人手不足と言われている仕事・職業について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人手不足な職業は、常に求人を募集しており就職がしやすいです。これから転職や就職を考えているのであれば、人手不足な業界を狙うのも1つの方法です。今回は現在人手不足で、転職にオススメしたい職業をご紹介します。

スポンサードリンク

 

1,人手不足の業界仕事・職業は転職におすすめ!

「なかなか就職先が見つからない・・」
「フリーターから就職できるか不安。」
「現在の仕事が辛いから早く転職したい!」
「年齢的にも転職が厳しい・・」

上記のように感じている人であれば、”人手不足の業界”を転職先に選ぶ事をオススメします!

人手不足の業界では常に人を募集しており、採用条件も甘いことがほとんどです。通常の職業では「年齢」「経歴」を重要視することがほとんどです。

しかし人手不足が深刻化している業界では、とにかくすぐに働ける人を募集しているので、問題がなければ年配の方や経験不足、フリーターの方でも就職面で待遇してくれる事がほとんどです。

 

2,人手不足の仕事・職業10選

【人手不足と言われている仕事一覧】
●介護
●建設業
●運送業
●警備
●工場・製造業
●農業
●物流・倉庫業
●林業
●美容業
●飲食業

 

人手不足と言われている仕事1:介護職

人手不足な職業でもっとも深刻化されているのは、「介護職」ですね。少子高齢化の影響で、今後ますます人手不足が危惧されている業界です。

介護職では排泄物の処理など汚れ作業もあるし、思っている以上に”力””体力”が必要な仕事です。ハードな仕事とは一変して、実は給料が高くないのが現状。

医師や看護師は給料が高いので、同じように「介護職の給料も高い」と勘違いされる方が多いですが、実際は手取り20万貰えるか貰えない程度です。

そのせいもあり求人情報が多く掲載されていても、就職・転職する人はそこまで多くありません。今後さらに人手不足が深刻化していけば、賃金が上がっていく可能性はあります。

老人の介護施設を始め、デイ・サービス訪問型介護サービスなど、サービス内容は多岐に渡ります。豊富な求人がありますので、これから就職・転職するにはオススメです。

 

人手不足と言われている仕事2:建設業

建設業も人手不足で悩まされている業界です。これには、「2020年の東京オリンピック」での建設ラッシュが影響していると言われています。それ以外でも核家族化が進んでおり、家を建てる人たちが増加していることも関係しています。

建設業は汚れるし肉体労働なのでハードな仕事です。若い世代からは人気が低迷しており、職人が減っていることも人手不足へと繋がっています。

現在の建設業の求人では、10社が求人をかけても一人しか採用者は見つからない状態です。建設業の中でも特に、「型枠大工」「とび職」「鉄筋工」といった職人の減少が顕著に現れています。

 

人手不足と言われている仕事3:運送業界

最近では、大手運送業者の”送料の値上げ”がニュースでも取り上げられていますね。これにはネット通販の発展が影響しています。通販での商品購入が増え続けており、配送量は年々増え続けています。

そうなると仕事量に伴った人材の確保が難しくなり、人手不足に陥ります。今後ネットで商品購入する人はさらに増えていきますので、運送業界での人材を確保するのも難しくなっていきます。

ヤマト運輸が2017年にブラック企業大賞としてノミネートされたのは、記憶にも新しいですよね。

運送業は重いものを運んだり、トラックを運転しなければいけないので、誰にでも出来る仕事ではありません。若く力や体力のある男性が求められています。

 

人手不足と言われている仕事4:警備員

様々なビルや建物に常駐する「警備員」も、募集が増え続けており人手不足が続いています。理由としては建設業と同じで、ビルなどの建物が増え続けていることで、警備員が必要とされていることが挙げられます。

様々な施設や企業、建物などでも警備員は必要とされており、需要が高い業種です。警備員は未経験の方でも仕事を始めやすいので、フリーターの方からも人気がある職業です。

フリーターの方でこれから正社員での就職を考えているとであれば、検討してみてもいいですね。

 

人手不足と言われている仕事5:工場・製造業

物づくりの日本では、「工場」「製造業」の仕事は昔から豊富に存在します。転職サイトや求人情報をチェックしても、必ずと言っていいほど工場や製造業の仕事は記載されていますよね。

これらの仕事は求職者も多いのですが、それ以上に求人募集している企業が多いです。大手はもちろん、その下請けなどの中小企業でも募集がかけられています。

正社員、派遣、パートと働き方も様々で、待遇も良いことが多いので非常に人気の職種となります。昔に比べて日本の製造会社での仕事は減りましたが、それでも常に募集がかけられているので、正社員を目指す人にとってはオススメです。

工場では「派遣社員⇒正社員」といったキャリアアップも積極的に行っているので、未経験者でも就職しやすい環境です。

 

人手不足と言われている仕事6:農業

日本は世界でも屈指の農業大国です。しかし農業を支えている人のはほとんどは65歳以上であり、若い人たちの農業離れは深刻化しつつあります。

現在、農家で育った若い人たちは都心へと移り住んでしまいます。そのせいで後継者がいなくなり、農地を手放す農家も少なくありません。

 

人手不足と言われている仕事7:物流・倉庫業

ネット通販が人気となってからは、倉庫業での人材募集も増えています。在庫を管理したり商品の発送業務を請け負う会社ですね。通販会社でも外注化が進んでおり、今後ますます仕事量が増える職業だと言えます。

 

人手不足と言われている仕事8:林業

林業は体力的に辛く、給料もそこまで高いわけではないので働く人が少ないです。農業と同じように後継者がいないことが大きな問題となっています。

 

人手不足と言われている仕事9:美容業

「美容師になりたい」「ネイリストになりたい」「メイクアップアーティストになりたい」

このような夢を持ち美容業に就職する方は非常に多いです。しかし現実は労働時間が長く、給料も安い。さらには人間関係のトラブルなども多く、美容業全体の離職率も非常に高いです。

特に美容師の場合は、1年目で半数近くが離職してしまいます。

 

人手不足と言われている仕事10:飲食業

昔から深刻な人手不足に陥っているのが「飲食業」です。飲食業は働く人も多いのですが、それ以上に「離職率」が高いせいで人手不足となっています。

ある調査によると、働き始めてから3年以内の離職率は約半数。飲食業はどうしても利益率が悪く、給料が安い割に働く時間が長い傾向があります。

このような事もあり離職率が高くなってしまっています。

 

スポンサードリンク

3,人手不足の仕事に就くメリット・デメリット

 

メリット1:倒産やクビになる可能性が少ない

人手不足の業界は、とにかく仕事が多いのがメリットとして挙げられます。ですのでよっぽど変なことをしない限り、「クビ」になる可能性は低いです。人材が足りていないので、企業側も簡単には従業員をカットできないですからね。

仕事が多いので、企業の倒産の可能性も低いですね。「介護職」は大変かもしれませんが、老人が常に列を作って待っている状態です。今後も少子高齢化は悪化しますので、将来性がある仕事と言えます。

 

メリット2:活躍しやすい職場環境が整っている

仕事量が多い会社というのは、それだけ個人で活躍できる環境が整っているということです。例えば仕事を頑張って評価されれば、他の仕事に比べても出世昇給のスピードは早いです。

これから新入社員や正規雇用が増えていきますので、管理職へとキャリアアップすることも可能です。

 

メリット3:就職・転職に有利!

人手不足の会社を選ぶ理由でもっとも多いのが、就職や転職に有利だからです。特にフリーターや年配の方の場合、面接で落とされるケースが非常に多いです。

どれだけやる気があっても就職できない・・・こんな悩みを抱えている人であれば、人手不足の会社への転職を考えてみましょう。未経験者でも待遇してくれる事が多く、意外とあっさり就職できますよ。

 

デメリット1:ブラック企業である可能性が高い

人手不足に悩まされる業界は、どうしても従業員一人ひとりにかかる労力が大きくなります。長い残業を強要されたり休日出勤などが挙げられますね。

運送業者ではこういった問題を解決するために、送料の値上げを行っています。送料を値上げすることで、利益を確保しながらも無理な配送を行わないように改善しています。

この施策により出荷数は落ちていますが、利益率は改善されつつあり、ドライバー1人ひとりにかかる作業量が軽減されています。大企業ではここ最近になり、ブラックな会社が問題視されて改善されつつあります。

しかし中小企業であれば、まだまだ改善されてない会社も多いので気をつけましょう。

 

デメリット2:安定はするがとにかく疲れる

人手不足の仕事では、今後も仕事がなくなる心配がなく長く勤めることが可能です。その反面忙しいので、プライベートの時間が持てず仕事中心の生活へとなりがちです。

将来性はありますが、体への負担も大きいので、無理して働くのは絶対NGです。自分に合った仕事で、ストレスがそこまで掛からない人手不足の仕事を選ぶ事が大切です。

将来性があるからと無理して働き続けると、「うつ病」精神疾患に掛かり、結果的に仕事を辞めなくてはいけなくなってしまいます。

 

デメリット3:忙しい割りに給料が少ない事も

どれだけ忙しくても、給料が多い職業は一定の需要があります。それは給料を一番重要視する社会人が多いからですね。

逆に給料が少ないと人手不足へと繋がりやすいです。人手不足の業界では忙しい割に、給料が安く設定されている業種も多いです。

 

4,おすすめ転職サイト&転職エージェント

これから就職・転職を考えている人であれば、人手不足な業界は非常にオススメです。仮に現在給料が安くても、今後需要があるサービスであれば少しずつ改善されていくはずです。

何よりも仕事での「倒産」「クビ」といった、リスクを最小限に抑えられるので就職しておけば安心ですね。さらにフリーターや年配の方、未経験者なども積極的に正社員として雇用してくれるのも大きなメリット。

是非転職エージェントや転職サイトを利用して、自分にピッタリの職業を探してみてください。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,まとめ

以上です。今回は人手不足な仕事&職業についてご紹介しました。人手不足な仕事は、転職や就職にもおすすめです。

フリーターや未経験者からでも働く事ができて、さらに年齢や経歴に関係なく内定を貰える可能性が高いです。これから就職・転職を考えている人であれば、人手不足な業界を狙ってみてはいかがでしょうか?

転職エージェントを使えば、様々な仕事・職業を探す事ができます!転職のプロから様々なアドバイスも貰えるので、興味があれば一度無料登録を行い利用してみてください。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*