが支えになるので人一倍「努力」できます。

 

自営業に向いてる人の特徴2:恐い物知らずな人

普通の人は日頃から「恐怖心」を抱いており、リスクのある事を避けようと考えます。「失敗したらどうしよう・・」「借金ができたらどうしよう・・」これが普通の感情ですよね。

しかし自営業者になると言う事は、リスクと対峙する事になります。

銀行にお金を借りて返せなくなるかもしれないし、事業が上手くいかず職を失う可能性もあります。普通の人が持つような「恐怖心」を持っていては、チャレンジ精神がなくなってしまいます。

やはり自営業で成功していくためには、恐い物知らずな方が成功しやすいです。常にチャレンジ精神を持ち、他の人が怖がるようなことにも積極的に取り組んでいく姿勢です。

 

自営業に向いてる人の特徴3:孤独に強い人

自営業や社長、経営者は全て「孤独」な職業です。誰も頼る人がおらず、基本的に一人で考え抜いて結論を導き出さなければいけません。

さらに言えば、自営業として最初働く時なんて本当に孤独です。私も経験がありますが、一人で仕事をして一人でお昼ご飯を食べるので誰とも会話がありません。

1日中人と全く会話しないのって、意外と辛いものです。人によっては鬱状態になってしまったり、全く仕事に身が入らなくなる事もあるので注意しましょう。

 

自営業に向いてる人の特徴4:会社勤めに苦手意識を持っている人

サラリーマンとして働く事ができない人には、起業する人が多いです。

「上司から不条理な事で怒られる」「自分の意見を誰も聞いてくれない」「上には絶対逆らえない」これは会社勤めを行っていれば、ごく普通の事です。

しかしこのような働き方に苦手意識を持っていれば、自分で独立するしか道はありません。「向いている」というよりは「独立しか道が無い」と言った方が正しいですね。

会社勤めが出来ない人は、起業しても成功する人が多いです。

 

自営業に向いてる人の特徴5:楽観的な人

楽観的な人、能天気な人、一見すると起業には向かないように感じますが、実は独立するなら大切な事です。楽観的な人は基本的に考え込みません。何か嫌な事があっても寝たら忘れるため、仕事で行き詰る心配がありません。

逆に「考えすぎる人」「悲観的な人」だと、自営業として働くと精神的に病む可能性が高いです。

資金繰りが厳しい時に毎日お金の心配をしたり、売上が伸びない事を辛く感じると、成功する前にプレッシャーに潰されてしまいます。

 

自営業に向いてない人の特徴

続いては「自営業に向いてない人の特徴」をご紹介します。自営業に向いてない人は以下のような人たちです。

【自営業に向いてない人の特徴】
●安定志向な人
●行動力の無い人
●すぐに人に意見を求める人
●ただ会社員から逃げたいだけの人

 

自営業に向いてない人の特徴1:安定志向な人

自営業って世の中で一番不安定な職業ではないでしょうか・・?実際に私もネットショップからはじめ、売上が上がったり下がったり、現在ブログでも急上昇急下降を繰り返しています。

普通の会社で働いて安定した給料を得る事に喜びを感じる人であれば、間違い無く自営業者のジェットコースターのような生活についていけません。

安定志向な人であれば、会社に勤めて、副業で何かを始めるのが一番です。副業でも成功している人たちは、たくさんいらっしゃいますからね!

 

自営業に向いてない人の特徴2:行動力の無い人

自営業で働く場合、何もかも自分で行う必要があります。顧客を自分で探す、商品を探す、販売先を探す、このような本業はもちろんですが、確定申告の提出、経理、その他雑務などなど。

自営業はとにかくやる事が多く、その一つ一つが自分で考えて行動しなければ進みません。誰も頼る人はいないので、全て自力で解決していく必要があります。

大切なのはやはり「行動力」です。とにかく動いて、その中で失敗や成功を収めていきます。そもそもの行動力がないと、何も仕事が進まなくなります。

 

自営業に向いてない人の特徴3:すぐに人に意見を求める人


「どうやって始めれば良いですか?」
「ブログで稼げますか?」
「ネットショップ今からやっても成功できますか?」

このように何をするにしても、他人の意見ばかり求める人は自営業には向いていません。SNSでもこのような人たちはメチャクチャ多いですが、ほとんどの人が何も始めずに終っています。

私のブログにもよくこのような質問が寄せられます。

始める前から人の意見ばかり聞いていては、行動力が必要な「自営業」で成功できる訳がありません。まずは自分で答え導き出し、行動する「力」を付ける事が大切です。

 

自営業に向いてない人の特徴4:ただ会社員から逃げたいだけの人

特に自営業として成功したいわけではないけど、単に会社員が辛いから「起業」を考える人も中にはいらっしゃいます。このような方は高確率で独立しても失敗して、また会社員に戻ることになるでしょう。

しかし「逃げるため」に起業を選ぶのは、個人的には絶対オススメしません。

もちろん会社員には会社員の辛さがありますが、それ以上に自分でビジネスを持つという事は辛い事が多いです。事業が上手くいかずお金の面で追い込まれる事も多々あるので、逃げ道で独立するのは辞めておきましょう。

 

スポンサードリンク

すでに独立している場合は会社員に戻るのもあり



「自分にはやはり会社員が向いてるかもしれない・・・」
「自営業は性格的に厳しそうだ。」

既に独立してしまっており、上記のように感じたのであれば、もっとも簡単に解決する方法は、「会社員」に戻ることです。やはり自営業として働いていくには、向き不向きがあり、誰にでもオススメできるものではありません。

良い時は良いのですが、「資金繰りが厳しいとき」「上手く売上が伸びないとき」このような時は人によって、かなり追い込まれてしまいます。それこそ借金を抱えておかしくなる人もいるので注意が必要。

オススメの方法としては会社員に戻って、副業として何かビジネスを始める方法です。

副業であれば会社員としての収入が確保できるので、精神的にそこまで辛くありません。

 

オススメ転職エージェント2社

続いては私がオススメする転職エージェントをご紹介します。転職エージェントを使えば、ネットを使って全国の求人情報をチェックできるようになります。

すべて無料で利用できるので、仕事を探すには便利でオススメです。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

自営業に向いてる人・向いてない人の特徴のまとめ

以上です。今回は「自営業に向いている人・向いてない人の特徴」をご紹介しました。

実際に私も自営業から法人化しましたが、自分自身会社に勤めるタイプではないし自営業には向いていたんだろうな、と今になって感じます。しかし中には自営業が向かない人もいるので注意しましょう。

もし自分が「自営業には向かないな・・」と感じたら、社会人として働きながら副業を行っても十分成功できます!安定した仕事に就いているだけでも、気持ちの余裕ができますからね。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*