ストレスの多い仕事、ストレスが溜まる仕事15選をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎日働く仕事だからこそ、できるだけストレスがたまらない仕事を選びたい。とは言っても、現代社会ではストレスなしで仕事をするのは、ほぼ不可能に近いですよね。

スポンサードリンク

仕事でストレスがたまると、私生活にも影響が出てくるしプライベートを楽しむ事もできません。仕事でのストレスには様々な理由があります。

代表的なものでいえば、「職場の人間関係」「接客」「仕事が向いていない」などなど。完全にストレスを無くすのは難しいかもしれませんが、仕事選びでストレスを軽減する事は可能です!

仕事でのストレスをなくしたいのであれば、ストレスがたまる仕事・職業から離れる事も大切です。

 

1,仕事でのストレスの原因について

そもそも仕事でストレスが溜まるのは、どういった原因が挙げられるのでしょうか?よくある仕事でのストレスの原因をいくつかご紹介いたします!

【仕事でのストレスの原因】
●職場の人間関係
●クレーム対応
●休みが少ない
●労働時間が長い
●仕事がつまらない
●ノルマ

 

仕事でのストレスの原因1:職場の人間関係

仕事でのストレスの原因として、もっとも多く挙げられるのがズバリ「職場の人間関係」です。

上司・同僚・部下など職場では色々な人と接する事が多いです。人間関係で上手くいかないことが多くそれがストレスに繋がります。

「性格の悪い上司がいる」「同性ばかりで従業員同士の仲が悪い」など、職場での人間関係のトラブルは付き物です。

人間関係は実際に就職してみないと分からないので、入社前に見極めるのは難しいです。

 

仕事でのストレスの原因2:クレーム対応

仕事でストレスがたまる原因で多いのが、「お客さんのクレーム対応」による物です!私もネットショップを運営しており、電話でのクレーム対応は何度も経験がありますが、これほど疲れる仕事はないです。

朝一でクレーム対応をすれば、一日中働いたかのような疲れが襲ってくるし、その日は仕事へのモチベーションがダダ下がりです。

【関連記事】・クレーム対応が辛い!仕事を辞めたい場合に取るべき対処法や解決策

会社側のミスでクレームを受けるのはまだ分かりますが、何も悪い事をしていないのにクレームをつけてくるお客さんも存在します。

・言っていたことと違う。
・商品が使いづらい!
・サイズが合わない

こういった自己都合でのクレーマーは本当に厄介です。いくら謝っても許してくれないし、金銭的な要求してくることもしばしばあります。

一度クレームを受ければ、何時間と文句を言われるので仕事にもなりません。クレームでストレスをためている従業員も多いはずです。

 

仕事でのストレスの原因3:休みが少ない

充分な休暇をもらえないと、リフレッシュする事ができず仕事でもストレスがたまりやすくなります。例えば週休二日制の仕事と、週休一日の仕事。週に一日しか休みがないと旅行に行ったりできないし、やることが限られてしまいます。

一日しかない休みだから、ゆっくり寝ていたいと考える人も・・・休みの日に充分なストレス発散ができないと、イライラが蓄積していき仕事の効率も落ちてしまいます。

 

仕事でのストレスの原因4:労働時間が長い

労働時間も仕事でのストレスを深いつながりがあります。少しくらい辛い仕事でも、働く時間が短ければ頑張れます。

しかし朝から夜中まで働かせられるような、ブラック企業に近い職場であればストレスが溜まらない訳がありません。ストレスを少しでも軽減したいのであれば、労働時間が短い仕事を選ぶべきです。

 

仕事でのストレスの原因5:仕事がつまらない

自分が興味のない仕事を続けていると、ストレスがたまりやすいです。やはり興味がある仕事はそれだけでモチベーションに繋がるし、「頑張ろう!」と思えます。全く興味がない分野の仕事ですと、まずやる気が出ないのでちょっとしたことでもストレスに感じてしまいます。

対策としては、自分が心から「楽しい」と思える仕事を見つけるのが一番です。これを実現するには好きなことや、興味がある分野の仕事に就くこと。

口では簡単に言えますが、実際好きなことを仕事にするのは難しいものです。

 

仕事でのストレスの原因6:ノルマ

営業の方でよくあるのが、「ノルマ」によるストレス。ノルマは達成しなければ上から認められないため、「達成しなければいけない!」というプレッシャーが大きなストレスに繋がります。

ノルマのある仕事もストレスが多いので注意しましょう。

 

2,ストレスの多い仕事、ストレスが溜まる仕事15選

続いては、ストレスの多い仕事・ストレスが溜まる仕事をご紹介します!

人間関係などは実際に働いてみないと分かりませんが、「接客業を避ける」「自分に合った仕事に就く」「細かい作業を避ける」「体を使う仕事に就職する」など、仕事のストレスを軽減させる方法は存在します。

もちろんこれは、その人の「性格」や「仕事との相性」なども関係するので一概には言えません。

自分に合った働き方を見つける事が大切です。

【ストレスの多い仕事15選】
●営業職
●IT・プログラマー
●教師
●販売職
●医者・看護師
●飲食店の店員
●証券マン
●保険の営業
●保育士
●土木関係
●建設関係
●配送業者
●美容師
●介護師
●銀行員

 

ストレスの多い仕事1:営業職

ストレスが多い職業と言えば、「営業職」ですね。営業はお客さんと毎日関わる仕事なので、その分クレーム対応や気を使うことが多くストレスがたまりやすいです。

お客さんと営業マンは常に上下関係がハッキリしています。当然と言えば当然ですが、営業マンは常に頭を下げていなければいけないし、理不尽なことで怒られても文句は言えません。

自分が間違っていないからとって文句を言ってしまえば、上司や会社にクレームが行き、自分の立場が悪くなるだけです。常にお客さんへの配慮を考えながら、クレーム対応も受ける。営業職は金銭面では満たされますが、ストレスやイライラは多いので精神的に疲れます。

 

ストレスの多い仕事2:IT・プログラマー

IT関係の会社はとにかく仕事時間が長く休みが少ない。ですので他の職業に比べてもストレスが多く、精神的にも疲れている人が多い傾向があります。

仕事には締め切りがあり、それに間に合わなければ徹夜で仕事をして終らせなければいけません。最近ではブラック企業が問題になっていますが、まさに「IT・プログラム」系のお仕事は、ブラック企業の巣窟とも呼べるのではないでしょうか?

プログラミングですと、バグやシステムエラーが起きれば直るまで帰れません。それだけ重要なポジションなので給料は高いですが、体がついていかなくなることも・・・

 

ストレスの多い仕事3:コールセンター

コールセンターのオペレーターは、電話でのクレーム対応が主な仕事になってきます。朝から晩までクレーム対応に追われるので、多少慣れますがストレスは多いです。

さらにコールセンターでは「電話セールス」をやらされる事も多く、ノルマがあることも多いです。たまに自宅にも営業の電話って掛かってきますよね?まさにあれです。

聞くほうも面倒で冷たく当たってしまいますが、掛けている方はもっと辛い思いをしています。電話をしてもすぐに切られてり怒鳴られたりして、ノルマを達成できず辞めてしまう人も多いです。

 

ストレスの多い仕事4:教師

教師も実はストレスがたまりやすい職業の1つ。生徒からバカにされることもあれば、逆に生徒をケアしなくてはならないときもあります。嫌いな生徒だからと言って無視するわけにもいかず何かと大変です。

他にも保護者からのクレームや無理な要求をつきつけられることも。モンスターペアレントなんて存在すれば、それだけで鬱病になってしまいます。

部活や次の日の授業の準備などで、意外と働く時間も長いです。

 

ストレスの多い仕事5:販売職

アパレルやデパートなどの販売業も大変です。毎月のノルマがある事も多く、店長や上司からの圧力も掛かってきます。お客さんからはクレームを付けられる事もあり、仕事上で掛かるストレスは大きいです。

ファストファッションの販売員は、賃金が少ない割りに長時間働かせられており問題になることもありました。

 

ストレスの多い仕事6:医者・看護師

医者や看護師は患者の命を扱う仕事です。やはり他の仕事に比べてもプレッシャーや責任感は強く感じるので、その分ストレスも多いと言えます。過度のストレスから仕事以外の時間でも考え込んでしまい、精神的につかれきってしまう人もいらっしゃいます。

 

ストレスの多い仕事7:飲食店の店員

長時間労働が当たり前になっている飲食業。この職業もストレスが多いことで知られています。お客さんからのクレームはもちろん、低賃金なのもイライラを増幅させてしまいますね。

必要以上に働かされると、「給料が安いのに使いすぎ!」と頭の中で考えてしまい、仕事が嫌になってしまいます。

 

ストレスの多い仕事8:証券マン

証券マンはお客さんの資産を取り扱ったりと、責任が重い仕事。もちろん株やFXで資産を減らしてしまえば、顧客から怒鳴られるし仕事でも評価が下がってしまいます。

毎日お金について悩まされ、常にストレスと隣り合わせにあると言えます。

 

ストレスの多い仕事9:保険の営業

保険業もノルマが過酷で、ストレスが多い仕事。知人や友人への売込みをする人も多く、人間関係にヒビが入ってしまうケースも少なくありません。契約をとる事ができれば給料も歩合制で伸ばせますが、達成できなければ上司からの圧力も掛かるし疲れてしまいます。

 

ストレスの多い仕事10:土木関係

土木関係の職場では、「人間関係のよるストレス」「体力的苦痛でのストレス」を感じる人が多いです。

まず土木系にはガテン系、つまり気性の荒い人が多く働いています。仕事でミスをすれば怒鳴られるし、きつい暴言も吐かれることもあります。

土木関係は体力勝負となるので、炎天下の中で重いものを運ぶなど、かなり仕事自体も辛いのでストレスを感じやすいです。

 

ストレスの多い仕事11:建設関係

建設関係の職場では、土木のように気性の荒い人が多いです。さらに建設関係の仕事では労働時間が長い事もあり、ストレスを溜める人が多く存在します。

建設業はブラック企業が多いことでも有名です。

 

ストレスの多い仕事12:配送業者

荷物を運ぶ配送業者の会社でも、ブラック企業が多いと言われています。配送業者は重い荷物を運ぶだけでなく、お客さんから「荷物の配達が遅い!」などクレームを受ける事もしばしばあります。

肉体的なストレスと身体的なストレス、両方を感じやすい仕事です。

 

ストレスの多い仕事13:美容師

美容師は技術を磨く必要があるので、安月給で長時間労働は当たり前です。実際の労働時間は「朝9時~夜6時」くらいとさほど長くないのですが、ここからレッスンをするため帰りは夜9時以降になるのが当たり前です。

土日祝日は基本的に仕事になるため、自分の時間を犠牲にする事が多く、ストレスを感じやすいです。

 

ストレスの多い仕事14:介護士

介護師は老人や介護者の介護を行なう立派な仕事です。しかし老人や介護者の相手をするのは、思っている以上にキツイです。暴言をはかれたり、女性であればセクハラを受ける事もあるでしょう。

体力面でも厳しく大変な仕事です。

 

ストレスの多い仕事15:銀行員

銀行員には、保険や口座開設、投資信託や企業への融資、貸金庫、クレジットカード加入など、様々なノルマが課せられます。

他にもお金を扱うことへの「責任感」「プレッシャー」などがあるため、ストレスが多い仕事となります。資格取得や勉強時間が長いこと、転勤などが多いのも辛いですね。

 

スポンサードリンク

3,転職の仕方

転職を考えるのであれば、転職エージェントを使うのがいいです。今の仕事を辞めずに仕事探しができるので、リスクなく新しい仕事を探すことができます。

いい仕事が見つからなければ転職する必要はないですし、どのような求人があるかだけでもチェックしてみる価値はあります。さらに転職エージェントは、自分の適性にあった転職先を見つけてくれるので、とっても便利です。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

4,まとめ

以上です。今回は、ストレスが多い職業やイライラがたまる仕事についてご紹介しました。仕事には様々なストレスの要因が存在します。

どうすることでもできないこともありますが、ほとんどのストレスは選ぶ職業で軽減することができます。例えばクレーム対応でストレスがたまっているのであれば、クレーム対応の無い仕事を選べばいいだけです。

接客業1つでもコンビニの接客と携帯ショップの接客では、クレームの量は何十倍も違います。もし現在仕事でストレスを多く抱えているのであれば、転職を考えてみてもいいかもしれません。

慢性的なストレスは病気やうつ病の原因にもなるので、早めの対策が必要です。

こちらの記事では、ストレスがたまらない職業をご紹介しています。是非ご参考下さい。

【関連記事】・ストレスがたまらない仕事14選!精神的に楽で暇な職業とは?

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*