歩合制の仕事に就くメリット・デメリット。オススメの職業は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歩合制の仕事は自分の力次第では、大きく稼げる仕事です。世の中には様々な歩合制の仕事・職業が存在しますが、実は働く場合「メリット」だけでなく「デメリット」も存在します。

スポンサードリンク

 

歩合制とは簡単に言うと、成果報酬型の仕事の事です。やればやった分だけ給料に反映されますので、頑張り次第では給料を大幅に上げる事が可能です。これは働く上で大きなメリットとなりますね。

しかし反対に「ノルマ」などのデメリットも存在します。人によって、歩合制の仕事には「向き不向き」があるので、ここは注意すべきです。

それと歩合制の仕事でも、「稼げる仕事」「稼げない仕事」の二つが存在します。せっかく頑張って歩合制の仕事で働いているのに、給料が上がらないのは辛いと思うので、これらも今回の記事でご紹介したいと思います。

 

歩合制の仕事で働くメリット・デメリット

まずは歩合制の仕事で働く「メリット」「デメリット」についてご紹介します。

 

【歩合制の仕事で働くメリット】
●頑張り次第で給料が高くなる
●やりがいを感じられる
●実力がつく

歩合制の仕事で働くメリットは上記の3つがあります。まずは当たり前ですが、頑張り次第で給料を伸ばせること。給料が変わらない仕事だとやる気がでませんが、頑張った分だけ給料に反映されるのは嬉しいですよね。

他にも給料にそのまま反映されるので、仕事での「やりがい」をダイレクトに感じやすかったり、仕事での実力がつきやすい事が挙げられます。

 

【歩合制の仕事で働くデメリット】
●プレッシャーが大きい
●収入が不安定になる
●従業員同士の関係が悪くなる事も
●働きすぎる

反対に歩合制の仕事で働くデメリットは、収入が不安定なので、仕事でのプレッシャーを大きく感じてしまうことです。

フリーランスほどではないですが、完全歩合制の仕事であれば、生活ができなくなる可能性も考えられます。

後は、従業員同士で成績を競い合う為、摩擦が生じやすい事や、頑張りすぎて体に大きな負担をかける事がデメリットとして挙げられます。

 

歩合制で稼げる仕事・職業

続いては歩合制の仕事でも、一般的に「稼げる」と言われている仕事・職業をご紹介します。ご紹介する仕事では、月収50万円、70万円はもちろん、月収100万円オーバーを目指す事も可能です!

仕事でたくさん稼ぎたい人は、是非参考にしてくださいね。

【歩合制で稼げる仕事・職業】
●不動産の営業
●保険の営業
●ヘッジファンドのトレーダー
●自動車セールス
●会計事務所の仕事
●弁護士
●電気工事士

歩合制で稼げる仕事は、基本的に営業の仕事です。営業の中でも単価の高い商品やサービスを販売する仕事だと、営業マンへの給料も高くなりやすいです。

一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

歩合制で稼げる仕事・職業1:不動産の営業

不動産は扱う商品の価格が高いため、たくさん契約を取ると給料も高くなります。ちなみに不動産業界では、「賃貸」よりも「売買」の方がオススメです。

なぜかと言いますと、単純に売買の方が扱う商品の価格が大きいから。

賃貸では家賃など数十万にしかなりませんが、土地や建物の売買であれば数千万単位になってきます。大手不動産会社では大きな建物や土地の売買を行う事が多いため、営業マンも非常に稼ぎやすい環境が整っています。

 

歩合制で稼げる仕事・職業2:保険の営業

保険の営業マンも非常に稼ぎやすい職業です。トップセールスマンになれば、年収2000万円稼いでいる方も多くいらっしゃいます。

保険の営業マンは、男性だけでなく女性でも活躍している人が多いです。会社に雇用される事が多いですが、中には「個人事業主」という形で保険の営業を行っている方も多くいらっしゃいます。

この場合事業主は自分自身になるため、より多く稼ぐ事が可能です。

 

歩合制で稼げる仕事・職業3:ヘッジファンドのトレーダー

この職業はあまり聞いた事がないかもしれませんが、実力次第では他の職業とは比較にならないくらい稼げます!証券会社やヘッジファンドでは、お客様の資産を預かり増やすのが目的です。

優れたトレーダーであれば、資産運用の実績次第で年に数億円稼ぐ事も可能。

ただし働くには実績が必要だし、結果がでなければクビになります。

 

歩合制で稼げる仕事・職業4:自動車セールス

自動車会社のセールスマンで実績のある方だと、月50万円、70万円稼いでいる人は意外と多くいらっしゃいます。自動車会社は事務や受付、整備は給料が安いです。

しかしセールスマンは大手であれば、基本的にどのディーラーでも歩合制で給料が高くなります。

 

歩合制で稼げる仕事・職業5:会計事務所の仕事

会計事務所の仕事では「固定給+歩合」で給料を受け取ります。扱うクライアントの数を増やしたり、クライアントを保険などに加入させられると歩合制で給料が上がります。

ただし会計事務所によって、給料体系が大きく変わるので確認が必要です。

 

歩合制で稼げる仕事・職業6:弁護士

弁護士の仕事は、3年程度働くと完全歩合制に移行する事が多いです。20代ですと年収は500万~1000万円程度、40代を超えてくると年収1000万円越えが当たり前になってきます。

難易度が高く誰にでもなれる職業ではありません。

 

歩合制で稼げる仕事・職業7:電気工事士

意外とオススメなのが「電気工事士」の仕事です。これは、エアコンや家電製品を設置する業者の事を指します。

取り扱う件数が多ければ多いほど、その分歩合で給料がUPします。

 

スポンサードリンク

歩合制で稼げない仕事・職業

続いては歩合制の仕事でも、「稼げない」「稼ぎ辛い」と言われている仕事についてご紹介します。

【歩合制で稼げない仕事・職業】
●美容師
●タクシーの運転手
●トラック運転手
●マッサージ師
●ネイリスト
●新聞配達員

 

歩合制で稼げない仕事・職業1:美容師

会社員として美容師で稼ぐのは非常に難しいです。私は地方で美容師の経験がありますが、給料は手取り10万くらいでした。

何が絶望的かと言いますと、店長クラスでも月に30万円も給料が無かったことです。

東京などで人気の美容師になれば別かもしれませんが、基本的には店長や売れっ子になっても、そこまで高い給料は期待できないと思います・・・。

美容師でたくさん稼ぐには、自分のお店を持つ事が一番です。

 

歩合制で稼げない仕事・職業2:タクシーの運転手

タクシーの仕事では歩合制を導入している会社が多いです。ただし会社によって、「固定給+歩合制」「歩合のみ」など給料体系が変わるので注意しましょう。

タクシーも働く場所や会社によって、稼げる稼げないが大きく変わってきます。首都圏でバリバリ働けば、月収50万円越えも十分可能だと思います。

ただし、基本的には稼げないと職業と思っていた方が良いです。

 

歩合制で稼げない仕事・職業3:トラック運転手

運送会社などのトラック運転手の仕事では、歩合制を導入している会社も多く存在します。トラック運転手は割りと給料が高いのですが、時給換算すると安いです。

長時間拘束されて荷物をたくさん運べるのであれば、ある程度の給料を得る事が可能です。

 

歩合制で稼げない仕事・職業4:マッサージ師

マッサージ師の仕事も時給換算なので、そこまで多くは稼げません。

 

歩合制で稼げない仕事・職業5:ネイリスト

ネイリストも指名が多ければ多いほど、歩合制で稼ぐ事ができます。こちらも美容師と同じで、会社員として働いていても大して稼げません。しかし自分でお店を持つと、努力次第でたくさん稼げます。

 

歩合制で稼げない仕事・職業6:新聞配達員

新聞の配達所では、時給制×歩合制を採用している所が多いです。新聞配達の場合は新しく新聞の勧誘などを行うことで、給料を増やす事ができます。

 

おすすめ転職エージェント

現在の仕事に不満を抱えており、新しい仕事を探すのであれば「転職エージェント」を利用するのがオススメです。

転職エージェントを使うと、ネット上で全国の求人情報をチェックできるようになります。

簡単な無料登録を行うだけで使えるので、興味があればチェックしてみて下さいね。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

まとめ

以上です。今回は歩合制の仕事で働くメリット・デメリットと、具体的な「稼げる仕事」「稼げない仕事」についてご紹介しました。

歩合制の仕事はやればやった分だけ給料に反映されますが、上司からの圧力があったりノルマなど働く上で大変な事もあります。

働く上でのメリットデメリットをキチンと理解して働かなければ、仕事自体が会わず辛い思いをする事になるので注意しましょう。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*