管理職になりたくない!職場で上司に管理職を頼まれた場合はどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

企業によっては管理職になる事で生じる「デメリット」が多く、管理職を嫌がる社員が増えています。

スポンサードリンク

特に最近は仕事よりもプライベートを重視する若者が増えており、職場での出世意欲の低下が顕著に現れています。定時通りに帰れて責任の少ない仕事、こういった仕事が求められています。

そんな若者からすれば、仕事での責任が大きく労働時間の長い「管理職」は、できれば避けたいポジションでしょう。

もし上司から管理職への昇進を命じられた時、一般的に断ることは可能なのでしょうか?管理職を断る場合の「理由」は、どういったものが良いのでしょうか?

目次

1,世の中には管理職を嫌がる若者が増えている
2,管理職になる事で生じるデメリットについて
3,上司に管理職を頼まれた場合の対処法
4,転職の準備をしておくべき
5,オススメ転職エージェント
6,管理職になりたくないのまとめ

 

1,世の中には管理職を嫌がる若者が増えている

一昔前であれば、日本人には出世意欲の強い人が多く、「管理職」は憧れの仕事でした。しかしここ最近、時代の変化と共に、若者たちの「仕事」に対する考え方が変わってきています。

以前は会社で昇進して、お金を稼ぐのが仕事の目的でした。しかし最近の傾向を見ていると、仕事はあくまでも生活のために行い、プライベートを優先する働き方を求めている人が増えています。

管理職のような、仕事での負担や労働時間が増えるポジションは嫌がられるようになり、それよりも定時で帰れる「一般職」のままを好む、「出世を望まない若者」が増えています。

 

2,管理職になる事で生じるデメリットについて

「管理職になりたくない!」このように感じてしまうのは、何故でしょうか?まずは管理職になる事で生じる「デメリット」を見ていきましょう。

 

管理職になるデメリット1:労働時間が長くなる

管理職になると、職場の様々な仕事を請け負うことになります。一般職のように与えられた仕事をこなすだけでは無くなるので、仕事量は必然的に増えます。

管理職はやる事が多いので、時間通りに帰るのが難しいです。

【管理職の主な仕事内容】
●部下のマネジメント
●上司との仕事の連携
●取引先とのやり取り
●仕事全体の進捗確認
●部下の評価
●目標の達成

どこの管理職も当たり前のように残業して、当たり前のように休日出勤をしています。

こういった背景があり、「管理職=労働時間が長い」というイメージがついています。

 

管理職になるデメリット2:大変な割に給料があまり変わらない、もしくは安くなる

職場によっては管理職になることで、給料が下がってしまう場合があります。

どんな時にこのような現状が起きるのかと言いますと、「基本給があまり変わらない&残業代がつかなくなる」といった場合ですね。

管理職は残業代が付かなくなる事が多く、その影響で一般職のときよりも給料が下がってしまう場合があります。仕事の責任や仕事量だけが増えてしまい、肝心の給料が下がってしまうという状況です。

もちろん職場によっては、基本給が大幅アップして、残業代が出なくても、手取りが上がることもあります。

 

管理職になるデメリット3:仕事での責任が増える

仕事での「責任」が増えると、それがプレッシャーになりストレスに繋がります。仕事での責任が多い「管理職」は、一般職に比べて、仕事で大きなストレスを抱え易いです。

仕事での責任は、働く上で大きなデメリットとなります。

 

管理職になるデメリット4:上司と部下の板ばさみにあう

職場で一番辛い思いをするのは、「中間管理職」です。中間管理賞や上司と部下の板ばさみにあうので、仕事でもストレスを受け易いです。

部下からの上に対する反発、上司から部下への指導など、伝えるのは全て「中間管理職」の仕事です。

 

管理職になるデメリット5:仕事量が増える

管理職になると一般職と比べ、仕事量が大幅に増える事がデメリットして挙げられます。一般職と違い自分の作業だけを行うわけではなく、部下や職場全体の状況を把握する必要があるので大変です。

 

スポンサードリンク

3,上司に管理職を頼まれた場合の対処法

「管理職になりたくない!」このように感じる人はおそらく、上司から管理職のポジションを頼まれた人だと思います。

こういった人がどうしても管理職なりたくない場合は、どのような対応を取るべきなのでしょうか・・?

 

そもそも管理職を断ることは可能なのか?

上司から管理職のポジションを任命された時、申し出を断ることは可能なのでしょうか?これについては、会社によって変わってきます。

ちなみに私の体験談になりますが、中小企業の工場で務めていた時に、管理職を上司から頼まれた事があります。しかし「労働時間が長くなる」「残業代がつかなくなる」などを理由に、私は断った事があります。

一旦この話は「保留」という形になりましたが、数ヶ月後、別の人が管理職に任命されていました。私の勤めていた会社では、断る事ができたという事になります。

 

会社側が強行してくれば断る事はできない

私が勤めていた会社では管理職を断る事ができましたが、会社側が強行してくる場合は断ることはできません。

「人事権」は基本的に会社側が持っています。社員の業務内容や働くポジションは、会社側が決めることなので、従わない場合は「業務命令違反」となってしまいます。

もちろん処罰の対象となりますので、会社側が強く管理職への昇進を望んでいる場合は、従うしかありません。

 

断る場合は理由を明確にしよう

管理職を断る時は、その「理由」が大切です。「大変そうなので辞めておきます。」「面倒くさいので嫌です。」こんな断り方では、会社側は納得しませんよね。

やはり会社側が納得できるような、理由を提示する必要があります。

【管理職を辞退するのにオススメの理由】
●子供が小さいため仕事で迷惑をかける恐れがある
●他の人を推奨する(○○さんの方がマネジメント力に優れているなど)
●残業代がつかなくなると生活が厳しくなる
●現場での作業が好きだから、できればこのまま作業員を続けたい

上記のような理由であれば、会社側も納得してくれる可能性が高いです。

特にこの中でも、「残業代なしでは生活が苦しくなる」「子供が小さいので帰りが遅くなると支障がでる」など、生活面での負担を理由にするのがオススメです。

 

別の職場に転職してしまうのも一つの手段

管理職になるのが嫌な場合、転職して1から再スタートしてみるのも良いと思います。

仕事によっては、ずっと一般職のまま活躍できる職業もあるので、そういった仕事への転職がオススメです。

【一般職で長く活躍できる職業】
●営業職
●技術職
●クリエイター業
●美容業

上記のような仕事では、もちろん「管理職」として出世するコースも考えられますが、一般職のまま長く活躍する事が可能となります。

一部の職業では、プレーヤーとして一流になる事で、管理職以上に評価される事があります。

トップ営業マンや、パソコンの一流プログラマー、デザインや音楽などのクリエイティブ職、トップ美容師などは、管理職以上にプレーヤーが活躍できる職業ですね。

一生管理職になりたくないのであれば、こういった職業にチャレンジしてみるのもオススメです。

 

4,転職の準備をしておくべき

職場によっては管理職を断ることができず、管理職に止むを得ずなってしまう事があります。そうなってからでは遅いので、前もって「転職の準備」だけはしておく事をオススメします。

転職エージェントに無料登録さえ行っておけば、全国の求人情報のチェックや、転職アドバイザーへの相談ができるようになります。

あらかじめ転職の準備だけしておけば、いざという時すぐに動けるのでオススメです!

 

5,オススメ転職エージェント

続いては、私がオススメする転職エージェント3社をご紹介します。どのサービスも大手が運用しており、実績があるので安心して利用できます。

 

転職ならリクルートエージェント(転職エージェント)


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

既卒、フリーターの方にオススメしたいジェイック

【公式サイト】
ジェイック

ジェイックを使えば、無職やフリーターの方でも正社員として就職できます。こちらの転職エージェントでは、既卒やフリーターの方を積極的に支援しています。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

【ジェイックの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

非公開求人が多いマイナビエージェント



【公式サイト】
マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国展開する転職エージェントです。リクルートエージェントに比べると求人数が少なく、やや規模は小さめとなります。

ただし8割以上が非公開求人となっており、他のエージェントでは見つからない求人が多数載っているので、別の転職エージェントと併用して使うのがオススメです。

20代の若手に対して積極的にサポートを行っており、「20代既卒」や「20代社会人」であれば手厚いサポート体制が期待できます。

【マイナビエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

6,管理職になりたくないのまとめ

以上です。今回は、管理職になりたくない場合の対処法についてご紹介しました。職場によっては理由次第で、管理職を断る事が可能です。

ただし会社側が強行してくる場合は、従業員は断ることができません。このような場合は「諦めて管理職として頑張る」か「他の仕事に転職する」しか道はありません。

いざという時のために、「転職エージェント」への無料登録は済ませておきましょう。転職エージェントに無料登録を済ませて、担当者と交流を持っておけば、何かあった場合すぐに転職活動を行えます。

 

キャリコネで企業調査を行う

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

これから転職先を探す場合は、まずはキャリコネで企業の口コミをチェックしておきましょう。それだけでも人間関係が良好で、環境の良い職場に入社できる確率が高まりますよ。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

   

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*