飲食店の人間関係が最悪!職場の人間関係を良好にする方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近、飲食店で問題視されているのが「職場での人間関係」です。飲食店ではイジメや社員同士の対立、上司からのパワハラなどが様々なメディアで取り上げられています。

スポンサードリンク

今回は「飲食店の人間関係が悪い原因や、人間関係を良好に保つ方法」などについてご紹介します。

現在飲食店に勤めており、人間関係で悩まされている方は是非参考にして下さい。

 

飲食店は人間関係のトラブルが起きやすい!

どんな仕事でも「人間関係」のトラブルは付き物です。「苦手な同僚がいる」「上司からパワハラをうけている」こういった内容ですね。社会に出て働いていれば、多少あるのはしょうがない事です。

しかし、飲食店では他の仕事に比べて、このような人間関係のトラブルが起きやすい傾向があります。昔から飲食店では、人間関係を理由に「転職」「退職」する人が大勢いらっしゃいます。

実際に飲食店に勤める人に対するアンケート調査では、「飲食店に勤める4割以上の人が、職場の人間関係で悩みを抱えている」と答えています。

飲食業界では、半数近くの人が何かしら人間関係の悩みを持っているという事になります。

 

飲食店ではどんな人間関係のトラブルが起きるのか?

【飲食店で起きる人間関係のトラブル】
●イジメ
●パワハラ
●社員同士の対立
●集団無視
●暴力
●恋愛

飲食店で起きる人間関係には、上記のようなものが挙げられます。まず「イジメ」は一番多い問題ですね。上司が部下をイジメたり、社員の新人に対するイジメ、バイトへのイジメなど。

上司からのパワハラ問題も非常に多く、飲食魚介ではこういった事例が後を絶ちません。

他にも「厨房」と「ホールスタッフ」による社員同士の対立や、「暴力」、異性の「恋愛問題」などが起きています。

飲食店では働く人の「性別」「年齢層」がバラバラなので、様々な人間関係のトラブルが起こります。

 

飲食店の人間関係が悪い理由とは?

続いては、「飲食店の人間関係が悪い理由」についてご紹介します。

【飲食店の人間関係が悪い理由】
●長時間労働に対するストレス
●個性的な人が集まっているから
●アルバイトを多く雇っているため
●従業員同士が協力・連携しなくてはいけないから

 

飲食店で人間関係が悪化する理由1:長時間労働に対するストレス

飲食店は数ある職業の中でも、労働時間が長いことで有名です。長時間労働を毎日させられていると、働く人たちは「ストレス」が溜まっていきます。これはバイトや正社員はもちろん、店長や幹部職でも同じ事です。

働く人たちがストレスを抱えていると、そのストレスは下に向けて発散するようになっていきます。幹部職であれば店長やリーダーに、店長であれば働く社員やバイトに、といった感じですね。

長時間労働だけでなく「休日が少ない職場」「残業が多い職場」「給料が安い職場」このような職場環境が悪い所では、人間関係も悪化しやすいので注意しましょう。

 

飲食店で人間関係が悪化する理由2:個性的な人が集まっているから

飲食店は学歴不問、未経験者でも働ける職場が多く、言い方を変えると「変わった人」が集まりやすいです。気性が荒い人や性格が細かい人、コミュニケーション力が無い人、などなど。

普通の会社では「学歴」「経歴」などはもちろんですが、面接を通して「コミュニケーション力」や「常識があるかないか」などをしっかり見ます。

しかし飲食店では、そこまで細かく見ない事が多いです。もちろん一流レストランのような職場では見ますが、「居酒屋」「ファストフード店」ではそこまで細かく見ていません。

シェフや料理人でも、頑固で個性的な人が多いです。

 

飲食店で人間関係が悪化する理由3:アルバイトを多く雇っているため

飲食店では正社員以外にも、たくさんのアルバイトやパートを雇っています。若い人が多いのはもちろんですが、様々な年齢層の人が集まるため、職場でのトラブルが起こりやすくなります。

 

飲食店で人間関係が悪化する理由4:従業員同士が協力・連携しなくてはいけないから

飲食店では仕事を通して、「従業員同士が連携・協力する事が非常に多いです。

例えば「お客様への対応」はもちろんだし、「厨房で料理を作って、ホールスタッフが料理を運ぶ」など、一連の仕事を通して協力する事が多いです。

他にも休みのシフトを決める時もそうです。従業員同士が上手く空いてる所を休んでいく必要がある為、お互いに譲り合う精神が必要となってきます。

このように連携や協力する事が多いと、その分「トラブル」も起きやすいです。例えば1人が周囲を無視して勝手に休みを取ると、その人は皆から敵対心を持たれます。

 

スポンサードリンク

飲食店での人間関係を良好に保つ方法

続いては飲食店での人間関係を良好に保つ方法をご紹介します。飲食店ではトラブルが起きやすいですが、上手に接することで人間関係のトラブルを回避できます。

【トラブルを回避する方法】
●最低限度のコミュニケーション力を持って働く
●個人プレーは行わない
●シフトで揉めないこと

 

トラブルを回避する方法1:最低限度のコミュニケーション力を持って働く

飲食店で良好な人間関係を保つためには、最低限度のコミュニケーション力を持って働く事が必要不可欠です。最低限度とは「挨拶」や「気遣い」などですね。

挨拶はされてからするのではなく、従業員同士であれば積極的に皆にしていきましょう。挨拶をしないだけで、「○○さん嫌い」なんて陰口を叩かれるかもしれません。世の中には被害妄想が強い変わった人が多いですからね。

他にも最低限度の「気遣い」は必要です。疲れている人に声をかけたり、気を使って自分から進んで仕事を行う、などなど。

こういった事を行っていれば、職場で嫌われる事は無くなりますよ。

 

トラブルを回避する方法2:個人プレーは行わない

飲食店の職場では、何よりチームプレーが大切です。個人プレーなど目だった行為は、できればやらない方が良いです。

効率が良いからと、仕事のルールを無視して自分のやり方で仕事を進めたり、周囲を無視して勝手に休みを取る、などですね。こういった行為は「イジメ」「無視」の引き金となります。

良好な人間関係を保ちたいのであれば、目立った行動は起さずに働くべきです。

 

トラブルを回避する方法3:シフトで揉めないこと

シフト制で働く職場では、「休日の取り合い」で揉める事が非常に多いです。仕事の事では熱くならなくても、「休日」が掛かっているとなると、熱くなり喧嘩腰になってしまいます。

気のキツイ方には、シフトは出来るだけ譲った方が良いです。どうしても休みが必要な場合は、上司に相談する事をオススメします。

【関連記事】・飲食に強い転職エージェント特集!おすすめのエージェントを徹底比較!
【関連記事】・飲食店が辛い、辞めたい・・。飲食からの転職について

 

環境の良い職場ではトラブルが起こりにくい

職場で誰かをイジメたり敵対心を持つのは、やはり職場環境が悪いことが理由となっている事が多いです。

「長時間労働」「サービス残業」「休日出勤」「安月給」このような状態では、職場全体がピリピリして、社員全員がストレスを抱えています。

上司も同じように余裕がない状況なので、部下や後輩に対してストレス発散をする人が増えてしまいます。

この問題を根本から解決するためには、やはり職場環境の良い働きやすい飲食店で働くしかありません。

 

転職エージェントを使えば、ホワイト企業が見つかる!

飲食店の求人を見つける場合、大抵の人は「近くの飲食店に直接アポイントを取る」「ハローワークで仕事探し」「冊子で求人を探す」といった行動を取ってしまいます。しかしこの方法だと、その飲食店が働きやすい職場か確認する事ができません。

転職エージェントというネット上の転職サービスを使えば、この問題を解決できます。

転職エージェントには、各企業や転職に関する、様々な知識を持った人が在籍しています。こういった転職のプロが私たちの転職を、全力でサポートしてくれるため、優良企業に当たりやすくなります。

「労働時間が短い職場」「社員の人間関係が良い職場」こういった希望の条件をつけて仕事を探してもらえるので、とっても安心です。

 

オススメ転職エージェント3社

続いては、オススメの転職エージェント3つをご紹介します。転職エージェントには「特化型」「総合型」の二種類が存在します。

特化方とは専門性のある転職エージェント。例えば飲食の場合だと、飲食業界に特化された転職エージェントですね。

総合型とは、ジャンルを問わず様々な職業の求人を取り扱っている転職エージェントです。

飲食業への転職であれば「飲食業特化型転職エージェント」、異業種への転職を考えているなら「総合型転職エージェント」を利用してください。

 

飲食店を探すのにオススメしたい転職エージェントは「クックビズ」!


飲食店への転職を考えるのであれば、「クックビズ」がオススメです。クックビズは求人数が5万件以上掲載されている人気の転職エージェント。

飲食店に特化された求人を取り扱っており、幅広い飲食の仕事を見つける事ができます。

「フレンチ」「イタリアン」「居酒屋」などの、ホールスタッフやマネージャー、調理スタッフなど職種も様々。さらに今なら転職が決まった場合、転職のお祝い金として3万円が貰えます!

飲食関係専門のプロのアドバイザーが、転職に関するサポートを全面的に行ってくれます。無料登録するだけで、クックビズの全てのサービスが利用できるようになります。

【クックビズの詳細】
・ジャンル:飲食、フード、バー
・種類:転職エージェント

 

飲食探しにオススメの転職エージェント2:フーズラボエージェント(飲食特化型)


フーズラボエージェントは、優良求人を多く取り扱う飲食特化型の転職エージェントです。

「年収400万~600万円」「週休二日制」「充実した福利厚生」など、質の高い求人が多く、年間相談実績は5,000件以上です!

大手企業、チェーン店、個人店、レストラン、ホテルなど、一般には掲載されていない非公開求人を、国内外問わず取り扱っています。

未経験や若手スタッフはもちろん、店長、料理長、幹部候補、商品開発、SV候補など幅広い職種が揃えられています。

独自レポート(従業員のインタビュー)や体験入店をフーズラボ自体が行っており、独自の情報を元に求人を紹介してくれます。企業の内部まで知った上で求人を紹介してくれるので、安心して転職できますね!

フーズラボでは専任のアドバイザーが、「履歴書の添削」「面接対策」「条件交渉」など転職のサポートを個別に行います。転職活動中はもちろんですが、転職後もサポートしてくれるので安心です。

【フーズラボエージェントの詳細】
・ジャンル:飲食、フード
・種類:飲食特化型転職エージェント

 

異業種への転職ならリクルートエージェント(総合型転職エージェント)


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

飲食店の人間関係が最悪のまとめ

以上です。今回は飲食店の人間関係についてお話しました。飲食店の人間関係は悪化しやすい傾向があります。

その理由はやはり、働く時間が長かったり、休日が少ない事が挙げられます。職場環境が悪いと、その分社員全員がストレスを抱えます。

コミュニケーションを取りながら、上手く接していけばトラブルに巻き込まれる事は少ないです。是非今回の記事を参考にして、良好な人間関係を築いて下さいね。

飲食店探しなら「クックビズ」を使えば間違いありません。クックビズはとにかく求人数が多いので、希望の飲食店がきっと見つかります。

【公式サイト】
飲食特化の転職支援サービス【クックビズ】


 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*