雑貨屋の開業方法は?雑貨のオススメ仕入れサイトや、仕入れ方をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
085_1024-500x333

「雑貨のお店を開業したい!」このように考えている人は多いのではないでしょうか?開業するならば、出店方法や仕入先を考える必要があります。今回は雑貨屋を開業する方法や、雑貨の仕入れ方をご説明します。

スポンサードリンク


目次

はじめに
1,ネットショップか実店舗か
2,仕事はやめた方がいい?
3,仕入先を探す
4,雑貨屋にオススメな仕入れサイト
5,ネットショップを開くなら?
6,集客をしよう!
7,出来るだけ自分の資金で!
8,まとめ


 

始めに

自分の雑貨屋さんを持つのは、とっても夢がある仕事です。好きなものに囲まれて生活できる・・・こんな幸せな事はありませんよね。

雑貨は利益率が高い!

小売業には色々なジャンルがありますが、その中でも雑貨商品は「利益率が高い」と言われています。雑貨は他の商品に比べて仕入原価が圧倒的に安いので、高い利益率で販売することが可能になります。

費用が掛からない

雑貨は他にもメリットがあります。まず雑貨商品んは場所をとらないので、家賃や倉庫代が安く済みます。仮に個人で雑貨のネットショップ始める場合は、自宅に商品を保管しておいても余裕でOKです。

私はアパレルを家で保管していた時がありましたが、ひどいものでした。冬服は嵩張るし、家中ダンボールだらけになってましたからね・・・

しかし雑貨であればコンパクトにまとまるので、よっぽどの在庫数がない限りは一部屋にまとめておけます。

雑貨の実店舗を開く場合でも、棚さえあれば飾れるので、無駄な経費が掛からなくて済みます。

コンセプトを決めておこう!

雑貨屋さんをオープンする前に、自分のお店のコンセプトを決めておきましょう。好きな物を何も考えずに仕入れてしまうと、お店の雰囲気が出ず売上も伸びません。

例えば、「ハワイアンなお店づくりをしたい。」このようにコンセプトを決めておけば、ハワイっぽい雑貨を仕入れるようになるし、お店の雰囲気も自然と出てきます。

こうすることによって、お客さんもファンになりやすくなるし、一目でどんな商品があるか分かってもらえます。

実店舗で販売するのであれば、自分のお店と同じようなショップが近くにないかくらいは確認しておきましょう。競合になってしまうので、それだけでも売上を伸ばしづらくなります。

 

1,ネットショップか実店舗か

まず雑貨屋を開業する前に、「どこで販売するのか?」を決めなくてはなりません。基本的にはネットショップで売るのか、実店舗を構えて販売するのか、この二つのどちらかになります。

ネットショップ

ネットショップで販売する場合は、出店先を決める必要があります。自社でサイトを持つのか、それとも楽天などのモールに入るのか。

楽天などのモールに入れば集客力はありますが、それなりに費用が発生します。自社サイトの場合は費用は掛かりませんが、集客が大変です。

実店舗

実店舗は売る場所を借りなければいけないので、初期費用がそれなりに発生します。居抜き物件であったり、安くテナントを借りれると費用も抑えられます。

初期費用は出来るだけ抑える

ネットショップ、実店舗、どちらを選ぶ場合でも、初期費用は出来るだけ抑えるようにしてください。「初期投資は大事だ!」こんな風に考えて、借り入れを起してバンバンお金を使う人がいます。

雑貨の販売を行っても、ネットショップでも実店舗でも、最初から売れるということは稀です。長期戦で売っていくつもりで、できるだけ資金は使わないほうがいいでしょう。

オススメな始め方としては、自宅でのネットショップ運営です。自宅であれば家賃も掛からないし、費用を最小限に抑えることが出来ます。

※関連記事
・私が自宅でネットショップ開業をおすすめする理由

 

スポンサードリンク

2,仕事はやめた方がいい?

雑貨屋を開くのであれば、基本的には仕事をやめて雑貨屋に専念した方がいいです。実店舗であればお店にいなくてはいけないし、ネットショップであっても電話対応などがあります。

誰か時間のある協力者がいれば別ですが、一人でやるなら副業としては難しいです。

オークションなどで副業として始める

ネットショップの場合は電話対応などもあるので、副業として始めるのは少し厳しいです。しかしオークションやメルカリのような、個人間の売買であれば副業としても始められます。

私はネットショップを開業するとき、最初ヤフオクで商品を売っていました。仕事を別でしていたので、「副業」という形でしたね。

ヤフオクで数十万程度売上が上がってから、仕事をやめて本格的にネットショップをオープンさせました。副業で始めるならこういった始め方がオススメです。

 

3,仕入先を探す

展示会に行く

東京で行われている展示会に行くと、たくさんの雑貨の卸業者に出会うことが出来ます。

東京で行われている「ギフトショー」は国内最大規模の展示会で、雑貨の卸会社もたくさん集まってきます。

・インターナショナル・ギフト・ショー

「ファッションワールド東京」は、ファッションがメインになりますが、それに付随して雑貨や小物なども多数展示されています。

・ファッションワールド東京

展示会場で気に入った商品を見つけたら、担当の人に話しかけて名刺の交換をしておきましょう。後から仕入れる時に役立ちます。

仕入れサイトを使う

今もっともオススメな仕入れ方法といえば、インターネット上での仕入れサイトを使うことです。雑貨系のアイテムであれば、数え切れない商品が販売されており、個性的なものも探し出せます。

展示会もいいのですが、ネット上にはそれ以上の商品数が展示されているので、仕入れサイトだけでも全然OKです。展示会に行くと、交通費など掛かってきますからね。

仕入れサイトであればすぐに見れるし、登録費も無料なので無駄な出費がありません。

 

4,雑貨屋にオススメな仕入れサイト

NETSEA(ネッシー)

NETSEA(ネッシー)
NETSEA(ネッシー)

登録はコチラから
ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)

雑貨を仕入れるならもっともオススメなのが、「ネッシー」です。ネッシーは開業前であっても登録することが出来て、無料でサイトを使えます。

雑貨用品も無数にあって、どのようなジャンルの雑貨であっても見つかるかと思います。私もアパレルの仕入れで使っていますが、仕入れサイトの中でもトップクラスにオススメです。

雑貨に限らず商品数は桁外れに多いので、仕入れをする際には是非チェックして欲しいサイトです。

オロシ─【orosea】

オロシ─》【orosea】

登録はコチラから
勝てるネット仕入れ《オロシ─》【orosea】

オロシーは美容系や雑貨などを取り扱う卸サイトです。イルミネーションなどのちょっと変わったアイテムもあり、遊び感覚で仕入れてみてもいいかもしれませんね。もちろん登録は無料で出来ます。

ファッション雑貨の仕入れ専門店!海外通販の【Cmall】

ファッション雑貨の仕入れ専門店!海外通販の【Cmall】

登録はコチラから
ファッション雑貨の仕入れ専門店!海外通販の【Cmall】

Cmallは、ファッション系の雑貨を豊富に取り揃えた仕入れサイトです。海外からの商品が多く、日本では取り扱れていない商品も多数仕入れることが可能です。

アクセサリや小物なども多く取り扱っており、雑貨屋にはピッタリなアイテムがたくさんあります。登録は無料となっています。

イチオクネットWeb現金問屋街

イチオクネットWeb現金問屋街

登録はコチラから
アパレル仕入れならイチオクネット!

イチオクネットは主にレディースアパレルを取り扱う仕入れサイトですが、それらに付随してアクセサリーや小物なども多数展示されています。

オリジナル商品なども作れますので、雑貨で自分のブランドを作りたいときにもオススメです。私もファッション関係のオリジナルアイテムを、イチオクネットを通して作っています。


「オリジナルの可愛いポーチを作りたい!」
「他の人が販売していないオリジナル商品を売りたい!」

こういった考えの場合は、イチオクネットはオススメです。

※関連記事
⇒ネットショップでアパレルブランドの立ち上げ方!オリジナルブランドを作る方法

 

5,ネットショップを開くなら?

雑貨のネットショップを開くなら、どこに出店するのがベストなのでしょうか?モールやカートなどオススメのものをいくつか紹介します。

楽天市場

ネットショップで大きな売上を作るなら、楽天市場は外せません。

「楽天がお店の売上の半分以上を占めている」

このようなショップも少なくありません。初期費用は掛かりますが、雑貨販売でも間違い無く一番売れる出店先です。開業時に出店するのは資金的にも厳しいかもしれませんが、売上が伸びてきた時には是非オススメです。

資料は無料でもえらるので、今のうちに料金などの詳細を確認しておきましょう。

・【楽天市場】出店案内はこちら

※関連記事
⇒楽天にネットショップ出店して売れるの?【2017年度版】

BASE(ベース)

ベースは無料で自社のネットショップが作れるサービス。商品登録が無制限で出来るので、雑貨のネットショップ販売ではとても助かります。

無料な上にクレジット決済などの豊富な機能もついており、とても使い勝手がいいです。最近では主婦がハンドメイド製品の販売で、BASEを使うことが多いようです。

BASE

 

6,集客をしよう!

雑貨の仕入れもして販売の仕方も決まったら、それに合わせて集客をしていかなければいけません。実店舗とネットショップでは集客方法も異なるので、間違えないようにしなくてはいけませんね。

ネットショップの集客

楽天などのモールであれば、安い広告を打つのもありです。モール自体が集客をしてくれますので、検索結果に上がってくればある程度のお客さんは流れてきます。

自社サイトであれば、ブログなどを使って人を集めるか、リスティング広告を使いましょう。

※関連記事
・ネットショップでのリスティング広告の運用方法!代行会社の選び方は?

実店舗の集客

リアルでのお店であれば、フェイスブックなどを活用するのがオススメ。フォロワーを増やして拡散してもらえば、見込み客を集めることができます。

友達に拡散をお願いしたり、小まめにSNSを更新することが大切です。お店の雰囲気を写真で撮ってアップすれば、興味のあるユーザーがお店に足を運んでくれます。

 

7,出来るだけ自分の資金で!

雑貨屋さんをオープンするにあたって、難しいのは「資金」の面ですよね。銀行から融資を受ける人もいますが、これは自分の資金内でやることをオススメします。

ショップを運営するのは楽しいし夢がありますが、そんなに簡単なものではありません。商品の目利きや販売方法など、売上を上げるにはそれなりの努力や実力が必要です。

最初から売上を大きく上げるのは難しいので、借金を抱えるのはオススメしません。

お金を掛けても売れるわけではない

お金をかけて実店舗を派手にしたり、ネットショップで大きく広告をかけても売れないものは売れません。そうではなく自分の資金の中で少しずつお店を改装したり、広告費に回していくような経営方法が望ましいです。

 

8,まとめ

以上です!今回は雑貨屋の開業に関することや、仕入れサイトなどをご紹介しました。自分の雑貨屋さんを開くと、毎日がとっても楽しくなります。

しかし店舗運営はそれなりに大変だし努力も必要です。最初からお金を掛けるのではなく、自分の資金内で様子を見ながら徐々に拡大していきましょう。

雑貨は利益率の高い商売です。上手く売れるようになれば、好きな商品を売りながらお金持ちにもなれるので、是非頑張ってチャレンジしてくださいね♪

 

ネットショップ出店なら楽天がオススメ!

楽天はECモールの中でも最大級の規模です。ネットショップを出店するなら、楽天は一番オススメです。資料請求は無料なので、一度料金や体制を確認してみましょう。

⇒【楽天市場】出店案内はこちら


 

ネットショッピングの仕入先はネッシーがオススメ!

ネットショッピングを運営するなら、「ネッシー」での仕入れをオススメします。
業界最大手で、ジャンルを問わず様々な商品を仕入れることが可能です。
費用は一切掛からず、開業前でも使えるのが嬉しいですね。無料会員登録すれば、商品の仕入れ価格が見れるようになります。

ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)


 

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





「Wowma!ワウマ」に無料出店しよう!

ワウマは現在急成長しているショッピングモールの1つ。初期費用や月額手数料が無料なので、ネットショップを運営しているのであれば出店するべきです。

【※今なら出店無料】

KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*