ルート営業が「きつい」と言われる理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ルート営業は、営業マンからの意見が大きく分かれる仕事です。「ルート営業は楽!楽しい!」と答える人もいれば、「ルート営業がきつい、辞めたい。」と感じてしまう人もいらっしゃいます。

スポンサードリンク

 

今回はルート営業がきつい、辞めたいと感じる理由や、ルート営業からの転職についてご紹介します。

ルート営業には、一般営業と違ったメリット・デメリットが存在するので、キチンと理解して働く事をオススメします。

 

1,ルート営業とは?

ルート営業とは、既に取引のある決まった取引先を回る営業方法です。一般営業の場合は新規顧客の開拓を行いますが、ルート営業では新規開拓を基本的に行いません。

ルート営業で多いのは「法人営業」と呼ばれるもの。法人営業とは、「病院」「スーパー」「一般企業」などを相手に営業を行います。


【ルート営業の例】

●医療メーカーが病院に医療機器の販売を行う
●食品メーカーがスーパーに食品販売を行う
●パソコンメーカーが企業向けにパソコンや備品の販売を行う

ルート営業では上記のようなものが一般的です。他にも製薬や保険のセールス、飲料のルート営業なども存在します。

法人向けに販売する事が多いですが、中には個人のお店、個人のお客様をターゲットに回ることもあります。ようするに新しいお客様ではなく、決まった取引先を回るのがルート営業の仕事となります。

ルート営業の仕事の職種は下記のようなものが一般的です。


【ルート営業の職種一覧】

●医療
●食品
●パソコン
●化粧品
●服飾
●保険
●銀行
●証券
●デザイン
●IT系
●広告代理店

ルート営業では営業以外にも、企画書を作ったり、注文管理や顧客の管理などの「事務作業」も行います。

 

2,ルート営業がきついと言われる理由とは?

ルート営業は魅力的な仕事ですが、「きつい!辞めたい!」と感じている人も一定数いらっしゃいます。それではきつい、辞めたいと感じてしまう理由には、一体どういったものがあるのでしょうか・・・?


【ルート営業がきつい、辞めたいと感じる理由】

●取引先と上手く信頼関係が築けない
●給料が少ない
●刺激がない、やりがいに欠ける
●取引額によるプレッシャー
●事務作業が面倒

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

ルート営業がきつい、辞めたいと感じる理由1:取引先と上手く信頼関係が築けない

ルート営業は決まった取引先、企業に対して営業を行います。ですので取引先と上手く信頼関係が築けないと、商品やサービスを使ってもらう事ができません。

取引先の担当者と相性が良ければ、信頼関係が自然と出来て、新しい物をドンドン取り入れてもらえます。しかし取引先担当者と上手くコミュニケーションが築けていないと、どれだけ営業をかけても無駄に終ってしまいます。

営業をかけても迷惑そうに断られると、仕事が嫌になっちゃいます。

 

ルート営業がきつい、辞めたいと感じる理由2:給料が少ない

一般営業に比べてルート営業は、給料が少ない傾向があります。

ルート営業はノルマがない事が多く、仕事自体は一般営業に比べて楽です。しかしノルマがないという事は、それだけ営業での成果を伸ばし辛いという事。

営業の仕事で給料を上げたいのであれば、一般営業に就き、新規顧客をガンガン開拓する方がオススメです。そういった意味でルート営業は、ちょっと保守的になりますね。

 

ルート営業がきつい、辞めたいと感じる理由3:刺激がない、やりがいに欠ける

ルート営業は、ほとんど同じ取引先とのやり取りのみです。毎回同じ人に商品を販売するだけの仕事なので、一般営業に比べると「やりがい」に欠けるかもしれません。

新しい出会いもなく、平凡な営業を繰り返すのみとなります。ルート営業のセールスマンの中には、仕事がつまらないと感じている人もいらっしゃると思います。

 

ルート営業がきつい、辞めたいと感じる理由4:取引額によるプレッシャー

ルート営業には法人営業が多いです。法人営業となると個人への営業に比べて、取引額が大きくなります。

それこそ数百万、数千万単位でオーダーを頂くことになるので、営業マンにはそれなりの「プレッシャー」がかかります。

自分のせいで数千万円の取引がダメになった場合のストレスは、並大抵のものじゃないです。

 

ルート営業がきつい、辞めたいと感じる理由5:事務作業が面倒

ルート営業は意外と事務作業も多い仕事です。注文や顧客の管理をパソコン上で行ったり、注文書の作成、企画書の作成なども行う必要があります。

仕事内容のほとんどは「外回りの営業」ですが、毎日の事務作業も欠かせません。

 

スポンサードリンク

3,ルート営業で働くメリットについて

「ルート営業がきつい、辞めたい」といった声が多い中、実は一般営業に比べて「楽」と感じる人も大勢いらっしゃいます。続いては一般営業と比べて、ルート営業で働くメリットについてご紹介します。


【ルート営業で働くメリット】

●新規顧客の開拓をあまりしなくて良い
●未経験でも始めやすい
●時間通りに仕事が終る
●給料がある程度安定している

 

ルート営業で働くメリット1:新規顧客の開拓をあまりしなくて良い

ルート営業で働く一番のメリットは、新規顧客の開拓が少ないことですね。

新規顧客って本当に大変です。一般営業では毎月新規顧客のノルマが課せられるので、それが大きなプレッシャーに繋がります。

しかしルート営業ではこれが少ないため、その分ノルマによるプレッシャーを感じる事がありません。

もちろん営業である以上、新規顧客開拓が全く無いわけではないですが、割と少なめとなります。

 

ルート営業で働くメリット2:未経験でも始めやすい

ルート営業は未経験者からでもスタートできるのが嬉しいポイント。特定の企業や個人を相手に営業を行うため、ある程度データが揃っており、知識や経験が必要ありません。

勤め先と営業先で信頼関係さえ成り立っていれば、新人でも営業を成約させる事が可能です。

 

ルート営業で働くメリット3:時間通りに終れる

決まった取引先のみに営業を行うルート営業の仕事は、一般営業に比べて時間通りに仕事が終る事が多いです。ルート営業の勤務時間は「9時~18時」「8時~17時」といったイメージです。

相手の企業先の時間に合わせて営業を行うため、残業が少なめとなります。

 

ルート営業で働くメリット4:給料がある程度安定している

ルート営業では歩合制を取り入れていない会社も多く、給料はある程度安定しています。一般営業のように、月によって給料の変動がないのも魅力の一つです。

決まった取引先に商品やサービスを提案するので、受注が全くない、ということは避ける事ができます。

 

4,ルート営業からオススメの転職先について

仕事が嫌になった場合は、やはり転職するのが一番楽な逃げ道になります。自分がやりたい仕事や、もっと興味が湧く仕事を探してみるのも良いと思います。

続いては、ルート営業からのオススメの転職先についてご紹介します。

 

ルート営業からオススメの転職先1:一般営業職

「ルート営業が辞めたい!」と感じた場合は、一般営業職への転職を考えてみましょう。一般営業職の場合、同じ営業職でもルート営業とは仕事の内容や給料が全く異なります。

一般営業はハードな面もありますが、給料が高くやりがいも感じやすいのでオススメ。

 

ルート営業からオススメの転職先2:他のルート営業

ルート営業と言っても、その職種は様々な物が存在します。文頭でもご紹介しましたが、「医療メーカー」「食品メーカー」はもちろんですが、「パソコン機器」「保険」「金融」「服飾」と、たくさん就職先があります。

今のルート営業の仕事が嫌になったのであれば、別のルート営業の仕事を探してみるのも良いと思います。

 

ルート営業からオススメの転職先3:異業種

「営業」という仕事自体に魅力を感じなくなったのであれば、異業種への転職がオススメ。例えば「工場職」「販売員」「飲食系」など、世の中にはたくさんの職種が存在します。

営業は特殊な仕事です。人付き合いが多く、向き不向きが強く反映される職業。自分に合わないと感じるのであれば、一度異業種への転職を考えてみましょう。

 

5,オススメ転職エージェント3社

転職エージェントとは、ネットを使って無料で利用できる転職サービスです。全国の求人情報をネット上でチェックできるので、非常に便利でオススメです。

さらに転職エージェントでは、転職のアドバイザーに無料で仕事に関する相談が行えます。

「月収30万以上の仕事を探して欲しい!」「高齢者でも働ける仕事を探して欲しい。」など、希望の転職先を探してくれます。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

6,ルート営業がきついと言われる理由や対処法のまとめ

以上です、今回はルート営業の仕事がキツイ、辞めたいと感じてしまう理由や、その対処法についてご紹介しました。

ルート営業は仕事面で言えば、一般営業よりも楽だと思います。しかしルート営業にはルート営業の悩みもあります。「給料が少ない」「取引先とのコミュニケーションが面倒」などですね。

もしルート営業の仕事が嫌になったのであれば、転職エージェントを使い別の転職先を探してみてください。嫌な仕事を続けるのってストレスが溜まります。

新しい仕事をチェックするだけも、良い息抜きになるのでオススメですよ。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*